映画「シュガーマン 奇跡に愛された男」チラシ

本作は、デトロイトの天才シンガーソングライター、ロドリゲスの奇跡のような人生の旅路を綴った、観る者の魂を激しく揺さぶる珠玉のドキュメンタリー映画。地球の裏側で起こった奇跡が、男の人生を大きく変える...音楽の共鳴力に心打たれる、驚嘆の実話です。
1960年代後期にデビューしたミュージシャン、ロドリゲスは、その音楽性からボブ・ディランと比較されるなど、将来を渇望されていた。しかし、二枚のアルバムは商業的に大惨敗し、彼は姿をけしてしまう。その数年後、ロドリゲスの音楽は突然、南アフリカで大反響を呼び、エルビス・プレスリーをも凌ぐ有名ミュージシャンとして、アルバムは爆発的なセールスを記録した。90年代に入り、南アフリカの熱狂的ファン二人が、すでに死亡したと言われていたロドリゲスが辿った運命を探るべく、調査を始める。そこで彼らは、驚くべき真実に直面する...。

画像
画像
〈ストーリー〉
1960年代後期のアメリカ・ミシガン州デトロイトに一人の天才ミュージシャンが存在した。彼の名は、ロドリゲス。地元のバーやクラブでプレイしているうちにプロデューサーの目に留まり、70年にデビュー・アルバム「Cold Fact」を、その翌年にセカンド・アルバム「Coming from Reality」をサセックス・レコードからリリースする。その音楽性から、同時代に一世を風靡していたボブ・ディランと比較されるなど、注目を集めていた。しかし、レーベルの期待ははずれアルバムはまったく売れず、契約は解除されロドリゲスは音楽シーンから完全に消えてしまう。

ところが70年代中期、当人の知らないところで、ロドリゲスの音楽は生き続けていた。南アフリカで彼の音楽が一大ムーブメントを巻き起こし、ロドリゲスはエルビス・プレスリーやローリング・ストーンズ、ビートルズ以上の大物ミュージシャンとして認知され、彼のフックのある美しいメロディに乗った反対制的でリアルな歌詞に、アパルトヘイトへの抵抗運動が加熱する南アの若者たちが共鳴。ロドリゲスは彼らにインスピレーションを与え続けていたのだ。

90年代に入り、南アフリカの熱狂的なロドリゲスのファン二人は、なにも情報がないこの謎のアメリカ人ミュージシャンの死亡説(「ステージ上で銃で頭を撃ち死亡した」「ステージ上で焼身自殺した」または「獄中でヤク中のまま死亡した」という噂が流れていた)が本当なのか、死者に対する印税はどうなっているのか(南アでの売り上げがどこに流れているのか)調査を開始する。
ロドリゲスのアルバムのプロデューサーに連絡を取り、さらにロドリゲスがその後辿った運命を探るべく、情報提供者を求めるサイトをインターネット上に設けたところ、彼らは衝撃の真実に直面する。
ロドリゲスは生きていたのだ...。

公式サイト、http://sugarman.jp

原題/SEARCHING FOR SUGAR MAN
製作/2012年
公開/2013年3月16日  イギリス映画  85分

監督/マリク・ベンジェルール

出演/ロドリゲス

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

"映画「シュガーマン 奇跡に愛された男」チラシ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント