テーマ:ロバート・デ・ニーロ

映画「スリーパーズ」パンフ

ロレンゾ・カルカテラの「スリーパーズ」は出版されると、すぐに大ベストセラーとなった。そしてリアルでショッキングな内容は作者の体験に基づくトゥルー・ストーリー(実話)として紹介され、あまりの衝撃の大きさで、事実の信憑性が大いに議論されることになった作品です。 『ヘルズ・キッチン』 ニューヨーク市の南は35丁目から北は56丁目まで、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ショウタイム」パンフ

ロバート・デ・ニーロ扮する、ロサンゼルス市警察勤続28年の堅物刑事と、エディー・マーフィーの演じる、スターに憧れる警官がコンビを組む事になる。ひょんなことからテレビの犯罪捜査実況中継番組に主役として出演することになったのだ。しかも、この二人のコンビは番組のために無理矢理に組まされたコンビだった。テレビ・プロデューサーの横暴と軽薄さに我慢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「バックドラフト」パンフ

火事によって酸素がなくなり、燃えない自然ガスが充満する室内に、ドアや窓を開けると、一気に流れ込んだ空気によって引き起こされる凄まじい爆発による逆気流現象を「バックドラフト」と言う。 幼い頃に、父を失ったスティーブンとブライアンの兄弟は、父と同じ消防士となる。しかし、弟のブライアンは、消防士として兄に勝てないことを悟り、放火犯罪調査…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「真実の瞬間〈とき〉」パンフ

1951年アメリカでは、アカ(共産主義)への恐怖から組織された下院非米活動委員会(HUAC)が、しだいに映画の都ハリウッドにも取り締まりを伸ばそうとしていた。 「アメリカ人が愛する映画の世界にアカの思想が入り込む事は許さない」という理由で、脚本家のドルトン・トランボ、監督のエリア・カザン、小説家のダシール・ハメット、劇作家リリアン・ヘ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「レナードの朝」パンフ

ブロンクスの神経科病院で、話すことも動くこともできず、ベッドに寝たきりという重度の障害者レナードがいた。30年も半昏睡状態にあった彼は、勇気ある新任のセイヤー医師の努力と誠意によって、奇跡的に「めざめの朝」を迎えるのだ...。 これは実話に基づいた物語で、原作者のオリバー・サックスは、ブロンクスの高名な神経科医である。彼は1969年、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画「ジャックナイフ」パンフ

ロバート・デ・ニーロの演じる「ジャックナイフ」といわれる男は、トラックを急停車(ジャックナイフ)させて破壊させてしまったことがあるためにつけられた、メグスのあだ名だった。メグスはベトナム時代の戦友デイヴを釣りに誘った。仕事以外の時間は酒におぼれ、暗く閉じこもったデイヴ。かつて彼らにはもう一人親友がいたが、ベトナムで戦死したのだ...。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

映画「恋におちて」パンフ

ロバート・デ・ニーロとメリル・ストリーブの甘くて、ほろ苦いニューヨーク・ロマンスです。 男は建築技師、女はグラフィック・アーチスト。クリスマス・イブの日にマンハッタンの書店で、初めて二人は出逢った。二人の身体が触れたことから、買物包みを床に落としてしまい、お互いに相手の包みを間違って持って行ってしまうのだった。 〈ストーリー〉 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「未来世紀ブラジル」パンフ

この映画は近未来の情報社会を舞台に、一人の若いサラリーマンが自由を求めながらも、巨大な情報局の陰謀を知りすぎたため、当局のメカニズムに巻き込まれた犯罪者の烙印を押され、抹殺されて行く恐るべき世界を描いたSF社会ドラマです。 〈ストーリー〉 近未来のある国。そこでは個人のプライバシーはすべて政府のコンピューターに管理され、情報省が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「エンゼル・ハート」パンフ

ショッキング・ノベルの最高傑作といわれている「エンゼル・ハート」は1977年に発表されるや大センセーションを巻き起こし、たちまち超ベストセラーになった。当初から映画化の話はあったが、ダスティン・ホフマンやロバート・レッドフォードなどがOKせず、また世界各国の監督達が映画化を試みるが、家族に不幸が相次いだり、事故やハプニングで話が立ち消え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ゴッドファーザー PART II」パンフ

前作の続編です。亡き父のあとを継いで、コルレオーネ・ファミリーのドンになったアル・パチーノのマイケルの苦悩と復讐を、亡き父が少年時代から、ロバート・デ・ニーロの青年時代にかけてゴッドファーザーの地位を築き上げたエピソードをはさみながら描いた作品です。 人間描写に力点をおいたコッポラ監督の、淡々とそしてドラマチックに創り上げた映画で、ア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「レイジング・ブル」パンフ

悪に染まったサウス・ブロンクスのスラム街からはい上がり、不屈の闘魂で1949~51年まで世界ミドル級チャンピオンの王座に君臨したジェイク・ラモッタ。人は彼を「ブロンクスの猛牛」と呼んで喝采を送ったが、その後の彼の人生は破滅への道をたどるのだった。 この映画は彼の自伝を元に製作され、ロバート・デ・ニーロが演じています。 〈ストーリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ディア・ハンター」パンフ

1960年代末期、アメリカのペンシルベニア州の小さな工場で働く、三人の若者がベトナム戦争に徴収された。愛する新妻や恋人を残し、故郷の山河から炎の最前線に送られたのだ。戦場で三人は偶然再会するが、北ベトナム軍に捕らえられ捕虜となってしまうのだった。 〈ストーリー〉 ペンシルベニア州クレアトンの小さな鉄鋼町の工場で働く、五人の親友グ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

映画「タクシードライバー」パンフ

ニューヨークの夜景が、実に見事に映し出されていて、昼間の摩天楼がきらめいた五番街のニューヨークとを対照的に撮影されています。スコシージ監督はヒッチコック監督を意識しているようで、オープニング・シーンはそれを表しています。ヒッチコック監督もそうだったように、スコシージ監督もこの映画に端役で出演しています。それはタクシーの乗客のひとりで、濃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆ロバート・デ・ニーロ略歴

★ROBERT DE NIRO  1943年8月17日、アメリカ、ニューヨークのイーストサイドで生まれる。イタリア移民の三代目で、父も母も画家をしていた。2歳の時に両親は離婚し、母親に引き取られグリニッジ・ヴィレッジやリトル・イタリーで少年時代を過ごす。シャイな性格を直そうと幼い頃から演技の特別訓練を受ける。16歳の時、ハイスクー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ケープ・フィアー」

ロバート・デ・ニーロのマックス・ケイデイが、自分の弁護をした弁護士のせいで罪が重くなったと逆恨みして、弁護士サム・ボーデンの家族を襲うストーリーです。 〈ストーリー〉 レイプの罪で14年間、刑務所に入っていた男マックス・ケイディが、出所してきた。その男は自分を敗訴に終わらせたサム・ボーデン弁護士に、復讐をすることだけを14年間考…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more