テーマ:ダスティン・ホフマン

映画「カンフー・パンダ2」チラシ2

2008年、世界は新しすぎるヒーローの誕生に驚いた!その名は「ポー」、小心者だが、食い意地だけは誰にも負けないジャイアント・パンダだ。ラーメン屋の息子で、趣味はカンフー。ただし実戦経験がゼロ。そんなポーが、なぜか「伝説の龍の戦士」に任命され、修行の末にカンフーマスターとなり、やがて悪を倒すまでを描いた『カンフー・パンダ』は、アカデミー賞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋」パンフ

マゴリアムおじさんのおもちゃ屋は誰もみたことのない不思議なおもちゃでいっぱい。でも、マゴリアムおじさんがモリーに店をゆずると宣言してから、おもちゃたちは反乱を起こし、マジカル・ワールドは破滅の危機に陥る。はたしてモリーはおもちゃ屋を守ることができるのか...? 本作はおもちゃが主人公でもある。おもちゃ屋の店内に一瞬だけ「ケロロ軍曹」の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「カンフー・パンダ」チラシ

2008年は「カンフー」に世界的に注目が集まるなか、「パンダ」と「カンフー」という、「ありえない」コラボレーションが誕生した。 美しい安住の地「平和の谷」を最強カンフー・ウォリアー、タイ・ランが狙う。迎え撃つのはタイガー、ヘビ、ツル、モンキー、カマキリのマスター・ファイブ。だがタイ・ランと戦う正義の戦士「龍の騎士(ドラゴン・ウォリアー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「パフューム ある人殺しの物語」チラシ

1985年のドイツで、パトリック・ジュースキント作の小説が出版された。その題名は「香水 ある人殺しの物語」。そのあまりにも衝撃的かつ独創的な内容は、哲学・犯罪学などにも大きな影響を与え、世界45カ国、累計1,500万部にも及ぶ最大級のヒットを記録した。 この原作の映画化を、スティーブン・スビルバーグやマーティン・スコセッシ監督などの巨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TV「スマステ!!大人が選ぶ泣ける洋画ベスト30」第15位

279P 映画『クレイマー、クレイマー』 全国2,000人(20代~60代)に、 泣ける洋画ベスト3を調査  1位=5P(ポイント)  2位=3P(ポイント)  3位=1P(ポイント) マンハッタンに住むエリート・ビジネスマンの妻が突然、七歳の子供をおいて出て行ってしまった。現在でも日本では熟年離婚が話題になっていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋」チラシ

おもちゃ屋を再び輝かせるまでの冒険をとおして、自分の力を信じる事の大切さを知るモリーを演じるのは、ナタリー・ポートマン。マゴリアムおじさんに扮するのは、2度のアカデミー賞に輝く名優ダスティン・ホフマン。この二人の共演で贈る興奮と感動のファンタジーです。 〈ストーリー〉 一歩足を踏み入れれば、大人も子供も時の経つのも忘れて夢中にな…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画情報「マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋」

おもちゃ屋のオーナー、マゴリアムおじさんと、そのお店の新しい店長になった女性。 おもちゃ屋を守ろうと頑張る二人の姿に感動します。 公開/2008年2月16日 アメリカ映画 出演/ダスティン・ホフマン    ナタリー・ポートマン 映画チラシ・パンフレットの販売もしています。 チラシは20円からです。 詳しくは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ウワサの真相/ワグ・ザ・ドッグ」チラシ

アメリカでの公開当時、クリントン大統領の不倫騒動とイラク危機が浮上し、この映画の奇想天外なストーリーに、リアリティーが出た作品です。 〈ストーリー〉 ホワイトハウスで大統領が少女に性的イタズラをしたという事件が起こった。そこで大統領直属のトラブルシューター(もみ消し屋)プルーンが招集される。マスコミの操作法を熟知した彼が考えた策…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画「ネバーランド」チラシ

1904年12月27日にロンドンのデューク・オブ・ヨーク劇場で「ピータ・パン」が初めて上演されてから100年目にあたる2005年、本当にあった出来事を哀しくも美しい愛と感動のドラマに仕上げられています。 世界中の人々から今でも愛され続ける「ピータ・パン」の誕生のきっかけとなった、劇作家バリと「ピーター」という名の少年との出会いと、純粋…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画「ディック・トレーシー」パンフ

原作は、1931年に誕生以来、いまもなお全米200あまりの新聞に連載が続くチェスター・グールドの人気コミックです。 ギャング華やかなりし1930年代、悪徳の花々が甘く匂う犯罪都市で、昼夜の別なく正義を守って闘う男、ディック・トレイシー刑事がいた。 〈ストーリー〉 クリーム色のソフト帽とコートできめた、ディック・トレイシー刑事は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「パフューム/ある人殺しの物語」チラシ2

1985年のドイツで、パトリック・ジュースキント作の小説が出版された。その題名は「香水 ある人殺しの物語」。そのあまりにも衝撃的かつ独創的な内容は、哲学・犯罪学などにも大きな影響を与え、世界45カ国、累計1,500万部にも及ぶ最大級のヒットを記録した。 この原作の映画化を、スティーブン・スビルバーグやマーティン・スコセッシ監督などの巨…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

映画「スリーパーズ」パンフ

ロレンゾ・カルカテラの「スリーパーズ」は出版されると、すぐに大ベストセラーとなった。そしてリアルでショッキングな内容は作者の体験に基づくトゥルー・ストーリー(実話)として紹介され、あまりの衝撃の大きさで、事実の信憑性が大いに議論されることになった作品です。 『ヘルズ・キッチン』 ニューヨーク市の南は35丁目から北は56丁目まで、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画「ウワサの真相/ワグ・ザ・ドッグ」チラシ

アメリカでの公開当時、クリントン大統領の不倫騒動とイラク危機が浮上し、この映画の奇想天外なストーリーに、リアリティーが出た作品です。 〈ストーリー〉 ホワイトハウスで大統領が少女に性的イタズラをしたという事件が起こった。そこで大統領直属のトラブルシューター(もみ消し屋)プルーンが招集される。マスコミの操作法を熟知した彼が考えた策…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

映画「アウトブレイク」チラシ

現代に生きている私たち人間は、熱帯雨林の樹木を伐採し、生態系を破壊して潜伏している未知のウィルスを拡散させれば、世紀末的な流行病が地球規模で広まってしまいます。 この作品は科学的事実に基づいているため、主人公たちが感じる恐ろしさは実にリアルであり、この「アウトブレイク」はフィクションとはいえ、何時こんなことが起こっても不思議ではない映…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「レニー・ブルース」チラシ

主演は憑かれたようにこの難役「レニー」に挑んだダスティン・ホフマン。レニーの妻ハニー役にはバレリー・ペリン。監督は、芸人、ショービジネスの世界を描いて並々ならぬ力量を発揮する「スィート・チャリティ」「キャバレー」のボブ・フォッシーです。 〈スローリー〉 1951年、メリーランド州ボルチモアで、駆け出しのエンターテイナー、レニー・…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画「わらの犬」チラシ

サム・ペキンパー監督作品には、暴力をテーマに取り上げたテーマが多い。本作はペキンパーにとって初の西部劇ではない作品です。 暴力が横行する現代アメリカから平和を求めて若い学徒が妻とともにイギリスの片田舎に逃れて来た。そこも恐ろしい暴力の世界が彼らを待ち構えていたのだ。 「藁の犬たち」とは中国の思想家老子の語録の中の一節で「天から見れば…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画「フック」

原作はイギリスのJ・M・バリが1911年に発表した戯曲からの小説化で、舞台やアニメにと数々のバージョンが創られている。 スピルバーグは'90年代版の「ピーターパン物語」を趣向をこらして創った作品です。 〈ストーリー〉 主人公は40歳になるアメリカ人の財務分析担当の企業付弁護士ピーター・バニングで、猛烈仕事人間だった。家族は妻の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ネバーランド」パンフ

ネバーランドに住む永遠の少年と、彼が活躍する冒険物語。誕生から100年経った「ピーターパン」の物語にはモデルとなった少年がいた。 ロンドンの公園で散歩するのが日課だったバリ役のジョニー・デップは、ピーターという少年に出会った。その日からこの物語が始まるのだ...。 〈ストーリー〉 1903年のロンドン。デューク・オブ・ヨーク劇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「スフィア」

太平洋の沖合いで、300年近く海底に沈んでいた巨大な宇宙船が発見された。政府の要請を受けた心理学者のノーマン、彼の知り合いの生物学者ベス、ニヒルな数学者ハリーら数人の学識者は指揮官バーンズと共に、その調査にあたることになるのだった。 〈ストーリー〉 謎の指揮官バーンズが率いるメンバーは、ハイテク設備を整えた深海居住施設を拠点とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ディック・トレイシー」

原作は、1931年に誕生以来、いまもなお全米200あまりの新聞に連載が続くチェスター・グールドの人気コミックです。 ギャング華やかなりし1930年代、悪徳の花々が甘く匂う犯罪都市で、昼夜の別なく正義を守って闘う男、ディック・トレイシー刑事いた。 〈ストーリー〉 クリーム色のソフト帽とコートできめた、ディック・トレイシー刑事は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「フック」

原作はイギリスのJ・M・バリが1911年に発表した戯曲からの小説化で、舞台やアニメにと数々のバージョンが創られている。 スピルバーグは'90年代版の「ピーターパン物語」を趣向をこらして創った作品です。 〈ストーリー〉 主人公は40歳になるアメリカ人の財務分析担当の企業付弁護士ピーター・バニングで、猛烈仕事人間だった。家族は妻の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「マッド・シティ」

ダスティン・ホフマンとジョン・トラボルタという、まったく異色な個性を持った二大ハリウッド・スターの初共演。 この映画はマスメディアによって増幅され、歪められていく真実と、それによって運命を狂わされていく人間を描いた作品です。 〈ストーリー〉 サムは時給8ドルの博物館のガードマンだったが、館長からクビを言い渡される。サムは威嚇の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「アウトブレイク」

数年前まで存在さえわからなかったウィルスでも、すぐに名前が知られるような現代に生きている私たち人間は、熱帯雨林の樹木を伐採し、生態系を破壊して潜伏している未知のウィルスを拡散させれば、世紀末的な流行病が地球規模で広まってしまいます。この「アウトブレイク」はフィクションとはいえ、何時こんなことが起こっても不思議ではない映画です。 〈…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「靴をなくした天使」パンフ

原題では「ヒーロー」のこの作品は、誰もが憧れる理想の人、そして誰もがなれるわけがない夢の存在。もしも、多くの人々と自分の命を救ってくれたハンサムな人がいたら、恋に落ちてしまうだろうというラブ・ストーリーだが、実はその人はそれを裏切る人だったらという物語です。 〈ストーリー〉 シカゴのテレビ局に勤めるゲイル・ゲイリーは、やり手のレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ビリー・バスゲイト」

1930年代のニューヨークでは、ギャングの勢力争いが激化していた。絶大な権力を持つボスのダッチ・シュルツは血気盛んな青年ビリー・バスゲイトを子分にし、目をかけてギャング世界の一人前の男に成長させていく。実在のギャングたちの壮絶な生きさまをモデルにした作品です。 〈ストーリー〉 アメリカに不況の嵐が吹き荒れる1935年。港から一隻…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ファミリービジネス」パンフ

「家族の絆は犯罪から」100万ドル新製品強奪のスリルを通して一家三代の家族が愛より確かなものになるという、ある意味でのファミリー・ドラマ。 男の粋な生きざまを重ねしぶい演技のショーン・コネリーと若い頃からの名優、ダスティン・ホフマン。それに若さきらめく青春映画からブロードウェー公演でも活躍するマシュー・ブロデリックの3人が、ニューヨー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「レインマン」

10代の頃、父親と衝突して家を出て以来、自由奔放に生きてきたトム・クルーズの若者に、父親の死亡の知らせが届く。遺産目当てに帰郷した若者を待っていたのは、自閉症で40数年間も孤独の世界に生きる実の兄の存在と、その兄が全ての遺産相続人ということを知るのだった。 〈ストーリー〉 26歳の中古車ディーラーのチャーリー・バビットは、名車ラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「トッツィー」

「トッツィー」とは「女のなかの女」というアメリカで流行したスラングの言葉です。また、女性に対する呼びかけの言葉で「ねえ、可愛いこちゃん」というニュアンスもあるそうです。 ダスティン・ホフマンの売れない役者が、何回もオーデションを受けるが、何度受けても落ちてしまう。それで彼は彼女になってオーデションを受けたのです。 〈ストーリー〉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「クレイマー、クレイマー」パンフ

マンハッタンに住むエリート・ビジネスマンの妻が突然、7歳の子供をおいて出て行ってしまった。結婚して8年、なに不自由ないはずの妻が、自分を取り戻したいからという、男には何とも分からない理由だった。それからの夫の生活は一変した。フル回転の仕事に加えて家事と育児というなれない妻の仕事が夫に襲いかかった。とりわけ厄介なのは、母親を恋しがり、反抗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「アガサ/愛の失踪事件」

1926年12月4日金曜日の午後9時45分、アガサ・クリスティー女史がロンドン郊外サニンデールにある自宅を車で去り行方不明になった。翌朝谷間の林で車と毛皮のコートと書類カバン、車の近くにはひどくすり減った片方の靴とスカーフが発見された。 それから11日後に、何百マイルも離れたヨークシャー州にある鉱泉療養地ハロゲイドのホテルに滞在してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more