映画「バビロンA.D.」チラシ

『ワイルド・スピード』『トリプルX』『リディック』のアクション・スター、ヴィン・ディーゼルの最新作。屈強なファイターとの格闘戦、雪山で戦闘機と繰り広げるスノーモービルの疾走戦、大都会での壮絶な銃撃戦などド派手なアクションを全編で炸裂させるSFアクション超大作です。
謎の少女を運ぶため、地球を横断する最強の傭兵・トーロップ。彼らを待ち受けていたのは、世界を震撼させる巨大な陰謀だった...。

画像
画像
〈ストーリー〉
戦争やテロによって秩序が崩壊した近未来の地球。新セルビアの集合住宅に身を潜めるトーロップは、大金をもらいあらゆる危険な仕事をこなしてきた最強の傭兵だった。天涯孤独のトーロップのもとに奇妙な依頼が舞い込む。国際的マフィアのボス、ゴルスキーが、ある若い娘を6日間でアメリカまで運ぶという仕事を持ちかける。トーロップにとって50万ドルの報酬と、祖国アメリカに戻ることが出来るというのは大きな魅力だった...。
ゴルスキーが用意したパスポートとリムジンでモンゴルの僻地にたどり着くトーロップ。新興宗教団体「ノーライト派」の修道院の入り口で彼が対面したのは、オーロラという美少女と彼女の厳格な保護者であるシスター・レベッカ。一度も外界と触れずに院内で育てられ、どこか神秘的な雰囲気を漂わせるオーロラを、ニューヨークまで運ぶというのが今回のトーロップのミッションだった。
彼らはカザフスタンからロシアを経由して、ベーリング海峡を潜水艦で渡り、アラスカから目的地を目指す。想定外の危機に見舞われながらも、10,000キロの旅を続ける中で次第に明らかになるオーロラの出生の秘密、そこに渦巻く巨大な陰謀と地球の未来を左右する邪悪な陰謀。
そして、ついにニューヨークにたどり着いたトーロップが迫られた究極の決断、「彼女を引き渡すべきか、それとも...」。かつて仕事に私情を挟んだこのとないトーロップは、初めて死を覚悟して壮絶な闘いに挑むのだ...。
公式サイト、http://www.Babylon-AD.jp

原題/BABYLON A.D.
製作/2008年
公開/2009年5月9日 アメリカ・フランス映画 90分

監督・脚本/マチュー・カソヴィッツ
脚本/エリック・ベナール

出演/ヴィン・ディーゼル
    :トーロップ/傭兵
   ミシェル・ヨー
    :レベッカ/
       新興宗教団体「ノーライト派」シスター
   メラニー・ティエリー
    :オーロラ/少女
   ジェラール・ドパルデュー
    :ゴルスキー/国際的マフィア・ボス
   シャーロット・ランプリング
    :「ノーライト派」教主
   マーク・ストロング
    :フィン(トーロップの知人)密輸業者
   ランベール・ウィルソン
    :ダルクワンディエ

映画チラシ・上映中パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

"映画「バビロンA.D.」チラシ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント