テーマ:映画パンフ/タ・ナ行

映画「ツナグ」パンフ

「使者〈ツナグ〉」とは? それはたった一度だけ、死んだ人と会わせてくれる案内人。生きている人が会いたいと望む、すでに死んでしまった人との再会を仲介する「使者」を表す言葉。 ツナグの噂は都市伝説のようにまことしなやかに伝わっていて、辿り着けるかどうかは、その存在を知っているか。知って信じるかどうか。そこからの運、と言われている。 運…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ドラゴン・タトゥーの女」パンフ

原作者のスティーグ・ラーソンは2004年11月9日、心筋梗塞のため50歳で他界した。それは。『ミレニアム1/ドラゴン・タトゥーの女』発売の直前のことだった。その後、同著が世界各国のベストセラーリストを席捲し始めたとき、死後出版の処女作が、この時代で最も大きな文化的影響力をもつミステリー作品になったことに人々は驚いた。しかし、ラーソンはど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ダークナイト ライジング」パンフ

昼間は大企業の若きCEOとして手腕を振るうブルース・ウェイン。夜はランボルギーニでパーティに繰り出し、美女たちとハデに騒いでは、文句を言うホテルはその場で買ってしまう男。だが、夜も深まる頃、彼は己の真の姿を解き放つ。幼い頃に恐れたコウモリをモチーフとし、犯罪者たちを恐怖で打ちのめす「バットマン」だ。 『バットマン ビギンズ』では、少年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「デス・プルーフ in グラインドハウス」パンフ

60~70年代、B級映画ばかりを2~3本立てで上映していた劇場を「グラインドハウス」といった。このグラインドハウス映画の大ファン、クエンティン・タランティーノが、盟友ロバート・ロドリゲスとタッグを組み、現代版グラインドハウス映画を完成させたのが本作。 アメリカではタランティーノの『デス・プルーフ in グラインドハウス』と、ロドリゲス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「探偵はBARにいる」パンフ

降りしきる雪が、今夜も欲望の街を美しく飾る...。 アジア最北の大歓楽街。札幌・ススキノ。この街の裏も表も知り尽くした「俺」の活躍を描いた「ススキノ探偵シリーズ」が遂に映画化された。俺と同じ札幌在住の気鋭ミステリー作家・東直己が、デビューの92年から発表し続けている人気シリーズだ。最新作「猫は忘れない」で計12巻にも及ぶ長寿シリーズと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「トワイライト サーガ ブレイキング・ドーン Part 1」パンフ

本作はアカデミー賞受賞監督ビル・コンドンが手掛ける、ロマンス・サスペンス、そしてアクションがさらにパワーアップした作品。 本作ではベラとエドワード、そしてふたりを見守ってきた家族や友人たちが、豪華な結婚式やロマンチックなハネムーン、そして出産...とシリーズの新しい局面に立ち向かうことになる。さらに、ジェイコブには誰も想像し得なかった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「トガニ/幼き瞳の告発」パンフ

こんなことが起きていたなんて、僕はどうして今まで知らなかったんだろう。そんな自分に憤りを感じた...。(by. コン・ユ) 原作は本国のポータルサイト「Daum」で半年間のオンライン連載を経て、2009年単行本出版にこぎ着けた、人気作家コン・ジヨンの小説「トガニ」。既にネットユーザーの反響は大きかったが、小説刊行後の世論の反応は凄まじ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」パンフ

シリーズ完結編となる本作は、舞台が本格的に宇宙に進出します。40年前の米ソの宇宙開発競争も絡み、ストーリーはさらに膨らみます。 主演は大学を卒業したサム役に、シャイア・ラブーフ。新たなヒロインに、新星ロージー・ハンティントン=ホワイトリー。軍の特殊部隊員役でジョシュ・デュアメル、タイリース・ギブソン。そして前作『トランスフォーマー/リ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「テルマエ・ロマエ」パンフ

マンガ大賞&手塚治虫文化賞短編賞を史上初のW受賞した大ベストセラーコミック「テルマエ・ロマエ」。古代ローマと現代日本の「風呂」を巡る冒険を描く、時空を超えた入浴スペクタクルが奇跡の実写による映画化。古代ローマ帝国の設計技師(風呂専門)が、現代日本の銭湯にタイムスリップするという奇想天外なストーリーです。 日本各地のこだわりの銭湯や温泉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」パンフ

ハリウッドの個性派俳優のベン・スティラー、ジャック・ブラック、ロバート・ダウニー, Jr. が夢の競演を果たしたコメディー・アクション。扮するのは落ち目のアクション・スター、下品な芸風のコメディアン、そしてやり過ぎ演技派俳優というそれぞれの強烈な個性を持ったキャラクターたち。そんな3人の訳あり役者が初共演し、史上最大の戦争映画「トロピッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ダークナイト」パンフ

理由もなく、理屈もなく、退屈を紛らわすために、「極悪非道な犯罪」をおもちゃに遊び狂う男。平和を蔑み、愛をあざ笑い、破壊してゆく世界を見ることだけに唯一の喜びを感じる男。その名は、「ジョーカー」。 白塗りの顔に耳まで裂けた赤い口、魂をえぐるように鋭く突き刺さる眼差しは、一度見たら忘れられない。そんなかつてないほどにイカれた悪党が、本作に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「探偵物語」パンフ

「休業宣言」以来、1年半ぶりに薬師丸ひろ子がカムバックする復帰第1作。本作のヒロインは大学に合格した薬師丸に合わせて女子大生役。ヒロイン・直美が思いもかけない事件に巻き込まれ、好奇心から始まった冒険=探偵ゴッコが、19歳の女性としてのシビアーな結末を迎えるという「愛」をも描くラブ・ロマンスとミステリーの物語。 原作は「セーラー服と機関…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「DOCUMENTARY of AKB48 to be continued」パンフ

AKB48にとって、かつてない激動の年となった2010年。 前年の10月にリリースされたシングル「RIVER」以来、最新作「チャンスの順番」までの6作すべてで、オリコン週間チャート1位を記録。10月の「Beginner」ではついにミリオンセラーの快挙を達成した。コンサートでも3月の横浜アリーナに続き、7月には代々木第一体育館と巨大ホー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「トーマス・クラウン・アフェアー」パンフ

1968年の「華麗なる賭け」のリメイク版で、前回ではスティーブ・マックィーンとフェイ・ダナウェイ共演の作品でした。今回トーマス・クラウンの役をするのは007シリーズのボンド役を演じた、ピアース・ブロスナン。また前回の保険調査員役だったフェイ・ダナウェイが今回は、精神分析医の役で出演しています。 前作『華麗なる賭け』のトーマス・クラウン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「トロン:レガシー」パンフ

デジタル業界のカリスマと言われた「エンコム社」のCEO、ケヴィン・フリンの謎の失踪から20年。息子のサムは、不思議なメッセージに導かれ、想像を絶する世界に迷い込む。そこは、いっさいの不完全性を排した、あまりにも美しく、あまりにも危険な世界...父・ケヴィンがコンピュータの中に創造した「理想郷」だった。正体不明の敵の攻撃を受け、命がけの逃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「2012」パンフ

高度な天文学・数学の知識を持ち、栄えていた古代マヤ人。彼らが残した暦には、あるときを境にそれ以降の記述がない。昔から「世界終末の日」と言われてきた。その暦最後の日は、「2012年12月21日」。あともう少しに迫った現在、古代マヤ文明の予言だけではなく、現代化学も「2012世界終末説」を裏付けるデータを次々と発表している。太陽の黒点問題、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「チェイサー(韓国版)」パンフ

デルヘリを経営する元刑事・ジュンホのもとから、女たちが相次いで失踪。時を同じくして、街では連続猟奇殺人事件が発生していた。ジュンホは、女のひとりが残した携帯電話の着信履歴から客の男、ヨンミンに辿り着く...。 「女たちは俺が殺した。そして、最後の女はまだ生きている」。捕らえられたヨンミンはあっけなく自供するが、証拠不十分で再び街に放た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「忍たま乱太郎 」パンフ

NHKで放映中の国民的アニメ「忍たま乱太郎」が、本格忍者アクションエンターテインメントとして、実写で映画化! 時は戦国時代。主人公の忍者の子供、乱太郎。先祖代々、ヒラ忍者の家系に生まれた乱太郎は、エリート忍者をめざして忍者の学校に入学する。ここでは、生徒たちは忍者のたまご、略して「忍たま」と呼ばれる。クラス分けされたのは、みんな元気で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「冷たい熱帯魚」パンフ

本作は、園子温監督の実体験と、1993年の埼玉愛犬家殺人事件や他の猟奇殺人事件から生み出された物語。家庭不和を抱えつつ、小さな熱帯魚屋を営む主人公・社本が、同業者で人の良さそうな村田と出会ったことから、想像を絶する破滅へと導かれていくという衝撃の作品。 誰しもが出来るだけ触れずに生きていきたいと願う「死」や「暴力」に対する恐れ。しかし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「デンデラ」パンフ

一度は、死ぬために捨てられた老女たち。しかし彼女たちは再び生きようと、力を合わせる。佐藤友哉の同名小説を映画化した本作は、70歳になると老人を姥捨てする風習が残る山間部を舞台に、捨てられた老女たちが暮らす人里離れた共同体「デンデラ」で、彼女たちが困難な状況に立ち向かっていく姿を描いた作品です。 〈ストーリー〉 雪が積もった貧しい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ノルウェイの森」パンフ

世界に愛された現代文学の最高峰「ノルウェイの森」が、世紀を越えて軌跡の完全映画化! 愛と性、生と死、刹那と永遠、ビートルズとドアーズ...それは、愛することの優しさ、生きることの強さを描いた限りなく深く、限りなく美しい物語。 自殺した親友の恋人だった直子と大学の同窓生・緑との間で揺れ動く主人公ワタナベの青春のもがきを描いた究極の恋の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「トップガン」パンフ

1963年アメリカ海軍は、パイロットの1パーセントのためのエリート学校を設立した。ここの訓練生たちはエリート中のエリートをめざし、日夜厳しい訓練に明け暮れるのだ。世界最高のこれらパイロットを養成するこの学校と訓練生を「トップガン」と呼んだ。 トム・クルーズのマーベリックもトップガンに仲間入りした一人で、講師の女性教官に心ときめかせ、や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「天使の恋」パンフ

高校生の理央は、つねに仲間たちの中心にいるような明るい17歳。だが、過去のトラウマから他人を信じられず、自分の役に立つ人と援助交際で得るお金にしか興味を持てずにいた。そんなある日、どこか寂しげな大学教授・光輝と出会い、運命的な恋におちる...。 初めて人を愛することを知って、これまでの自分を悔い改めようとする理央。光輝はそんな理央に惹…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「太陽」パンフ

悲劇に翻弄され、傷ついたひとりの人間。彼の名は「昭和天皇、ヒロヒト」。 闇はまだ明けなかった。1945年8月。その時、彼は庭師のように質素な身なりをしていた。人は彼を神の子孫だと言ったが、天皇は、「私の体は君たちと変わりない」と言った。宮殿はすでに焼け落ち、天皇は、地下の待避壕か、唯一被災を免れた石造りの生物研究所で暮らしていた。戦況…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「TAJOMARU〈タジョウマル〉」パンフ

時は乱世。何不自由ない家柄に生まれながら、大盗賊「多襄丸〈たじょうまる〉」を名乗ることになった男。血を分けた兄、弟のようにかわいがってきた家臣、そして心の底から愛した女...。誰よりも信じていた者たちに裏切られ一変した人生を送ることになる。しかし、何もかも失くした絶望の淵にあってなお、思いもよらぬところに見つけた友情の絆。信頼と不信がす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」パンフ

進級試験ではトレビアン(最優秀)を取るものの、千秋の飛躍に焦りを感じ、のだめはコンクール出場を願い出るが、オクレール先生に却下され目標を見失ってしまう。そして千秋もまた、このままではいけないと思い、のだめと距離を置く決意をするのだった...。 大人気コミックス「のだめカンタービレ」。2006年からTVドラマシリーズとなり、シリーズ完結…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「南極料理人」パンフ

生物はおろか、ウィルスさえ存在しない厳寒の南極ドームふじ基地に、8人の男たちが観測隊員としてやってくる。西村の仕事は、隊員たちのために毎日料理を作ること。ときに贅沢な食材を用いて、手間ひまかけて作った料理を、全員そろって一緒に食べる。みんなの顔がほころぶのを見ると、何にも替えがたいうれしさがある。遠く離れた日本では、妻と8歳の娘、そして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「トランスポーター3/アンリミテッド」パンフ

製作・脚本のリュック・ベッソンが全く新たなヒーロー像を作り上げた「トランスポーター」シリーズ第3弾。今回の運び屋・フランクの右手首には、強引な依頼人によって特殊な液体爆弾入りブレスレットが装着され、愛車「アウディA8」から20メートル離れられない罠という、最大の危機に見舞われる。そして依頼品は、国家を揺るがす「赤い代物」。マルセイユ、ミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「人間失格」パンフ

1948年の発表以来、いまなお現役の名作として若者から大人まで幅広く読み継がれている太宰治の最高傑作「人間失格」。太宰治の生誕100年を迎えた2009年に、角川グループの念願の企画に、荒戸源次郎監督はじめ日本映画界を代表するスタッフと豪華キャストが賛同し、製作された本作は、日本映画の金字塔としてその名を刻むであろう青春ドラマであり、大作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「テン」パンフ

『ピンク・パンサー』シリーズのブレイク・エドワーズ監督が『夕ばえ』以来6年ぶりに夫人のジュリー・アンドリュースをスクリーンに引っぱり出して完成させた宿願のロマンチック・コメディー。 宿願というのは、この映画のアイデアを思いついたのが遠い独身時代のことだったからで、ブラッセルの下町で交差点の信号が赤から青に変わるのを待っていた彼は、その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more