テーマ:板尾創路

映画「セブンデイズ リポート」チラシ

「iPS細胞・STAP細胞」研究が結実した世界を舞台にした近未来青春ラブストーリー! 高校卒業を7日後に控える明るく快活な高校生リョータは、突然自分がクローン人間であることを知ってしまう。しかも、まもなくして出会えたオリジナルの涼太は、自分と姿こそそっくりだが、性格は似ても似つかない気弱ないじめられっ子であった...。 今、世界的に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「あさひるばん」チラシ

連載35年目を迎えコミック累計発行部数2,500万部、映画シリーズ20作を誇る『釣りバカ日誌』の生みの親・やまさき十三が、マンガ原作者以前の職業、助監督経験を活かし、72歳で初監督に挑戦した本格コメディ。 原作・脚本も手掛けた物語は、出身の宮崎を舞台に、「人生半ばを過ぎた3人が昔の仲間と力を合わせて夢をつかみ取る」「学生時代の仲間は最…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「私の奴隷になりなさい/ディレクターズ・カット」チラシ

史上最強エロス神、『私の奴隷になりなさい』成人指定バージョン解禁! 緊縛、悌毛、二穴責め...調教の限りを尽くした今年最大の衝撃作はまだ終わっていなかった。過激すぎてやむなくカットした15分を復活し、ついに解禁されるディレクターズカット版。 累計45万部を突破した、サタミショウの新官能小説シリーズを代表する「私の奴隷になりなさい」。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「月光ノ仮面」チラシ

板尾創路の監督第2弾、今度はかの有名な古典落語「粗忽長屋〈そこつながや〉」を題材に、何人をも寄せ付けない世界観を創造。見事第35回モントリオール世界映画祭への出品も果たした。 戦後昭和22年。戦死したと伝えられた男が帰郷した。男の正体は、戦前、人気・実力ともに認められた落語家「森乃家うさぎ」。だが男は戦争で負った傷のため、一切の記憶を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「電人ザボーガー 」チラシ

愛する者のため、世界を救うため、伝説のヒーローが再起動した! 秘密殺人強盗機関Σ(シグマ)に父を殺され、復讐を誓った大門豊は、地球の平和を守るため、亡き父が作った変形型バイクロボット「ザボーガー」と共に日々闘い続けていた。そんな大門の前に現れた、敵の女サイボーグ・ミスボーグに、大門は好意を持つようになる。だが、それがすべての悲劇の始ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「さや侍」チラシ

『大日本人』、『しんぼる』と、その独創的な作風で世間を騒がせ、国内にとどまらず、海外でも評価(どういう評価?)を受けた松本人志監督。その監督が第3作目を完成させたという。それは完全オリジナルストーリー(今までもオリジナルでは?)で時代劇という暴挙。 刀の鞘(さや)しか持たない侍・勘十郎とその娘・たえが挑む「三十日間の戦い」を通し、松本…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画「板尾創路の脱獄王」チラシ

なぜ、逃げるのか?なぜ脱獄を繰り返すのか? 「脱獄王」と呼ばれた男の、真の目的とは...? どんな牢も錠も物ともせずに、ある時はひそかに、ある時は華麗に脱獄を繰り返す男・鈴木は次第に「脱獄王」という名を欲しいままにしていくが、一体、彼はなぜ脱獄を繰り返すのか?なぜ逃げるのか?何から逃げているのか? 綿密に積み上げられたプロットと、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「空気人形」チラシ2

私は空気人形。 私は、「心」を持ってしまいました。 持ってはいけない「心」を持ってしまいました...。 『誰も知らない』『歩いても 歩いても』の是枝裕和監督が、9年間大切に温めた、哀しくて嬉しい「ファンタジック・ラブストーリー」。これまでオリジナルストーリーにこだわってきた監督が、この原作だけは例外と、満を持して映画化しました。主…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画情報「東京残酷警察」

『片腕マシンガール』(井口昇監督作品)、『MEATBALL MACHINE』(山口雄大監督作品)、『自殺サークル』(園子温監督作品)など、多くの話題作で特殊造形・メイク、特技監督、残酷効果等を担当し、監督陣から絶大な信頼を寄せられるクリエイター・西村喜廣。アメリカ資本によって製作された長編監督作『東京残酷警察(TOKYO GORE …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more