映画「サヨナライツカ SAYONARA ITSUKA」チラシ

一生に一度の燃えるような愛を綴り、多くの男女の心を震わせた辻仁成のベストセラー「サヨナライツカ」。その25年にわたる壮大なラブストーリーを、『私の頭の中の消しゴム』のイ・ジェハン監督が映画化した。タイ、日本、韓国での1年以上におよぶ撮影を経て完成した美しくも切ない究極の恋愛映画です。

1975年、タイ・バンコク。お金・美貌・愛に不自由なく暮らし、「ただ、愛されること」を求め生きてきた沓子〈とうこ〉は、ある日、夢に向かって真っすぐ生きるエリートビジネスマン「豊」と出逢う。そして2人はたちまち惹かれ合い、愛に溺れていく。しかし、豊には、日本に婚約者・光子がいたのだ。愛することこそが本当の愛だと気付いた沓子は、それでも、豊を愛し続ける。そして、2人は25年後にバンコクで、運命の再会を果たすが...。

画像
画像
画像
〈ストーリー〉
1975年のタイ・バンコク。イースタンエアライン社の若きエリート、東垣内〈ひがしがいとう〉豊は、美しく貞淑な婚約者、尋末〈たずすえ〉光子を東京に残したまま、バンコク支社に赴任してきた。端整な容姿と優しい性格の彼は、バンコクでも「好青年」と呼ばれ、上司の桜田の信頼も厚く、同僚の木下からも慕われ、日本人会の女性の人気も独占していた。
ある日、彼の婚約を祝う仲間内の酒宴に、その女は現れた。艶やかな美貌と官能的な魅力を漂わせる彼女に、男たちの視線は釘付けになった。彼女は真中沓子〈とうこ〉といい、席に着くなり豊をじっと見つめた...。

出会いから数日後、沓子は予告もなく豊のアパートを訪ねて来た。言葉も惜しむように体に抱きつく沓子。豊は自分を待つ光子の姿が脳裏によぎりながらも、沓子には逆らえなかった。そして、沓子が住まいとする高級ホテル「オリエンタルホテル」のサマーセットモームスイートで、2人の愛欲の日々が始まった。高級スイートに暮らし、高級レストランで食事をし、ブランド物を好きなだけ買う。若い女性が何故、こんな贅沢な暮らしができるのか?どんな過去を経てここにいるのか?謎めいた沓子は不思議な魅力を放ち、豊はただ彼女に惹かれるばかりだった...。

バンコクでの結婚式の準備のために決まって毎晩8時に電話をかけてくる婚約者の光子が、ふと豊に訪ねる。
「あなたは死ぬ前に、愛したことを思い出しますか、それとも愛されたことを思い出しますか。...私は、愛したことを思い出すでしょう...」。
光子はただ豊だけを信じて東京で待っている。だが沓子との関係を断ち切ろうとすればするほど、沓子への執着が募るばかりの豊だった...。

公式サイト、http://sayo-itsu.com

製作/2009年
公開/2010年1月23日 韓国映画 134分

監督・脚本/イ・ジェハン
原作/辻   仁 成『サヨナライツカ』

出演/中 山 美 穂
    :真中 沓子〈とうこ〉/官能的な女
   西 島 秀 俊
    :東垣内〈ひがしがいとう〉豊/
           「イースタンエアライン」社員
   石 田 ゆり子
    :尋末〈たずすえ〉光子(東垣内豊の婚約者)
   加 藤 雅 也
    :桜田善次郎(東垣内の上司)/
           「イースタンエアライン」社員
   マ  ギ  ー
    :木下 恒久(東垣内の同僚)/
           「イースタンエアライン」社員

映画チラシ(10円~)・新作パンフレット販売
『映画パンフレット・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

"映画「サヨナライツカ SAYONARA ITSUKA」チラシ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント