映画「劒岳 点の記」チラシ4

原作は、実話を基にした新田次郎の同名小説。監督・撮影は初めてで最後になるという木村大作。今まで、数多くの有名監督の下で撮影監督をしてきた叩き上げの人物だ。撮影期間2年、撮影日数延べ200日以上、標高2,999メートル、最低体感温度氷点下40度超の劒岳〈つるぎだけ〉(立山連峰)各所でロケを敢行したのだ。
明治40年(1907)、古来よりその険しさから「針の山」、宗教上の理由から登ってはならない「死の山」と云われてきた前人未到の山・劒岳に、不屈の闘志、献身の心、仲間の絆を信じて挑んだ男たちがいた...。

画像
画像
〈ストーリー〉
陸軍参謀本部陸地測量部の測量手、柴崎芳太郎は日本地図最後の空白地点を埋めるため、「陸軍の威信にかけて、劒岳の初登頂と測量を果たせ」という命令を受ける。前任者である古田盛作のアドバイス、新妻・葉津よの励ましを受けて富山に向かった柴崎は、案内人の宇治長次郎と合流し、調査のために山に入ったが、謎めいた行者の言葉「雪を背負って登り、雪を背負って降りよ」以外、登頂への手掛かりすら掴めずに下山する。
そして翌明治40年に、測量本番の登山。柴崎・宇治に、測夫の生田信らを加えた総勢7人で、池平山・雄山・奥大日岳・薬師岳・別山など周辺の山々の頂上に三角点を設置し、いよいよ挑むは、劒岳だった。
しかし、劒岳山頂までの道のりは、想像を絶した。ガレキだらけの切り立った尾根、雪崩や暴風雨など困難に続く困難が測量隊の行く手を阻む。それで頂上までの登頂路すら見つけられず、そそり立つ頂を仰ぎ見るばかりの日々だった...。
一方、創立間もない日本山岳会の小島烏水〈うすい〉らも、最新の登山道具を揃え、劒岳山頂を目指していたのだ...。
公式サイト、http://www.tsurugidake.jp

製作/2009年
公開/2009年6月20日 日本映画

監督/木 村 大 作
原作/新 田 次 郎『劒岳 点の記』
脚本/仲 間   達

出演/浅 野 忠 信:柴崎芳太郎/
            陸軍参謀本部陸地測量部測量手
   香 川 照 之:宇治長次郎/案内人
   松 田 龍 平:生田  信/測夫
   宮 崎 あおい:柴崎葉津よ(芳太郎の妻)
   役 所 広 司:古田 盛作/
            元陸地測量部測量手
   仲 村 トオル:小島 烏水/
            日本山岳会会員
   小 澤 征 悦:玉井 要人/
            陸軍参謀本部大尉
   國 村   隼:矢口誠一郎/
            陸軍参謀本部中佐
   井 川 比佐志:佐伯 永丸
   夏八木   勳:行者

上映中パンフレット・チラシ販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

"映画「劒岳 点の記」チラシ4" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント