映画「シュレック/フォーエバー」チラシ2

最後の最後にシュレックが教えてくれる、本当に大切なものは何か...?
フィナーレはまさかまさかの感動と涙だった!
『シュレック』フィオナ姫をドラゴンの城から救い出したシュレック。姿形を超えて、本当に愛する人を思う気持ちを教えてくれた。
『シュレック2』新婚カップル、シュレックとフィオナ姫がおとぎの国で大冒険。「幸せになれる薬」を手に入れ、迫りくる陰謀に立ち向かう勇姿をみせてくれた。
『シュレック3』次期国王になんかなりたくないシュレックが、父親に!おとぎの国の未来をかけた史上空前のバトルに打ち勝ち、成長する姿を見せてくれた。
『シュレッ フォーエバー』ついに完結!シュレックの大冒険の結末は...?

画像
画像
画像
〈ストーリー〉
最愛の家族に恵まれ、シュレックは幸せの絶頂にいた。しかし、正義のヒーローでいることに疲れたシュレックは、1日でいいから自由気ままな怪物の暮らしに戻りたいと願う。
そんな彼に、ペテン師の魔法使いランプルスティルスキンが、「おまえの人生の1日をくれたら望みを叶えてやる」という契約を持ちかける。
もちろん、それは罠だった。引き換えに生まれた日を差し出したせいで、誕生しなかったシュレックに邪魔されることなく、ランプルスティルスキンは「遠い遠い国」の王に君臨、怪物たちは追われる身となってしまう。
ドンキーとの友情も、フィオナとの愛も存在しないパラレルワールドに投げ込まれたシュレック。日付が変わるまでに契約を無効にしないと、シュレックは消滅してしまう。キャンセル方法はただひとつ、「愛する人のキス」。タイムリミットは24時間。やっと大切なものは何かに気付いたシュレックは、元の世界に戻ることが出来るのか...?

公式サイト、http://www.shrek-forever.jp

原題/SHREK FOREVER AFTER
製作/2010年
公開/2010年12月18日 アメリカ映画 93分

監督/マイク・ミッチェル
原作/ウィリアム・スタイグ
脚本/ジョシュ・クラウスナー
   ダレル・レムケ

声出演/マイク・マイヤーズ(濱田雅巧)
     :シュレック/緑の怪物
    キャメロン・ディアス(藤原紀香)
     :フィオナ(シュレックの妻)
    エディ・マーフィ(山寺宏一)
     :ドンキー/おしゃべりなロバ
    アントニオ・バンデラス(竹中直人)
     :「長ぐつをはいた猫」
    ウォルト・ドーン(劇団ひとり)
     :ランプルスティルスキン/ペテン師の魔法使い

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフレット・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

"映画「シュレック/フォーエバー」チラシ2" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント