テーマ:堺 雅人

映画「大奥 ~永遠~ [右衛門佐・綱吉篇]」パンフ

野望、悲哀、嫉妬が渦巻く大奥で、粛々と生きる男たちと、時代に翻弄さながらも表舞台で強くたくましく生きる女たち。そんな男女により繰り広げられる、儚く、そして愛しくも切ない物語、それが「男女逆転 大奥」...。 2010年、一世を風靡した男女逆転の「大奥」の世界。綿密な時代考証に基づき、ただひとつの偽り=「男女逆転」という誰も見たことのな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TVドラマ「半沢直樹」第10話

近藤はついに田宮社長の証言を取ることに成功。半沢たちが大和田常務を追い詰めるのに十分な証拠であったが、合流を待つ半沢と渡真利のところへ、近藤は一向に現れない。近藤の身に一体何が起こったのか? 近藤は大和田常務に呼ばれていた。そこで取引を持ちかけられる。手に入れた田宮社長の証言を表に出さなければ、銀行に復職できるというものだった。 「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TVドラマ「半沢直樹」第9話

ナルセンが破綻するとの情報が入り、伊勢島ホテルは再び窮地に追い込まれる。事態を重く見た銀行幹部は、半沢を伊勢島ホテルの担当から外す方向で話を進めようとする。食い下がる上司の内藤部長に対し、大和田常務は本番の金融庁検査の前に模擬検査を行うことを提案。大和田の息のかかった融資部次長の福山啓次郎を半沢の後任候補とし、模擬検査で一騎打ちをするこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TVドラマ「半沢直樹」第8話

半沢は、伊勢島ホテルが200億円の融資を得るために、資金運用による損失の事実を隠ぺいする工作を行ったことを突き止め、その黒幕を探し始める。同時に伊勢島ホテルを救い、東京中央銀行が金融庁検査で巨額の引当金を積むことを避けるために、伊勢島ホテルの聖域とも言われる領域に手を付けることを湯浅社長に進言する。 しかしそのためには、湯浅社長と対立…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TVドラマ「半沢直樹」第7話

半沢に再び大きな仕事が背負わされる。老舗ホテル「伊勢島ホテル」の経営再建と、金融庁が東京中央銀行に対して行う「金融庁検査」への対応だった。 伊勢島ホテルは長く業績が低迷し、東京中央銀行が200億円の融資をしたばかりであったが、その直後、資金の運用失敗で120億もの損失が出ることが明るみになったばかりであった。早速再建のために奔走する半…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TVドラマ「半沢直樹」第5話

鍵を握る東田の愛人・未樹に東田の隠し資産について聞き出そうとするが、未樹はなかなか口を割らない。未樹が、「ネイルサロン」を開くのを目標にしていることが分かった半沢は、未樹に銀行から正式な融資を受けるよう提案し、その手助けを全面的に協力すると話すのだ。しかし、国税の黒崎も未樹に接触していた。 「半沢が出向に...!?生き残りをかけた戦」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TVドラマ「半沢直樹」第4話

半沢が次に待ち受けていたのは、裁量臨店〈さいりょうりんてん〉と呼ばれる本部からの内部検査だった。普通は1週間前から準備するものだが、半沢が聞かされたのは2日前。その検査は、融資事故の全責任を半沢に押し付けようとする浅野支店長が意図的に仕組んだもので、浅野の元部下だった人事部の小木曽を中心としたメンバーで構成されていた。一方、東田の潜伏先…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TVドラマ「半沢直樹」第3話

西大阪スチールの倒産は「計画倒産」だった。西大阪スチール元社長の東田が海外に所有している時価5千万円の別荘の存在を突き止めた半沢は、資産差し押さえをすみやかに進行する。だが、国税局査察部統括官の黒崎もこの資産差し押さえに動いていた。一旦は、半沢が5千万円の別荘を差し押さえたのだが、黒崎は法務部長の大田と取引して横取りするのだった...。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TVドラマ「半沢直樹」第2話

東京中央銀行大阪西支店・融資課長の半沢直樹は、行内では業務の中心的役割を担う世代になっていた。ある日支店長の浅野から強引な指示が下り、西大阪スチールから5億円の融資契約を取り付けることになる。ところが、融資からたった3か月後、西大阪スチールはあっけなく倒産する。この結果、東京中央銀行は融資額5億円全額を騙し取られることになってしまったの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TVドラマ「半沢直樹」第1話

バブル期に大手銀行「産業中央銀行」に入行した半沢直樹。しかしその後バブルが弾けて、産業中央銀行と東京第一銀行は経営を立て直すために合併。新行名は「東京中央銀行」となったが、なにかと派閥争いが続く。頭取の中野渡は東京第一銀行出身者だったが、派閥意識をまとめあげようと努力していた...。 原作は、「果つる底なき」で第44回江戸川乱歩賞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TVドラマ「半沢直樹」第6話

バブル期、都市銀行の数は全部で13行。銀行に入ったら一生安泰と言われていた時代で、銀行員はエリートの代名詞でもあった。そんな日本経済が熱狂していた時代に入行したのが、いわゆる「バブル入行組」。この物語は、そんなバブル期に東京中央銀行に入行したバンカー・半沢直樹が、銀行の内外に現れる「敵」と戦い、組織と格闘していく様子を中心に描いていく物…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ひまわりと子犬の7日間」チラシ

これは、愛の記憶が人々をつなぐ、深くやさしい物語。 日本中が涙した「感動の実話」をもとに心揺さぶるヒューマンドラマが誕生! 宮崎県で起きた実話をもとに映画化したのは、山田洋次監督の共同脚本・助監督を20年間務めてきた平松恵美子。動物と人間の絆という普遍的なテーマをさらに一歩進め、飼い主のいない犬たちが置かれる状況に真っ直ぐに向き合い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「その夜の侍」チラシ

「ただ、他愛のない話をしたい...」 最愛の妻をひき逃げした犯人に復讐を果たすため、心に孤独や葛藤を抱えた男は、復讐の意味を問いながら犯人だけでなく自分自身も追い詰める。 本作は、狂気と日常の狭間を生きながら、答えを見出していく姿を極限まで描き出します。 小さな鉄工所を営む中村は5年前のひき逃げ事件で最愛の妻を亡くして以来、深い喪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TV「スマステ!!月イチゴローランキング3」10月

スマステ!!月イチゴロー ランキング2012.10.20 イナガキ ベスト5(第3位) 映画「鍵泥棒のメソッド」 入れ替わった人生、大金の行方、そして結婚...その先にはなんと、史上最高の爽快でトキメくラストが待っている! 役者として全く芽が出ず、ボロアパートに一人暮らし、家賃も滞納。その上、後先考えずに行動して周りに迷惑を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「大奥 ~永遠~ [右衛門佐・綱吉篇]」チラシ

2012年10月からのTBS系連続ドラマ「大奥~誕生~ [有功・家光篇]」では前作八代将軍吉宗の時代から遡り、三代将軍家光がなぜ女将軍になり変わったのか、その秘密と、時代のうねりに翻弄された男女の恋を描く作品となっています。 本作『大奥~永遠~ [右衛門佐・綱吉篇]』では五代将軍綱吉の時代、豪華を極め爛熟する元禄の世に、愛よりも権力に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「鍵泥棒のメソッド」チラシ

『運命じゃない人』『アフタースクール』で観客をアッと驚かせた内田けんじの待望の最新作は、笑いとハラハラ・ドキドキのサスペンス、そしてトキメキと映画の醍醐味をすべて織り込んだ、大人のためのエンターテインメント・ムービー! 〈ストーリー〉 銭湯で転倒し、頭を強打。記憶を失った羽振りのいい男。そこに居合わせた売れない貧乏役者の桜井武史…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ツレがうつになりまして。」チラシ2

著者自身の実体験を描いた細川貂々〈てんてん〉さんのベストセラーコミックエッセイの映画化! 「ハルさん」と「ツレ」夫婦の『がんばらない!』過ごし方には、平凡な毎日からささやかな幸せを感じるヒントがたくさんつまった作品となっています。それは、ふたりのように今現在「うつ病」と闘っている人はもちろん、仕事に追われる日々を送っている人、将来に不…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「日輪の遺産」チラシ

1945年8月、敗戦前夜。戦後日本復興のために下された、密命は、 「マッカーサーの財宝、200兆円を隠匿せよ!」だった。 名作を送り出してきた作家・浅田次郎が、1993年に発表した「日輪の遺産」は、売上部数50万部を誇る、根強い人気を博し、浅田自身が映像化を熱望し続けてきた。「初めて自由に書いていいと言われ、書き上げて世に出した時、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「武士の家計簿」パンフ

幕末から明治...。これは、実在する家計簿から生まれた、ある家族の物語。 刀ではなく、そろんばんで、家族を守った武士がいた...。 貧しいときも、豊かな愛を注ぎつづけた妻がいた...。 古書店で偶然発見された家計簿、それは国史研究の通念を覆す大発見となった。日々の買い物、親戚付き合い、子どもの養育費、冠婚葬祭...家計簿からよみが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「手塚治虫の ブッダ/赤い砂漠よ!美しく」チラシ2

生きることは苦しみに満ちている。私に、なにかできることがあるはずだ。王を約束された男・シッダールタ。 奴隷が貴族になりたいと思ってはいけないのですか。誰が決めたんです!!王になろうとした男・チャプラ。 運命にあらがう二つの命が交差するとき、世界に何が起こるのか? 手塚治虫の最高傑作と称され、大ベストセラーにして20世紀最高のコミッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「南極料理人」パンフ

生物はおろか、ウィルスさえ存在しない厳寒の南極ドームふじ基地に、8人の男たちが観測隊員としてやってくる。西村の仕事は、隊員たちのために毎日料理を作ること。ときに贅沢な食材を用いて、手間ひまかけて作った料理を、全員そろって一緒に食べる。みんなの顔がほころぶのを見ると、何にも替えがたいうれしさがある。遠く離れた日本では、妻と8歳の娘、そして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「武士の家計簿」チラシ

刀でなく、そろばんで、一家を守った侍がいた。激動の時代を知恵と愛で生き抜いた家族の物語が、168年前の家計簿から今、よみがえる。 古本屋で偶然見つけられた、ある古文書。それは武士の手で緻密に綴られた「家計簿」だった。鮮やかによみがえる下級武士の暮らしぶり。幕末から明治へ、世の中の秩序も価値観も大きく変わっていく時代の中、そろばんを持ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ゴールデンスランバー」チラシ

2008年本屋大賞、第21回山本周五郎賞に輝いた人気作家・伊坂幸太郎の「ゴールデンスランバー」。これまでも数多くの作品が映像化されてきた伊坂作品の中でも、スケールが大きく、伊坂小説の魅力が詰まった集大成とも言われる本作の、待望の映画化です。 原作者・伊坂自らが「ハリウッド映画のような直球娯楽小説」と語っている通り、物語の発端からして半…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「クヒオ大佐」チラシ2

「父はカメハメハ大王の末えい。母はエリザベス女王の妹の夫のいとこ。結婚すれば、米軍から結婚支援金5千万円...」。 かつて、このようなデタラメを並べて、女性たちから推定1億円を騙し取った男がいた。本作は、そんな実話を基に創作したエンタテインメント映画です。 『本当のクヒオ大佐』 クヒオは昭和17年、北海道生まれ。公務員の父をも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「南極料理人」チラシ2

南極観測隊員の面白料理エッセイの映画化。原作は南極観測隊で料理を担当していた西村淳の「面白南極料理人」。それを新鋭・沖田修一が、自主制作映画・TVドラマなどでの演出を買われ、本作で商業映画監督デビューを果たしました。 8人の男たちだけで過ごす究極の単身赴任。知られざる南極での生活や仕事、離れている家族を思う気持ち。そして思わず腹の虫が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ジャージの二人」チラシ

「山荘においでませ」1、室内に虫がでます。2、布団がじめっとしています。3、トイレはくみとりです。4、五右衛門風呂です。5、携帯電話は通じません。「誰も来ないよ...」「いいところも書こう」1、涼しい。2、ジャージ貸シマス。日常生活は問題だらけ。現実はなかなか厳しい。とりあえず山奥の山荘でジャージ着てのんびりと...。そんないい年した父…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「アフタースクール」チラシ

本作の登場人物たちは物語が進むにつれ、観客への印象をどんどん変えていく。そんな難しい要求もなんなくこなす実力と、人気を兼ね備えたキャストが集結しています。人は良いが頑固なまでに真面目な教師・神野に、その存在感で幅広い層からの支持を集めている大泉洋。他人を全く信用できず、すぐに人を信じる神野にいら立つ探偵に、卓越した演技力で様々な役柄に挑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more