テーマ:深津絵里

映画「岸辺の旅」チラシ

湯本香樹実の同名小説を、名匠・黒澤清監督が映画化。 第68回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で監督賞に輝いた、黒澤清による愛する人との永遠の別れを描く、究極のラブストーリー。 3年にも及ぶ失踪の後、突然帰宅した夫と共に、かつてお世話になった人々の元を訪れ、愛を深めていく。しかし、夫は死んでいたのだ...。 〈ストーリー〉 3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「寄生獣」チラシ

斬新な発想で人気を博した岩明均の同名コミックを、『永遠の0』の山崎貴監督が2部作として映像化したSFアクションの第1弾。 人間が食物連鎖の頂点に立つ時代は、突然、終わった。人間に寄生し、人間に擬態し、人間を補食する新種の寄生生物「パラサイト」が出現。空から飛来した謎の生物を右手に宿してしまった少年・泉新一と、彼の右手に寄生した「ミギー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」チラシ

1997年、「踊る大捜査線」ドラマ開始 1998年、『踊る大捜査線 THE MOVIE』10月31日公開 2003年、『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』7月19日公開 2005年、『交渉人 真下正義』、『容疑者 室井慎次』公開 2010年、『踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ステキな金縛り」チラシ

本作は、脚本家・三谷幸喜が女優・深津絵里に映画出演を頼むJRAのコマーシャルでも知られた作品です。 深津絵里演じる三流弁護士・エミが、西田敏行演じる落ち武者の幽霊の力を借りて難事件に挑むという内容。彼女の前に立ちはだかるのは、幽霊など信じないエリート検事の中井貴一。クライマックスで、真犯人と法廷で対決するエミの姿は圧巻です。 〈…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「悪人」チラシ

「ひとつの殺人事件。殺した男と愛した女。引き裂かれた家族」 さまざまな視点から事件の真相が明らかになるにつれ、「いったい誰が本当の『悪人』なのか」という疑問を抱く、本年度最高の感動ヒューマンドラマ。 芥川賞作家・吉田修一の最高傑作「悪人」の待望の映画化で、原作者である吉田自身が、李相日監督と共に初めて手がけた映画脚本は、重厚な原作の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「踊る大捜査線 THE MOVIE 3/ヤツらを解放せよ!」チラシ2

シリーズ待望の最新作が、新旧豪華キャストを迎え、7年ぶりにスクリーンに戻ってくる! 製作の亀山千広、脚本の君塚良一、そして監督は本広克行と、スタッフも再結集。この夏、『踊る大捜査線』が新たなステージに突入する! 係長に昇進した織田裕二の青島俊作。そして、変わらずの深津絵里の恩田すみれやユースケ・サンタマリアの真下正義。警察庁で順調に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「女の子ものがたり」チラシ

かつて「女の子」だった、そして今、真っただ中にいるすべての人を優しく勇気づける感動のストーリー。 原作は、人気漫画家・西原理恵子の自伝的作品でベストセラー「女の子ものがたり」。2009年は、「毎日かあちゃん」がテレビアニメ化され、『いけちゃんとぼく』が実写映画化されるなど、その作品群が次々と映像化され、まさに「サバイバルイヤー」到来の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ザ・マジックアワー」パンフ

舞台は「港町・守加護〈すかご〉」。知らないうちに「伝説の殺し屋」となってしまった村田大樹。映画の撮影だと思い込んでいる彼にとって、その街で起こることは、すべて映画の中の出来事と信じていた。ゴム製の拳銃片手に、本物のギャングたちと渡り合うことになる村田。誤解が誤解を呼び、やがて事態は誰も予想しなかった方向へ進んでいく...。 〈スト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「西遊記(さいゆうき)」チラシ2

『沙悟浄(さごじょう)』 河童の妖怪で、三蔵の一番弟子、サイを持ちそれで戦う。天上界では五万の無敵の軍隊を従えていて、捲簾(けんれん)大将と呼ばれていた。 『三蔵法師とは?』 三蔵とは、経・律・論に深く通じた人のことで、法師(ほうし・ほっし)とは僧侶のことです。つまり高僧のことで、「西遊記」に出て来る三蔵法師は「玄奘(げんじょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ザ・マジックアワー」チラシ2

舞台は「港町・守加護〈すかご〉」。知らないうちに「伝説の殺し屋」となってしまった村田大樹。映画の撮影だと思い込んでいる彼にとって、その街で起こることは、すべて映画の中の出来事と信じていた。ゴム製の拳銃片手に、本物のギャングたちと渡り合うことになる村田。誤解が誤解を呼び、やがて事態は誰も予想しなかった方向へ進んでいく...。 『マジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「博士の愛した数式」チラシ2

原作者は、芥川賞作家・小川洋子の大ベストセラーで、本屋さんが選ぶ第一回本屋大賞、第55回読売文学賞を受賞した作品を映画化したものです。 「数式」という一見小難しく思われるものから溢れる温かな愛が、人間の清明さと人を愛することの尊さを綴り、「今」という時間の喜びと、心に生き続ける大切な人の存在を教えてくれます。 〈ストーリー〉 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「博士の愛した数式」パンフ

「この物語の主人公、博士の記憶は80分しかもちません。80分の記憶に、人はどんな希望がもてるのでしょう。原作者・小川さんの『書き言葉』は、今スクリーンに『話し言葉』として、映像、音楽と共に甦ります。博士を取り巻く、家政婦とその息子、未亡人。先生と生徒たちとの出会い。お互いの話し言葉に、温かい春の萌しを、感じとっていただけたらと思います。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「西遊記〈さいゆうき〉」チラシ2

『三蔵法師とは?』 三蔵とは、経・律・論に深く通じた人のことで、法師(ほうし・ほっし)とは僧侶のことです。つまり高僧のことで、「西遊記」に出て来る三蔵法師は「玄奘(げんじょう)」という名前です。 悟空は火の国で牛魔王を倒した後、三蔵は菩薩様から授かった緊固児(きんこじ)を悟空の頭にかぶせることになった。それは悟空のいきすぎた悪さを諌…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more