テーマ:大西信満

映画「さよなら渓谷」チラシ

原作は「パレード」「悪人」「横道世之介」など、海外でも高い評価をうけている芥川賞作家・吉田修一の長編小説。数々の映画化による原作の力はすでに不動のものだが、今回はその巧みなストーリー展開から「映像化不可能」と言われていた。原作に惚れ込み、メガホンをとったのはベルリン国際映画祭招待作として上映された『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』、『ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「キャタピラー」チラシ

戦争とは、人間が人間に、犯され、切り刻まれ、焼かれることだ。 人が、人を、犯すことだ。 人が、人を、切り刻むことだ。 人が、人を、焼き殺すことだ。 若松孝二は問う。「正義の戦争が、どこにあるのか!」 戦争の20世紀を経て、今もまだ同じ過ちを繰り返すこの世界に、若松はこぶしを振り上げ、叫び続ける。 血にまみれた大地のにおいを忘…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more