テーマ:ケヴィン・ベーコン

映画「スーパー!」チラシ2

ごく普通の冴えない亭主が、愛する妻をドラックディーラー(薬物売人)から守るため、クレイジーな女の子の力を借りて、なぜかお手製のコスチュームでスーパーヒーローに大変身しちゃうというはちゃめちゃなアクション・コメディ。監督は、『ドーン・オブ・ザ・デッド』の脚本で頭角を表し、『スリザー』でSFホラー・コメディという新ジャンルを打ち立てた俊英の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「X-MEN ファースト・ジェネレーション」チラシ

驚異的な特殊能力を秘めたミュータントたちの激闘を最先端のVFXで映像化し、絶賛を博した『X-MEN』シリーズ。しかし私たちは、まだ知らない。なぜミュータントたちは分裂したのか。なぜマグニートーは人類を憎むのか。なぜプロフェッサーXは車椅子の身になったのか...。 世界中の映画ファンが知りたいと願う幾多の謎の答えを、このうえなくドラマチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「アポロ 13」チラシ

月への飛行中に爆発事故を起こした、実際にあったアポロ13号の救出作戦を描いた作品。アポロ11号の月着陸成功から9ヶ月後の1970年4月、アポロ13号は3人の宇宙飛行士を乗せて打ち上げられた。しかし、月まであと一歩というところで爆発事故に遭遇、その影響で電力供給システムが壊滅的ダメージを受けてしまう。このまま飛行を続ければ地球には戻れない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「トレマーズ」パンフ

ネバダ州の地下で震動が起こり始めた。地震計の針が振りきれるほどの地中の揺れを、その時、地上の人々は知るよしもなかった。だが、若き女性が設置した地震計は、確実に地下での異常事態を警告。たえず移動する震源が地表へと近づいた時、地上でも次々と異変が起こり出した。それとともに、謎の死を遂げる犠牲者が現われる。一人また一人と姿を消す人々。気がつく…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

TV「スマステ!!大人が選ぶ泣ける洋画ベスト30」第21位

234P 映画『アポロ13』 全国2,000人(20代~60代)に、 泣ける洋画ベスト3を調査  1位=5P(ポイント)  2位=3P(ポイント)  3位=1P(ポイント) 月への飛行中に爆発事故を起こした、アポロ13号の実際にあった救出作戦を描いた作品。 〈ストーリー〉 アポロ11号の月着陸成功から9ヶ月後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ミスティック・リバー」チラシ

原作は、全米でベストセラーとなり、日本でもベスト・ミステリーとして話題を呼んだデニス・ルヘインの同盟小説。クリント・イーストウッドは最初に読んだ瞬間にこの作品の映画化を決意したそうです。 殺人事件の謎解きを超えて、心を揺さぶる登場人物たちの痛ましいまでの悲しみと、それを生き抜く力強い物語がここにあるのです。 〈ストーリー〉 三…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「スリーパーズ」パンフ

ロレンゾ・カルカテラの「スリーパーズ」は出版されると、すぐに大ベストセラーとなった。そしてリアルでショッキングな内容は作者の体験に基づくトゥルー・ストーリー(実話)として紹介され、あまりの衝撃の大きさで、事実の信憑性が大いに議論されることになった作品です。 『ヘルズ・キッチン』 ニューヨーク市の南は35丁目から北は56丁目まで、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画「インビジブル」チラシ

アメリカ政府が進めていた最高機密のプロジェクトは人間の肉体の透明化。リーダーの科学者ケインはペンタゴン(国防総省)の指令に背いて自らの体で人体実験に踏む切った。しかし、透明化した彼の肉体は可視化の血清に反応せず回復不能の状態になった。そして「透明」の力の虜になったケインは、しだいに狂気の行動にでるのだった。 『インビジブル』 i…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「インビジブル」パンフ

科学者セバスチャンは、アメリカ政府の最高機密のリサーチ・プロジェクトを任され、透明化の秘密を探っていた。動物実験に成功したセバスチャンは、無謀にもペンタゴンの指令に背き、自分を実験台にする。しかし、セバスチャンは元に戻れなくなってしまうのだ。 〈ストーリー〉 セバスチャン・ケインは38歳の天才科学者で、国家最高機密に属する研究プ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more