テーマ:椎名桔平

映画「謎解きはディナーのあとで 映画版」チラシ

2011年度「本屋大賞」第1位を受賞し、同年度の年間ベストセラーも第1位を記録した大ヒット小説「謎解きはディナーのあとで」。毒舌執事と令嬢刑事という個性的なキャラクターによる本格ミステリーが人気を博し、2011年10月に早くもテレビで連続ドラマ化されました。そんな物語が遂に映画化されます。 国民的アイドル「嵐」の櫻井翔と、今もっとも旬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「WILD 7〈ワイルドセブン〉」チラシ2

眼には眼を、悪〈アク〉には悪〈ワル〉を! 凶悪犯人に対して極秘裏に発動される抹殺命令。その任務を遂行するのは、選び抜かれた7人の元犯罪者...通称「ワイルド7」。あらゆる法を超越して、極悪人をその場で処刑することを許された男たち。そう、彼らには「逮捕」「裁判」は一切不要。彼らの存在は国家の最高機密にして、最凶の切り札。命令が下れば、完…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「アウトレイジ」パンフ

『BROTHER』(00)『座頭市』(03)以来7年ぶりに、R-15指定の強烈かつ衝撃的なバイオレンス・アクションに挑んだ北野武監督最新作。タイトルが示すとおり、登場人物は全員、極めつけの「悪〈ワル〉」ばかり。極悪非道、悪い男だらけ!カッコ良くてカッコ悪い男たちの、容赦なきバイオレンス・エンターテインメントです。 ヤクザ社会を舞台に、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「恋愛戯曲/私と恋におちてください。」チラシ

人気劇作家・鴻上尚史の大ヒット舞台「恋愛戯曲」が、鴻上自身の監督により初の映画化。恋も仕事もちょっぴり前向きになれる、疾走ラブコメディー。 TV局が社運をかけたドラマシナリオの締め切りまで、あと5日。TV局では手柄を争って、制作部、編成部、営業部が大変なことに!そんなギリギリのタイミングで抜擢されたのが、仕事ができない負け組の男・向井…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「アウトレイジ」チラシ2

「アウトレイジ=極悪非道」。北野武監督の最新作はバイオレンス・アクションだった。 「悪い男」の目に映るのは、自分の欲望ばっかり。人のことなんて、ちっとも見えてない。金と権力=自分の欲望を満たすためならば、視界に入るすべてをぶち壊す。 そんな悪(ワル)を叩き潰すには、極めつけの悪(ワル)になるしか道はない。悪(ワル)をもって悪(ワル)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「レイン・フォール/雨の牙」チラシ

レインシリーズの第1作が日本で映画化。著者は元CIAの工作員だったバリー・アイスラー。 混雑する電車内での暗殺計画、張り巡らされた監視カメラ、何万人もの人々の視線...。我々が見慣れている大都市は、立場が変われば危険な場所へと変貌する。かつての「暗殺者」のイメージと違った、我々と同じ日常をおくる、どこにでもいそうな人間「ジョン・レイン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「余命」チラシ2

この物語において重要な場所となったのは、奄美地方の加計呂麻島。主人公の滴に生きる力を与える夕日、島の美しく壮大な自然と、その地方に暮らす人々の生き生きとした姿をカメラがとらえ、物語を優しく彩っています。 人気作家、谷村志穂の同名小説の映画化。監督は『手紙』の生野慈朗で、生死の究極な決断に迫られる難しいヒロイン役を演じるのは、ドラマ・映…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「サイドカーに犬」チラシ

原作は芥川賞作家・長嶋有のデビュー作で、第92回文学界新人賞に輝いた「猛スピードで母は」の中の「サイドカーに犬」で、それを映画化したものです。 主人公ヨーコを演じるのは二年ぶりのスクリーン登場となる竹内結子。彼女は男まさりで天真爛漫、壊の深いヨーコ役をほれぼれするほどのカッコ良さで演じています。また、口数は少ないが豊かな感性を持つ「2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS」チラシ

50年前、映画界の巨匠黒澤明が創り上げた『隠し砦の三悪人』は、後に世界の才能たちに多大な影響を与え、ジョージ・ルーカス監督の『スター・ウォーズ』シリーズが誕生した。そして、2008年5月、樋口真嗣の大胆にして繊細なイマジネーションは傑作に独自の命を与え、エンタテインメント映画として現代に甦らせた。 強き者が領地を奪い、また弱き者が強き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「アンフェア the movie」チラシ

2006年1月から、篠原涼子主演で連続ドラマとして始まったフジテレビのハードボイルドとサスペンスの「アンフェア」。予測不可能なストーリー展開に加え、篠原ほか、瑛太、阿部サダヲ、濱田マリ、加藤雅也、寺島進、香川照之と、魅力的で演技巧者なキャストがそろい踏みしたことも、ドラマを盛り上げた要因となった。そのドラマの完結編です。 バツイチ、子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「魍魎の匣〈もうりょうのはこ〉」チラシ

ベストセラー「京極(百鬼夜行)シリーズ」。なかでも日本推理作家協会賞に輝き最高傑作の呼び声高い「魍魎の匣」が、原作者本人も「びっくりした」と言う大胆なアプローチで映画化されました。 監督・脚本は『ラスト・サムライ』で俳優としても活躍する原田眞人。原作の緻密な面白さに加え、1952年を完璧に再現するため上海ロケを敢行、さらに巨大なハコ型…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「輪廻(りんね)」チラシ2

昭和45年、群馬県のホテルで11人が殺された。それは、幼い少女まで犠牲となる惨たらしい事件だった。警察が捜査したが動機は不明。犯人も謎の死を遂げたのだった。 『輪廻(りんね)』 1、仏教用語。生きとし生ける物が、生まれては死に、死んではまた他の世界に生まれかわるさま。 2、同じことが繰り返されること。 〈ストーリー〉 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「アンフェア the movie」チラシ

バツイチ、子持ち、大酒飲み。しかし、検挙率ナンバーワンの敏腕刑事。それが、雪平夏見だ。連鎖する猟奇殺人や、謎だらけの難事件を執拗な捜査と、雪平ならではの鋭い嗅覚で解決していく。 2006年1月から、篠原涼子主演で連続ドラマとして始まったフジテレビのハードボイルドとサスペンスの「アンフェア」。予測不可能なストーリー展開に加え、篠原ほか、…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

映画「さくらん」チラシ3

心の張り裂ける真剣な初恋、そして失恋、気持ちを抑えられない程の悔しさ。女として生まれた強さと弱さ。どうしようもない哀しさと空虚。腹立つ時、泣きたい時、嬉しい時も、誰にも媚びず真正面から気持ちをぶつける。そんな人間としての鮮烈で清い魅力を、モデル・女優などマルチな才能を持った土屋アンナが熱演しています。 〈ストーリー〉 満開の桜の…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more