テーマ:岡田准一

映画「海賊とよばれた男」チラシ

実話を基にした百田尚樹の同名のベストセラー小説を岡田准一主演で映画化した人間ドラマ。 明治・大正・昭和の激動の時代を舞台に、名もなき一青年から身を興し、やがて戦後の日本に大きな勇気と希望を与える大事業を成し遂げていく主人公・国岡鐵造の姿を描いた壮大な大河エンターテインメントです。 〈ストーリー〉 主要燃料が石炭だった時代か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「エヴェレスト 神々の山嶺〈かみがみのいたたき〉」チラシ

世界最高峰の山「エヴェレスト」に魅了された2人の男と、彼らを待つ女性の物語を綴った人間ドラマ。 連載開始から20年以上の間、国内外で映画化オファーが殺到しながらも、スケールの壮大さから成立に至らなかった夢枕獏の世界的大ベストセラー「神々の山嶺」の奇跡の映画化です。 〈ストーリー〉 カトマンドゥを訪れた山岳カメラマンの深町誠は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「図書館戦争 THE LAST MISSION」チラシ

武力による検閲から本を守る防衛組織・図書隊の活躍を描く、人気作家・有川浩のベストセラー小説の実写による映画化第2弾。 ヒロインの郁を榮倉奈々、上官の堂上を岡田准一が演じるなど、前作のキャストが再登板。松坂桃李が演じる図書隊壊滅を目論む男の陰謀に立ち向かう。 〈ストーリー〉 近未来の日本。国家による思想検閲やメディア規制が広…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「蜩ノ記〈ひぐらしのき〉」チラシ

10年後の切腹を命じられた主人公・秋谷が、その過酷な運命を受け止め、一日一日を大切に生きる日々をつづった日記。秋の気配が近づくと、一日を終わるのを哀しむかのように鳴く「蜩〈ひぐら〉」と、「その日暮らし」の身であるという意味を掛けて、日記「蜩ノ記」と名付けた。 第146回直木賞を満票で受賞したベストセラー時代小説、葉室麟著の「蜩ノ記」を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「永遠の0〈ゼロ〉」チラシ

その奇跡に日本中が涙する。発行部数280万部を超える感動のベストセラー、待望の映画化! 2006年の初版当時から口コミで売れ続け、国民的ベストセラーとなった感動作「永遠の0」。その珠玉の物語に感銘を受けて映画化を熱望したのは『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズで日本アカデミー賞を席巻した山崎貴監督。出演者は、主人公のゼロ戦パイロット…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「図書館戦争[実写版]」チラシ

「フリーター、家を買う。」「阪急電車」などベストセラー作家・有川浩の代表作「図書館戦争」の実写による映画化! 舞台は近未来の日本。国家によるメディアの検閲が正当化されている時代・正化〈せいか〉。そんな時代に、検閲に対抗するために図書館側から生まれた自衛組織・図書隊。ここで繰り広げられる本と自由を守る隊員達の闘いと、恋を描いた物語です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「天地明察〈てんちめいさつ〉」チラシ

星好きなこの男に託されたのは、時代の常識をひっくり返す大計画だった! 『おくりびと』での米国アカデミー賞外国語映画賞受賞から3年。全世界が注目する滝田洋二郎監督、待望の最新作は、2010年本屋大賞第1位、冲方丁〈うぶかたとう〉のベストセラー小説「天地明察」の映画化です。 江戸時代に天文学者? 星の位置を測り、日本で初めての暦作りに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「SP(SECURITY POLICE)野望篇 THE MOTION PICTURE」パンフ

新たに勃発する国家的大規模テロ。極限の緊張状態に追い込まれる警視庁警備部警護課第四係の「SP」たち...。 研ぎすまされた神経と高い危機回避能力を持つ井上薫、井上の高い技術を見抜きSPに抜擢した東大卒の係長・尾形総一郎、そして第四係同僚・笹本絵里、山本隆文、石田光男。新たなドラマの歴史を築いた警護課第四係のSPたちがスクリーンに再集結…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「コクリコ坂から」チラシ2

本作は1963年頃、東京オリンピック前年、47年前の横浜が舞台となっています。団塊の世代が現代っ子と呼ばれ始めた時代、その世代よりちょっと上の高校生たちが主人公です。首都高はまだないが、交通地獄が叫ばれ道も電車もひしめき、公害で海や川は汚れた。1963年は東京都内からカワセミが姿を消し、学級の中で共通するアダ名が消えた時期でもある。貧乏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「SP(SECURITY POLICE)革命篇」チラシ

「SP」遂に、革命篇で完結! 「俺たちでこの国の腐り切ったシステムを変えてやるんだ。二十年前のおまえのような子供を二度と生み出さないためにな」 「システムを変えるって...、いったい何をしようって言うんですか?」 「寝ぼけた国民の意識を覚醒させる」 「暴力を使ってですか?」 「大きく目を開かせて、これまで見ない振りをしてきた現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「SP(SECURITY POLICE)THE MOTION PICTURE」チラシ

2007年冬、フジテレビ系で放映されたドラマ「SP エスピー」。「今までにないドラマ」を目指してスタートしたオリジナル企画にもかかわらず、斬新なストーリー構成と観る者の心を捉える迫真のアクションシーンが話題を呼び、深夜ドラマとしては歴代1位(平均15.4%)の驚異的な高視聴率を記録した。その圧倒的な人気は、ゴールデンタイムに進出したドラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「おとなり」パンフ

人気モデルの撮影に忙しい毎日を送りながら、進むべき道を模索している30歳のカメラマン、野島聡。風景写真を撮りたいという思いを抱え、葛藤する彼の心の癒してくれるのは、古いアパートの壁越しに聞こえてくる隣人の生活音だった。 フラワーデザイナーを目指しながら、フランス留学に向けて花屋でアルバイトに励む登川七緒〈ななお〉30歳、恋人なし。時に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「おと な り」チラシ

進むべき道を模索しているカメラマンの聡と、フラワーデザイナーを目指す七緒〈ななお〉。夢を追いかけながら人生の分岐点に立つ30歳のふたりを結びつけたものは、アパートの壁越しに聞こえてくる何気ないけれど愛おしい「音」だった...。 「おと・な・り」が描き出すのは、運命の人に出会うまでのプロローグ。恋と人生が動き出すまでの時間を、包み込むよ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画「木更津キャッツアイ/ワールドシリーズ」パンフ

本作でついに完結。ぶっさんの死後3年。キャッツたちはぶっさんに、そして大人になりきれない自分自身に、最初で最後の「ばいばい」を言えるのか?余命半年と宣告されたぶっさんを中心とした、木更津の元高校野球部の仲間5人。昼は野球とバンド、夜はなぜか謎の怪盗団「木更津キャッツアイ」を結成した。地元木更津で巻き起したドタバタ騒ぎの日々、そしてついに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「木更津キャッツアイ/日本シリーズ」パンフ1

独特のユーモアで人気を博した宮津官九郎によるテレビ・ドラマ「木更津キャッツアイ」の劇場版です。 余命半年と医者から宣告された「ぶっさん」を中心に、木更津の元高校野球部の仲間たち、バンビ、アニ、マスター、うっちーの5人組が昼は野球とバンド、夜はなぜか謎の怪盗団「木更津キャッツアイ」を結成し、ドタバタ騒動が巻き起こる。目の前に「ひとりの仲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ゲド戦記」パンフ

物語の舞台は、多島海世界「アースシー」で、西海域の果てに棲む竜が、突如、人間の世界である東の海に現れた。それと呼応するかのように、世界では、さまざまな異変が起こり始めていた。農民は田畑を捨て、職人は技を忘れモノを作らなくなった。街では、人々はせわしなく動き回っているが目的を失っているように見えた。そして、世界は魔法の言葉を忘れつつあった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「陰日向に咲く」チラシ

劇団ひとり原作の「陰日向に咲く」は、東京に住む「どこか日の当たらない」人たちを、ユーモア溢れる優しい視点から綴った感動作。 一組の男女の出会いを軸に、陰日向で懸命に生きているダメダメな人々の人生が交錯したとき、誰もが「ひとりじゃない」と思える感動の瞬間が訪れます。 〈ストーリー〉 夏、東京には大型台風が接近していた。そんな東京…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ホールドアップダウン」チラシ

日本国内はもとより、海外でも評価の高いSABU監督による書き下ろしのオリジナル・ストーリーです。 6人の男たちの人生がほんの少しだけかつ濃密に交差する一夜の出来事を、アクションとコネタ満載で描く作品です。 サンタの扮装の銀行強盗コンビと、ちぐはぐな職務怠慢な二人の刑事、キリストを崇拝するデコトラの運転手とストリート・ミュージシャン。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画「フライ, ダディ, フライ」チラシ

直木賞作家・金城一紀の初映画脚本であり、小説として刊行された「フライ, ダディ, フライ」の映画化です。 小説を読み、主人公の「高校生・スンシン」を演じることを「最高の光栄」と語るほどの岡田准一の熱望と、高校生に鍛えられる「おっさん・鈴木さん」に扮し、猛暑の中を走り続けた堤真一の強烈な熱演で作られた作品です。 〈ストーリー〉 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画「花よりもなほ」チラシ

口上/時は元禄15年、今をさかのぼること300年。仇討ちに藩が賞金を出していた時代。父親の仇討ちのために信州松本から江戸に出て来た宗左衛門だが、実はこの男、剣の腕はからっきし立たぬときた。貧しいながらも人情あふるる長屋で半年暮らすうち、あろうことか「仇討ちしない人生」もあると思ってしまった。さて宗左衛門は仇討ちするんだか、しないんだか、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「東京タワー」チラシ

「冷静と情熱のあいだ」に続き、女性読者の圧倒的な指示を得ている江國香織の原作「東京タワー」の映画化で、原作にはないオリジナルのクライマックスが用意されています。 〈ストーリー〉 知識と美貌を兼ね備えた詩史(しふみ)と大学生の透は「空気で惹かれ合った」とうような恋人同士だった。それぞれの家の窓辺からは、移ろう季節の中でいつも変わら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「木更津キャッツアイ/日本シリーズ」パンフ2

独特のユーモアで人気を博した宮津官九郎によるテレビ・ドラマ「木更津キャッツアイ」の劇場版です。 木更津キャッツアイのお馴染みのメンバーや、正体不明の男を演じる内村光良、哀川翔が哀川翔を演じたり、ぶっさんの恋の相手を務めるユンソナ、そのユンソナが働く韓国パブで山口智充の山口先輩が元ストリップ小屋のステージで歌いまくるなど豪華キャストです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「木更津キャッツアイ/ワールドシリーズ」チラシ

2002年ドラマ「木更津キャッツアイ」で話題をよび、2003年映画「木更津キャッツアイ/日本シリーズ」が大ヒット。あれから三年、本作でシリーズが完結します。 お馴染みのキャストが集結し、今回は栗山千明、MCU、高田純次ほか新キャラクターも登場します。 『木更津キャッツアイ』 余命半年と宣告された「ぶっさん」を中心とした、木更津…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ゲド戦記」チラシ

宮崎駿監督の息子、宮崎吾朗の第一回映画作品で、スタジオジブリが手がけています。 物語の舞台は、多島海世界「アースシー」で、西海域の果てに棲む竜が、突如、人間の世界である東の海に現れた。それと呼応するかのように、世界では、さまざまな異変が起こり始めていた。農民は田畑を捨て、職人は技を忘れモノを作らなくなった。街では、人々はせわしなく動き…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more