テーマ:浅野忠信

映画「グラスホッパー」チラシ

ある事件をきっかけに気弱で心優しい草食男を一斉に標的とする、伊坂幸太郎原作による「最強」巻き込まれ型エンタテインメントの映画化。 伊坂幸太郎の同名小説を、生田斗真、浅野忠信、山田涼介ら豪華共演で映画化したサスペンス・ドラマ。渋谷のスクランブル交差点で起きたある事件を機に、恋人の復讐を誓う元教師、自殺専門の殺し屋、驚異的な身体能力を持つ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「岸辺の旅」チラシ

湯本香樹実の同名小説を、名匠・黒澤清監督が映画化。 第68回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で監督賞に輝いた、黒澤清による愛する人との永遠の別れを描く、究極のラブストーリー。 3年にも及ぶ失踪の後、突然帰宅した夫と共に、かつてお世話になった人々の元を訪れ、愛を深めていく。しかし、夫は死んでいたのだ...。 〈ストーリー〉 3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「私の男」チラシ

家庭を知らない男は家族を失った少女の父となった。孤独なふたりが求めたものとは?そこには衝撃の真実があった...。 理屈を超えた強烈な愛のかたち。オホーツク海の流氷が魅せる一大スペクタクル。その刺激的なテーマと極限的な舞台設定から、映像化不可能と言われた第138回直木賞受賞・桜庭一樹による40万部超のベストセラー小説「私の男」の映画化が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「47RONIN フォーティーセブン・ローニン」チラシ3

緑豊かな赤穂の国。大石率いるサムライたちは、吉良と謎の女・ミヅキの陰謀により、尊敬する主君とサムライの身分を奪われる。 次に吉良の毒牙が狙ったのは、姫のミカ。そのとき、大石とともに立ち上がったのは、素性不明の異端の男・カイだった。圧倒的な敵軍に対し、味方はわずか47人。決死の戦いに臨む「RONIN」たちは果たして主君の仇を討てるのか。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「黄金を抱いて翔べ」チラシ2

大阪に本店をおくメガバンク。その地下には240億の金塊が眠るという...。 彼らは無謀なまでの強奪計画を企て、鉄壁の要塞に挑む! しかし、彼らの周囲では、謎の事件が次々と発生。そこには、誰も知らない6人の過去が複雑に絡み合っていた。 計画を遂行していくにつれ、分かり始める彼らの背景、そして真実...。 誰も想像しえない、驚きの作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「バトルシップ」チラシ3

舞台はハワイ沖。アメリカをはじめとする、日本、オーストラリア、韓国、タイ、コロンビア、ペルー等、世界14カ国から2万人が国際軍事演習に集結。米海軍の新人将校アレックス・ホッパーと、ライバル的存在である日本の艦長ナガタもその演習に参加していた。そんな中、真珠湾に未確認飛行物体が落下し、海中から巨大宇宙船が出現した! エイリアンは地球から…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

映画「月光ノ仮面」チラシ

板尾創路の監督第2弾、今度はかの有名な古典落語「粗忽長屋〈そこつながや〉」を題材に、何人をも寄せ付けない世界観を創造。見事第35回モントリオール世界映画祭への出品も果たした。 戦後昭和22年。戦死したと伝えられた男が帰郷した。男の正体は、戦前、人気・実力ともに認められた落語家「森乃家うさぎ」。だが男は戦争で負った傷のため、一切の記憶を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「バトルシップ」チラシ

映画史にその名を刻む大ヒットを送り出してきたユニヴァーサル映画が、100周年を記念して放つアニバーサリー超大作! ハリウッドの威信をかけた未曾有のスケール!興奮、感動、重量級! 超弩級エンターテインメント! 広大な太平洋上で繰り広げられる、エイリアンの侵略部隊と世界連合艦隊の壮絶なバトル。地球の未来は海の精鋭たちの手に委ねられたの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「マイティ・ソー」チラシ

「スパイダーマン」「アイアンマン」のマーベル・スタジオ初3D映画が誕生!マーベル・ヒーローの実写化作品で初めての3Dとなった『マイティ・ソー』。3D版では、ソーの振り下ろす「ジョルニア」や王・オーディンの放つ雷撃が飛び出し、よりダイナミックなアクションが体感でき、雷や竜巻など、神が地球に及ぼす超常現象も次々に飛び出し大迫力です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TV「スマステ!!月イチゴローランキング3・4」GWスペシャル

スマステ!!月イチゴロー ランキング2011.5.7 イナガキ ベスト5(第3位) 映画「これでいいのだ!! 映画★赤塚不二夫」 スマステ!!月イチゴロー ランキング2011.5.7 イナガキ ベスト5(第4位) 映画「イヴ・サンローラン」 小学館の名物編集者・武居俊樹が、35年間にわたる赤塚不二夫との濃い関係を描い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「これでいいのだ!! 映画★赤塚不二夫」チラシ

小学館の名物編集者・武居俊樹が、35年間にわたる赤塚不二夫との濃い関係を描いた「赤塚不二夫のことを書いたのだ!!」を原作に、さらに事実を超脚色して、誇張して映画化。個性派俳優の浅野忠信が「シェー!!」と奇才・赤塚不二夫を熱演。そして清純派女優の堀北真希が「ニャロメ!!」とハチャメチャな編集者を演じています。 〈ストーリー〉 19…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」チラシ

僕はささやきながら彼女の手を強く握りしめた。それから二人はずっと手を離すことはなかった。(絶筆)...鴨志田穣「遺稿集」 さいごに、ちゃんと帰ってきました。いい男でした。...西原理恵子 自分の弱さと向き合うことで、やっと見つけた、どん底での希望。それは、信頼の絆で結ばれた家族のもとに、「心の居場所(うち)」に帰ることだった。家族が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「乱暴と待機」チラシ

覗く男と覗かれる女と、なんやかんやで巻き込まれた夫婦の哀しくも可笑しい、ある意味ラブファンタジーな物語。 人間の可笑しみと哀しみを、暴力的なまでのうねりと疾走感で描く、気鋭の演出家・作家の本谷有希子。彼女自身の作・演出で2005年に上演され、その後小説として刊行された「乱暴と待機」は、男女4人の淫靡で滑稽な物語。07年の『腑抜けども、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TV「スマステ!!月イチゴローランキング3」10月

スマステ!!月イチゴロー ランキング2010.10.30 イナガキ ベスト5(第3位) 映画「REDLINE」 遠い遠い未来の話。宇宙最速を決める5年に一度の祭典「REDLINE」がいよいよ開幕! 政策期間7年、作画枚数10万枚。CG全盛の時代に、背景までも手描きにこだわった究極のアイメーション映画が誕生!コンピュータでは計…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「サッド ヴァケイション」パンフ

幼い頃に自分を捨てた母との運命的な再会を果たした息子。母への復讐を胸に秘めてともに暮らし始めた息子の前に、偉大なる母性が立ちはだかる...。 運命にさからい、運命に翻弄される男たちと、すべてを包み込みながら美しく生きる、「ゆるぎない女たち」。やさしく、したたかな女たちの笑顔が、男たちを未来へ導く...。 『Helpless』のデビュ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「スノー・プリンス 禁じられた恋のメロディ」チラシ2

今年最後の涙を流す、日本で生まれた「フランダースの犬」。誰の心の中にもある、初めての恋の想い出に寄り添うような、感動的で美しい映画が生まれた。 昭和初期の北国の寒村。両親を亡くし、祖父・正吉と犬のチビと暮らす少年・草太。貧しさのため学校にも通えない草太は、村の大地主の少女・早代と周囲の反対をよそに、心を通わせていた...。 ある時、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TV「スマステ!!月イチゴローランキング3」10月

スマステ!!月イチゴロー ランキング2009.10 イナガキ ベスト5(第3位) 映画「ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ」 愛など信じたら、すべてが消えてしまうと、恐れている小説家・大谷。 すべてを失った後に、残るのが愛だと、知っているその妻・佐知。 小説家の愛人・秋子。 小説家の妻に想いを寄せる青年・岡田。 過去を忘れら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~」チラシ2

破滅を志向する生き方の中で数々の傑作を書き続け、39年の短い生涯を駆け抜けた「太宰治」(1909~1948年)。生誕100年を迎える本年、太宰文学の魅力に改めて注目が集まっています。「人間失格」が与える自虐的で暗いというイメージだけで捉えられがちな太宰ですが、実は細やかな心理描写とユーモア溢れる表現で男女の様々な「愛」の形を描いた小説家…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「鈍獣〈どんじゅう〉」チラシ

本作は愛すべきダメダメ男たちが繰り広げるハードでハートフルな、ハート?ボイルド・ミステリー。 脚本は宮藤官九郎で、2004年演劇界に衝撃を与え、岸田國士戯曲賞を受賞した舞台「鈍獣」を、自ら映画用に脚本し直した作品です。そして監督は、数々の広告賞を受賞する映像クリエイター・細野ひで晃です。 〈ストーリー〉 すべてが相撲中心のおか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「劒岳 点の記」チラシ4

原作は、実話を基にした新田次郎の同名小説。監督・撮影は初めてで最後になるという木村大作。今まで、数多くの有名監督の下で撮影監督をしてきた叩き上げの人物だ。撮影期間2年、撮影日数延べ200日以上、標高2,999メートル、最低体感温度氷点下40度超の劒岳〈つるぎだけ〉(立山連峰)各所でロケを敢行したのだ。 明治40年(1907)、古来より…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「座頭市」パンフ

闇に光る朱塗りの杖。一瞬の静けさの後、立っているのは、その盲目の男のみ、杖は仕込みになった刀なのだ。 新世紀のたけし座頭市は、とにかく強い。その立ち回りは、時代劇の常識を超えためくるめくスピード感で、観る者も興奮させる。この理不尽な世の中で、たけしの座頭市は痛快に悪を倒してくれる。そしてラストに驚愕な事実が待っているのだ。 〈ス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「モンゴル MONGOL」チラシ2

監督は『コーカサスの虜』でカンヌ国際映画祭国際批評家協会賞に輝くロシアの精鋭セルゲイ・ボゾロフ。ドイツ、ロシア、カザフスタン、モンゴルの4カ国合作の一大プロジェクトに8カ国に渡る世界の俊英が結集して創られました。 壮麗な大自然を舞台に、全編モンゴル語で描く壮大な闘いの叙情詩が誕生した。主演は、ロシア・アメリカ・中国・韓国・日本の俳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「母〈かあ〉べえ」チラシ3

山田洋次監督の最新作『母べえ』。原作は、黒澤明監督作品のスクリプターを務めた野上照代の、読売女性ヒューマン・ドキュメンタリー大賞優秀賞を受賞した自伝的小説。舞台は昭和15(1940)年の東京。戦争反対を唱える父が囚われの身となり、残された母と幼い二人の娘が、周囲の人々の優しさに支えられ、様々な困難にあいながらも明るく懸命に生きる姿を描く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「サッドヴァケイション」チラシ

戦列なデビュー作『Helpless』から11年、そして第53回カンヌ国際映画祭国際批評家連盟賞、エキュメニック賞をダブル受賞した『EUREKA ユリイカ』から7年の時を経てついに完成した。新たなエッセンスは「やさしさ」。明快かつ爽快感溢れる青山ワールドが広がっています。 〈ストーリー〉 舞台は若戸大橋のたもとの小さな会社。間宮運…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「乱歩地獄」チラシ

江戸川乱歩の没後40年に作られた四本の作品です。 1923年「二銭銅貨」でデビュー以来、「人間椅子」「黒蜥蜴」「怪人二十面相」など傑作を連発し、日本の探偵・推理小説の草分けを築いた大作家です。その綿密で美しく、倒錯的な心理描写とエロチシズム充満した色彩やかな映像感覚は、これまでにいろいろな監督が映像化してきました。 〈ストーリー…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more