テーマ:ソンドラ・ロック

映画「ダーティファイター/燃えよ鉄拳」パンフ

よく冷えたビールとカントリー・ミュージックと、素手のケンカが好きなファイロ・ベドーのトラック野郎物語で、前作の続編です。 ファイロが試合を断ったために愛するリンがギャングに誘拐されてしまう。試合相手のウィルソンと共に一味を倒すが、2人だけの勝者決定戦を始めるのだった...。 〈ストーリー〉 必殺パンチのすさまじさは誰にもひけを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ダーティファイター」パンフ

ダーティハリーなどでは44マグナムM29など拳銃を持って闘ったが、今回は鍛え抜いた肉体で殴り合いのケンカをしながら、渡り歩くトラック運転手の物語。 全米各地の腕自慢の荒くれたちと次々に展開するケンカ・マッチ。連戦連勝の彼にうらみを持つ奴も多い。メタメタに叩きのめされた暴走族や警官が復讐に燃えて彼の後を追う。だがそんなことには目もくれず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ブロンコ・ビリー」パンフ

現代中西部を舞台に、主人公ブロンコ・ビリーと、彼が引きいる「ワイルド・ウエスト・ショー」の団員6人が織りなす人間模様を中心に、拳銃の曲撃ちや荒馬乗り、果ては全米各地をロードする描写などを盛り込みながら、イーストウッド自身が主演・監督した娯楽作品です。 イーストウッドの相手役には、当時彼が付き合っていた ソンドラ・ロックが『ダーティファ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ガントレット」チラシ

この映画をは破格の22億円という製作費をかけ、イーストウッドの主宰する「マルパソ・プロ」が作り上げました。 『ガントレット』とは、古代から伝わる刑罰の一種で、二列に並んだ人の間をムチやコン棒で叩かれながら通り抜けなければならないという、厳しい体罰のことだそうです。 〈ストーリー〉 アリゾナ州フェニックスの市警察の警官、ベン・シ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ブロンコ・ビリー」チラシ

この「ブロンコ・ビリー」で、監督7作目にあたるクリント・イーストウッドは、次々とヒーローを創りだしてきました。そして「アウトロー」「ガントレット」「ダーティファイター」と本作「ブロンコ・ビリー」でヒロインを演じているのがソンドラ・ロックで、この後「ダーティハリー4」でも共演しています。 現代中西部を舞台に、主人公ブロンコ・ビリーと「ワ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ダーティファイター/燃えよ鉄拳」チラシ

イーストウッドが「ダーティハリー」のハリー・キャラハンに加え、新たなシリーズとなった「ダーティファイター」は、大型銃を使用するのではなく、ケンカによる「コブシ」が武器なのです。 よく冷えたビールとカントリー・ミュージックと、素手のケンカが好きなファイロ・ベドーのトラック野郎物語で、前作の続編です。 〈ストーリー〉 必殺パンチの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ダーティハリー4」チラシ

この「ダーティハリー4」は、クリント・イーストウッドの10本目の監督作品で、初めてイーストウッドが「ダーティハリー」を自ら演出することになった記念すべき作品です。 ハリー・キャラハン警部は、サンパウロに行っても犯人を追いかけ、派手に暴れまくります。 〈ストーリー〉 高級売春婦殺しの容疑者であるマフィアのドンが、孫娘の結婚式を祝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「アウトロー」チラシ

アメリカ南北戦争は、アメリカの歴史上最大の悲劇といわれたが、主人公ジョージ・ウェールズにも妻と息子を惨殺され、悲痛の思いをする戦いでもあった。 〈ストーリー〉 南北戦争も終わろうとしていた、1860年代なかば、ミズリーの丘を越えてやってきたカンサス・レッドレッグ(北軍秘密軍事組織)の一隊が罪もない農夫ジョージ・ウェールズの妻と息…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ガントレット」チラシ

この映画をは破格の22億円という製作費をかけ、イーストウッドの主宰する「マルパソ・プロ」が作り上げました。 『ガントレット』とは、古代から伝わる刑罰の一種で、二列に並んだ人の間をムチやコン棒で叩かれながら通り抜けなければならないという、厳しい体罰のことだそうです。 〈ストーリー〉 アリゾナ州フェニックスの市警察の警官、ベン・シ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ブロンコ・ビリー」チラシ

この「ブロンコ・ビリー」で、監督7作目にあたるクリント・イーストウッドは、次々とヒーローを創りだしてきました。そして「アウトロー」「ガントレット」「ダーティファイター」と本作「ブロンコ・ビリー」でヒロインを演じているのがソンドラ・ロックで、この後「ダーティハリー4」でも共演しています。 現代中西部を舞台に、主人公ブロンコ・ビリーと「ワ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画「ダーティファイター/燃えよ鉄拳」チラシ

イーストウッドが「ダーティハリー」のハリー・キャラハンに加え、新たなシリーズとなった「ダーティファイター」は、大型銃を使用するのではなく、ケンカによる「コブシ」が武器なのです。 よく冷えたビールとカントリー・ミュージックと、素手のケンカが好きなファイロ・ベドーのトラック野郎物語で、前作の続編です。 〈ストーリー〉 必殺パンチの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ダーティハリー4」チラシ

この「ダーティハリー4」は、クリント・イーストウッドの10本目の監督作品で、初めてイーストウッドが「ダーティハリー」を自ら演出することになった記念すべき作品です。 ハリー・キャラハン警部は、サンパウロに行っても犯人を追いかけ、派手に暴れまくります。 〈ストーリー〉 高級売春婦殺しの容疑者であるマフィアのドンが、孫娘の結婚式を祝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ガントレット」パンフ

クリント・イーストウッドの刑事物と言えば、『ダーティハリー』シリーズが有名だが、同時期に製作された破格の22億円という製作費をかけ、イーストウッドの主宰する「マルパソ・プロ」が作り上げた作品です。 イーストウッド扮する刑事が、ある事件の重要証人として手配中の女性を、ラスベガスからフェニックスへ護送していくうちに、事件の黒幕である謎の権…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ダーティハリー4」パンフ

ダーティハリー・シリーズ第4弾。『ダーティハリー3』からじつに7年ぶり、あいかわらず悪がはびこる現在、ファンの熱烈なラブコールのこたえ、ダーティ・ヒーローが愛用のS & W/モデル29の44マグナム銃と新兵器として、44オートマグをひっさげてスクリーンに甦った。今回は、ダーティハリーを演じて世界のスーパー・スターとなったクリント・イース…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more