テーマ:映画パンフ/マ~ワ行

映画「LIMIT OF LOVE 海猿」パンフ

史上最大・最悪の海難事故が発生した。鹿児島から横浜に向かう大型フェリーが鹿児島港沖で座礁し、左舷後方が30mにわたって亀裂が発生、3区間が浸水した。沈没するまでわずか4時間。乗客・乗員620名、積載車両195台。火薬庫と化した船内に取り残された仙崎・吉岡の救難隊2名と乗客2名。回りの区間は浸水と火災で非難箇所はもうなかった...。 映…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「マリー・アントワネット」パンフ

マリー・アントワネット生誕250周年にあたる2005年、フランス政府の全面協力により、マリーが生きた場所であるヴェルサイユ宮殿での撮影が実現した。わずか14歳で異国の王室に嫁ぎ、周囲のやっかみや世継ぎをめぐる国内外のプレッシャーとたったひとりで闘わなければならなかった少女マリー。結婚の直前まで愛犬を抱いて眠っていた無邪気な彼女は18歳で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ラスト・キャッスル」パンフ

ロバート・レッドフォードで刑務所が舞台といえば、1980年の「ブルベイカー」を思い出す。今作品のレッドフォードの役はアーウィン中将で、かつて歴戦の英雄としてアメリカ陸軍の誉れと称された老兵は、軍事裁判によって裁かれ有罪となり、軍刑務所に収監されている罪人である。そこでの囚人は動物同様の扱いを受け、過酷な管理体制を強いられる。そして囚人ア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ロサンゼルス」パンフ

『狼よさらば』の続編の映画です。ニューヨークを凌ぐアメリカ最大の犯罪都市と化したロサンゼルス。黒人地区ワッツをはじめ、イースト・ロサンゼルス、ウエスト・ハリウッド、イースト・ハリウッド等の凶悪犯罪地域において、月平均計2,000件もの犯罪事件が多発している。ダウンタウンには、夜となく昼となくチンピラ、暴走族、幼い売春婦、強力興奮剤「PC…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「レナードの朝」パンフ

ブロンクスの神経科病院で、話すことも動くこともできず、ベッドに寝たきりという重度の障害者レナードがいた。30年も半昏睡状態にあった彼は、勇気ある新任のセイヤー医師の努力と誠意によって、奇跡的に「めざめの朝」を迎えるのだ...。 これは実話に基づいた物語で、原作者のオリバー・サックスは、ブロンクスの高名な神経科医である。彼は1969年、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「連続殺人鬼 冷血」パンフ

昭和52年12月13日、労働金庫職員を射殺して900万円を強奪、55年7月31日、スーパーの店長を射殺、580万円強奪、57年11月1日、岐阜県養老サービスエリアで溶接工を射殺と、元消防士の連続殺人事件が発覚した。調べてみたら強姦殺人などを繰り返していた。実際にあった勝田清孝の事件を基に、ノンフェクション作家 大下英治の小説を映画化した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「レスラー」パンフ

主人公のランディは、栄光の頂点から20年かけてジワジワと凋落の道を歩んできた男。金も家族も名声も失った彼にとっては、プロレスの仲間だけがファミリーと呼べる存在であり、リングの上だけがホームと呼べる場所だ。しかし、そんな彼も肉体の衰えには勝てず、引退を余儀なくされる時がやってくる。新しい仕事に就き、疎遠にしていた娘との絆を修復し、人生の再…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ロボゲイシャ」パンフ

2008年アメリカから逆輸入されてセンセーショナルな話題を振りまき、劇場公開&DVDが大ヒットを記録した『片腕マシンガール』の奇才・井口昇監督の次作『ロボゲイシャ』。芸者スタイルの暗殺マシーンによる無敵のアクションと壮絶な特訓シーン、カツラナパームやバスト・マシンガンに脇刀など悪夢のような銃器の炸裂、巨大城型ロボットによるスペクタクル。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ラブファイト」パンフ

幼い頃からいじめられっ子の稔は、幼なじみの亜紀に助けられてばかりのヘタレ男子。成績優秀で容姿端麗、学校のアイドル的存在の亜紀は、実は喧嘩がめっぽう強いパワフル少女。「オトコオンナ」とバカにされ続けてきた稔は、亜紀への劣等感を克服するため、ついに決心する。「亜紀より強くなって、自分のことは自分で守れる男になるんや!」。稔は、打倒、亜紀を目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「山桜」パンフ

江戸時代後期、北の小国、庄内の海坂藩で、野江は不幸な結婚生活を耐えていた。最初の結婚が夫の急死により幕を閉じ、1年前に磯村の家に再嫁した、23歳の野江。娘が婚家で辛い思いをしていることに心を痛めながらも、耐え抜けばいつか事態は好転すると励ます母。母の心にも野江の心にも、若くして亡くなった野江の叔母の孤独な一生がかすめるからこそ、離縁の考…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「モーテル」パンフ

フォックス夫妻にとって、その夜は最悪だった。彼らは最愛の息子を亡くしたことで結婚生活が破綻し、すでに別れを決意していた。夫婦として最後の旅になるであろうドライブの帰路も、口げんかをするばかり。しかも車が全然通らない真っ暗な道でエンストしてしまい、夫婦の苛立ちは頂点に達する。それでとあるモーテルで一夜を過ごすことになる。それが不運の始まり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「わらの犬」パンフ

暴力が横行する現代アメリカから平和をを求めて若い学徒が妻とともにイギリスの片田舎に逃れて来た。でも、そこも恐ろしい暴力の世界が彼らを待ち構えていたのだ。 若い平和主義者の主人公が、この暴力を遂に回避出来ず、その中にのめり込んでいく宿命的な姿を鮮烈に描き出したサム・ペキンパー監督のサスペンス・ドラマです。 「藁の犬たち」とは中国の思想…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「夜明けのマルジュ」パンフ

物語は、愛する妻と可愛い一人息子と平凡だが幸せに暮らしていた男。彼が仕事先のパリで、妻の死を知らされ、突然の悲報に強く衝撃を受ける。彼は街を彷徨い歩き、夜の街である娼婦と出逢う。透き通るように白い肌と、青く澄んだ瞳をした若い娼婦に魅せられていき、亡き妻の面影を見つけるのだった...。 『エマニエル夫人』で美しい肢体とマスクで一躍大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔」パンフ

三つの指輪は、空の下なるエルフの王に、 七つの指輪は、岩の館のドワーフの君に、 九つは、死すべき運命〈さだめ〉の人の子に、 一つは、暗き御座〈みくら〉の冥王のため、 影横たわるモルドールの国に。 一つの指輪は、すべてを統べ、 一つの指輪は、すべてを見つけ、 一つの指輪は、すべてを捕えて、 暗闇のなかにつなぎとめる。 影…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ロード・オブ・ザ・リング」パンフ

ファンタジー文学の最高峰として知られるJ・R・R・トールキンの長編大作「指輪物語」を完全映画化したトリロジーです。 架空の世界「中つ国」を舞台に、世界を支配する力を秘めた指輪を葬り去るために旅に出たホビット族の若者フロドと、仲間たちの冒険のドラマ。原作をアレンジすることを極力避け、当初から3部作の構成が決められ、撮影も3作まとめて行わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「恋愛の法則」パンフ

何度か恋も経験した。いちおう人並みの生活能力もある。けれども、いまだに求めるものの正体がはっきりわからないまま、自分自身の生き方を模索しつづける4人のラブ・ストーリー。 主演のブリジット・フォンダの父親であるピーター・フォンダが、バイカーの役で特別出演しています。 〈ストーリー〉 アリゾナ州エンフィールド。砂漠に囲まれたこの退…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「レッド・ドラゴン」パンフ2

類まれなる知性を誇り、何ものも見透かす洞察力と天才的頭脳をもち、人間の闇の部分に分け入ることを自ら選んだ殺人鬼、ハンニバル・レクターと、赤き竜(レッド・ドラゴン)こと「噛み付き魔」との頭脳戦。 本作は絶対悪の化身となったレクター博士の根源を探りつつ、人間の心に潜む「悪魔」との相克を深く描いたサイコ・スリラーです。 〈ストーリー〉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「MW -ムウ-」パンフ

時代を越えて愛され続ける不朽の手塚治虫作品の数々は、独自の世界観や深みのあるドラマ、娯楽性、力強く訴えかけるメッセージがある。そしてそんな手塚コミックの中でも、圧倒的異彩を放つ「禁断の傑作」が本作「MW」なのだ。 かつて、ある島で起きた悲しくも恐ろしい事件。その事件によって「光」と「闇」を描き出したこの作品は、事件によって地獄を背負う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ROCK E. YAZAWA」パンフ

不出世のカリスマ、矢沢永吉が、全身でROCKと人生を語る30年間の軌跡。 2008年、矢沢永吉は1年間の音楽活動休止を宣言した。36年間ノン・ストップで走り続けてきた男が、ひとつの節目を前に、自らに休息の時間を与えたのだ。 貧しさが少年に決意をさせた。「絶対に上に行かなきゃダメなんだ」 1972年、日本の音楽シーンは、平和を歌うフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「真木栗ノ穴」パンフ

古都・鎌倉、切通し。そこを過ぎたところに古いアパートがあった。 そのアパートで売れない小説家が頭を抱えていた。ただ彼は原稿に向かうだけの毎日だった。そんな彼に官能小説の執筆依頼が舞い込むが、書けるはずもなく時間だけが過ぎていく。そんな時、部屋の壁に小さな「穴」を見つける。そして穴の発見にあわせるように、白い日傘をさした女が隣に引っ越し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「利休 RIKYU」パンフ

戦国乱世の時代を経て、やがてもたらされた安土桃山時代...。時の権力者織田信長や豊臣秀吉の庇護の下で「外来」に触れ、日本が燃えさかった時代であったとも言える。 なかでも千利休によって体系化されたと言われる「茶の湯」は、明日をも知れぬ時代に「茶」を通じて精神の世界へと導き人間性をとりもどすいわば芸術であった。京都・山崎にたった二畳のわび…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「メン・イン・ブラック2」パンフ

1997年夏、アメリカ独立記念日の連休に公開され一大ブームを巻き起した『メン・イン・ブラック』。ブラック・スーツをクールに着込んだ2人組の最高機密機関(MIB)エージェントの活躍を描いたSFコメディーが続編となって5年ぶりに帰ってきた。もちろん、主演はウィル・スミスとトミー・リー・ジョーンズだ。 前作でも多くのセレブがカメオ出演してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「マッチスティック・メン」パンフ

病的な潔癖症に悩む詐欺師のロイと、相棒のフランクは、ペテンで商売を営むパートナー同士として、上々の成果を上げていた。そんな2人の生活に現れた、ロイの娘だというアンジェラ。14歳になるアンジェラには、詐欺師としての隠れた才能があることが明らかに...。 リドリー・スコット監督を新ジャンルに挑戦させたのは「脚本」の素晴らしさだった。彼をし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「魔女の宅急便」パンフ

女の子なら誰もが経験する思春期の想いと悩み。そして、様々な出来事とふれあいの中で少女から大人へと成長し、自立していく姿を、魔女のキキを通して爽やかに楽しく、時には切なく描き出した作品。 本作『魔女の宅急便』の原作は、今までに野間児童文学賞、小学館文学賞、アンデルセン賞国内賞など受賞し、日本の児童文学界を代表する角野栄子の同名作品。「自…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

映画「遊星からの物体X」パンフ

1938年、ジョン・W・キャンベル・ジュニアが発表したSF「WHO GOES THERE ?(影が行く)」は、当時のアメリカ文学界に強烈なショックを与えた。地球外生物による侵略がテーマのクラシックとして、それは完璧なまでの構成とショック度をそなえていたのだ。1951年、巨匠ハワード・ホークスがこれを『THE THING(遊星よりの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「猟奇的な彼女」パンフ

韓国を熱狂させた史上最強の新世紀ヒロインの登場。生意気で、恐ろしく凶暴、でも正義感に溢れる超キュートな「彼女」をヒロインにした本作は、幅広い観客、とりわけ若い女性の共感と感動を誘い、社会現象にまで発展しました。誰にも予測できない恋の行方、そして「彼女」を好きにならずにはいられない感動のエンディング。それが本作のヒロイン「猟奇的な彼女」な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ヤング・マスター 師弟出馬」パンフ

ジャッキー・チェンの魅力は、甘いマスクに似合わず武闘のテクニック...いわゆるカンフー技が卓越していることで、この新作でもその個性、力量を確実に把握かつ発散させています。 ふとしたことから、育ったカンフー道場を出て、悪の片棒をかつぐハメになった兄を捜し求めて旅に出る若者をつけ狙う役人親子や、「ビッグ・ボス」とその用心棒たち。彼らを相手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「郵便配達は二度ベルを鳴らす」パンフ

不況時代が終わりを告げようとする1930年代、ロサンゼルスから南へ下るハイウェイ沿いに、ガソリン・スタンドを兼ねた安食堂があった。経営者は中年のギリシャ人だが、その女房は、彼に救われたというだけで一生を縛りつけられている若く官能的な女だった。彼女は、満たされぬ生活の中で、肉体も心ももてあましていた。そこにある日、1人の流れ者がふらりとや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「レッド・ブロンクス」パンフ

「よりおもしろいものを作り、一人でも多くの人に観てもらう。そして全世界の人に愛される映画にしたい。そのためには、命を賭ける」。これが映画人ジャッキー・チェンのポリシー。そんな彼の新たなる挑戦が、本作『レッド・ブロンクス』で、スタントマンなしでジャッキーが様々なアクションに挑戦しています。 撮影はニューヨークとカナダでオールロケーション…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ロミオとジュリエット」パンフ2

ウイリアム・シェイクスピアといえば、4大悲劇「ハムレット」「オセロ」「マクベス」「リア王」が、彼の最高傑作といわれていますが「ロミオとジュリエット」も悲劇感の緊迫さにおいては劣るものではありません。「ロミオとジュリエット」は1595年頃に初演されたと推定されていて、シェイクスピアとしては比較的初期の傑作ということになります。 本作は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more