映画「バトル・ロワイアル」パンフ

暴力的な内容で論議を呼んだ高見広春の同名ベストセラー小説の映画化。失業率が15パーセントを超えた近未来の日本を舞台に、法の下で殺し合いを強いられる中学生たちのサバイバルを描いた作品。
子供を恐れるようになった大人が見せしめのために制定した新世紀教育改革法(BR法)。全国の中学3年の中から無作為に選ばれた1クラスの生徒に殺し合いを強要する、この法の対象になった城岩中学3年B組の生徒たち男子21人、女子21人は、無人島に連行さられた。3日間の制限時間を与えられた彼らは、クラスメートを殺さなければ殺されるという状況におかれたのだ。級友を殺すことにためらいを覚えつつ、それぞれ生き残る術を模索しながら、そのバトル・ロワイアルを実行するのだった...。

〈ストーリー〉
中学3年生の修学旅行のバスの中。笑い声や先生の叱り声、好きな人への視線、親友の打ち明け話...。バスはやがてトンネルへと入る。なんだかやたらとネムイ。深い眠りのあと、そこは朽ち果てた廃校の教室だった。城岩学園中学校3年B組の生徒たちは、いつの間にか謎の軍隊によって深夜の無人島へ連れ去られていた。突然、かつてのクラスの担任だったキタノが、ゲームの開始を告げる。「今日はみなさんに、ちょっと殺し合いをしてもらいます...」。紹介される謎の二人の転校生。疑念を断ち切るように、鳴り響く銃声。悲鳴、恐怖、そして襲うあまりに理不尽な親友の死。生徒たちはBR法の下、健全なる大人を育成するための犠牲として、武器と食料を渡され、最後の一人になるまで殺し合わせる。制限時間は3日間。首には爆薬の詰まった首輪が付けられ、脱出不可能な状況に追いやられる。「人生はゲームです。みんなは必死になって戦って、生き残る価値のある大人になりましょう...」。

英題/BATTLE ROYALE
製作/2000年
公開/2000年  日本映画  113分

監督/深 作 欣 二
原作/高 見 広 春『バトル・ロワイアル』
脚本/深 作 健 太

出演/藤 原 竜 也
    :城岩学園中学校3年B組生徒/七原秋也
                  (男子15番)
   前 田 亜 季
    :城岩学園中学校3年B組生徒/中川典子
                  (女子15番)
   ビート たけし
    :城岩学園中学校3年B組担任/キタノ
   山 本 太 郎
    :城岩学園中学校3年B組生徒/川田章吾
                  (男子5番)
   栗 山 千 明
    :城岩学園中学校3年B組生徒/千草貴子
                  (女子13番)
   柴 咲 コ ウ
    :城岩学園中学校3年B組生徒/相馬光子
                  (女子11番)
   安 藤 政 信
    :城岩学園中学校3年B組生徒/桐山和雄
                  (男子6番)

画像

映画チラシ・パンフレットの販売もしています。
詳しくは、映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

"映画「バトル・ロワイアル」パンフ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント