映画「曹操暗殺 三国志外伝」チラシ

日本でも高い人気がある中国の有名小説「三国志演義」。これまでも幾度と映画化、テレビドラマ化され、日本ではゲーム化もされて高い人気を得ている。その中でも悪役の印象が強い曹操だが、『レッドクリフ』ではフォン・チョンイー、そして『三国志英傑伝 関羽』ではチアン・ウェンと、中国が誇る演技派名優が演じた。そして今度は、世界に誇るアジアの大スター、チョウ・ユンファが曹操を演じ、2009年に曹操の陵墓が発見されたことも相まって、中国では大きな話題となりました。
「三国志」といえば、ダイナミックな戦闘シーンが印象に強いが、本作品でも曹操の命を狙う一団との血しぶきをあげる戦いのほか、曹操と霊雎〈れいしょ〉、そして霊雎と穆順〈ほくしゅん〉の秘めたる恋の結末も描かれ、単なるアクションドラマではない、重厚なドラマとして描かれています。出演は中国で最も人気がある若手アイドルトップ女優リウ・イーフェイ、日本からは玉木宏、そして台湾からはアレック・スー、伊能静が共演するなど、中華、日本の演技派が顔をそろえています。

主演のチョウ・ユンファ自身、世界で大ヒットとなった『レッドクリフ』に当初、周瑜役での出演が決まっていたが、撮影直前に降板した経緯があり、それから5年の月日を経て、ついに念願の「三国志」に登場することとなった。舞台は「赤壁の戦い」から12年後。劉備、孫権の軍に敗れながらも、見事に復活し、後漢の皇帝である献帝のそばで魏の国を治める丞相となっていた曹操だったが、彼に滅ぼされた関中の軍閥連合軍の生き残りたちや、献帝の実権を曹操に握られていることで憤っている者たちが「曹操暗殺」を企てていた。刺客による暗殺計画は成功するのか?そして曹操の本心が語られた時、悲しい結末が語られていく...。

画像
画像
〈ストーリー〉
壮絶な戦いとなった「赤壁の戦い」から12年後。魏を治める曹操〈そうそう〉は、劉備〈りゅうび〉、関羽〈かんう〉を破り魏を治める王として君臨していた。
後漢の献帝〈けんてい〉は、曹操に実権を握られ「銅雀台」で専断政治を行っていることを密かに憤っており、同様の気持ちを持ち謀反を企てる大臣たちに曹操誅殺の密勅を発し、曹操暗殺を企てようとしていた。
一方、関中、馬超・韓逐の騎馬隊に連れ去られた子どもたちが、陵墓を利用した牢獄で刺客として訓練を受けていた。その中で戦わせて生き残った者だけが暗殺者として外に出ることができたのだ。
そしてその中から、穆順〈ほくしゅん〉と霊雎〈れいしょ〉は曹操暗殺の密使を受け、穆順は宦官として霊雎はその美貌で寵姫となって曹操の元に近づく...。

公式サイト、http://sousouansatsu.com/

原題/銅雀台
製作/2012年
公開/2014年3月22日  中国映画  108分

監督/チャオ・リンシャン
脚本/ワン・ビン
   ワン・ハイリン

出演/チョウ・ユンファ
    :曹操〈そうそう〉/魏王
   リウ・イーフェイ
    :霊雎〈れいしょ〉(曹操の刺客)/寵姫
   玉 木   宏
    :穆順〈ほくしゅん〉(曹操の刺客)/献帝宦官
   アレック・スー
    :献帝〈けんてい〉/後漢皇帝
   伊 能   静
    :伏皇后〈ふくこうごう〉(献帝の妻)


映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

"映画「曹操暗殺 三国志外伝」チラシ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント