テーマ:フォレスト・ウィテカー

映画「サウスポー」チラシ

妻の死をきっかけに全てを失ったボクシングの元チャンピオンが、家族の絆を取り戻すべく奮闘する物語。 全てをなくしたボクシングの元チャンピオンが、亡き妻との最愛のひとり娘のために自分を変え、再びリングに上がる感動の人間ドラマです。 〈ストーリー〉 誰もが認める無敗の世界ライトヘビー級王者、ビリー・"ザ・グレート"・ホープは、ボ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ケープタウン」チラシ

南アフリカ・ケープタウンを舞台に、酒と女に浸りきりの刑事と心に傷を負う刑事が、元ラグビー選手の娘が殺害された事件の捜査をきっかけに街に潜む深い闇に踏み込んでいくサスペンス・アクション。 原作はフランス推理小説大賞ほか、7つの賞を受賞した小説「ZULU」。450ページを超えるこのクライム小説を、見事に映像化したのはフランスの気鋭ジェロー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「大統領の執事の涙」チラシ

誰もが知っている歴代大統領に仕えた、誰も知らない黒人執事の生涯! 『プレイシャス』でアカデミー賞に輝いたリー・ダニエルズ監督が、ホワイトハウスで7人の大統領に仕えた黒人執事と揺れ動くアメリカ、その時代に翻弄される家族の物語を実話をベースに描いた、感動のヒューマン.スペクタクル作品です。 綿花畑の奴隷として生まれたセシル・ゲインズ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ラストスタンド」チラシ2

『ターミネーター3』から10年、彼が復帰作の主人公に選んだのは最強の絶対的ヒーローではなく、心に傷を抱える一人の男。そこには「誰も知るシュワルツェネッガー・アクション」と「誰も見たことのないシュワルツェネッガー」の姿がある。 応援は間に合わない。しかも武器も無い。それでも立ち上がる5人の男たち。平和な町に訪れた最悪の週末! 時速40…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TV「スマステ!!月イチゴローランキング5」正月映画スペシャル

スマステ!!月イチゴロー ランキング2012.12.22 イナガキ ベスト5(第5位) 映画「フリーランサー/NY捜査線」 ニューヨーク市警の陰謀、駆け引きと裏切りの連鎖、そして魅惑的な匂いさえ漂わせる「悪」の魔力。 日本でも警察の信じがたい失態のニュースが続く昨今、見過ごすわけにはいかない戦慄のクライム・アクション! N…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「エクスペリメント」チラシ

緻密な脚本による息もつかせぬ斬新なストーリーで世界を魅了した海外ドラマ「プリズン・ブレイク」シリーズの生みの親、ポール・シェアリングが、ドイツ映画『es[エス]』(02)の元ネタ「スタンフォード大学監獄実験」に題材を見い出し、人間の本質をあぶりだした超一級の心理スリラーを作り出した。この作品を、アカデミー賞受賞キャリアを誇るエイドリアン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「フォーン・ブース」チラシ

通行人が行き交う大都会で、人の視線をさえぎることの出来ないガラスの箱、電話ボックス。公衆の面前にさらされながら、誰一人として電話ボックスの中にいる人間が脅かされているなどとは考えもしない。たまたま取った電話で見栄をはがされ、命まで狙われ、底知れぬ恐怖を体験する。無差別犯罪が急増する今、それは誰にでも起こりうる状況かもしれない。 たまた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「フェイク シティ ある男のルール」チラシ

目覚めた瞬間から片時も銃を離さず、亡き妻の思いを振り払い、現場に向かう前にはウォッカのミニボトルをあおる。そして犯人に容赦なく向ける銃口。信じるもののためには手段を選ばない、それが「トム・ラドロー」のルールなのだ...。 ドラマチックな男の生き方と、スピード感溢れるアクションに目を奪われるが、本作は超一流のクライム・サスペンスです。そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「パニック・ルーム」

『スポーツセンター「ルネサンス佐世保」の散弾銃乱射事件』 12月14日夜7時10分頃に、長崎県佐世保市で銃乱射事件があった。犯人はスポーツセンター「ルネサンス佐世保」で散弾銃を乱射し、無関係な人たちを死傷させたのだ。その中には若い女性や子供たちもいた。 日本もアメリカのような無差別殺人の銃乱射事件が起こったのだ。銃の所持免許をどうし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「バード」チラシ

俳優クリント・イーストウッドを「監督として一つのピークを築いた」と評価される作品となったイーストウッド監督13作目にあたる作品です。 これは、1930年から50年代にかけてジャズの革新「ビ・バップ・ムーブメント」の一大推進者として活躍した伝説のジャズ・サキソフォン奏者チャーリー・「バード」・パーカーと彼に影響を与え続け、尽くした女性チ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「パニック・ルーム」チラシ

ジョディ・フォスターは2001年のカンヌ映画祭の審査委員長をオファーされていたが、デビッド・フィンチャー監督の「セブン」を観て以来、必ずフィンチャー監督の映画に出てみたいと思ってったため、急遽、審査委員長を断って本作に出演しました。そしてこの映画の撮影時にはフォスターは、第二子を妊娠中でしたが無事撮り終えました。 〈ストーリー〉 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「バード」チラシ

俳優クリント・イーストウッドを「監督として一つのピークを築いた」と評価される作品となったイーストウッド監督13作目にあたる作品です。 これは、1930年から50年代にかけてジャズの革新「ビ・バップ・ムーブメント」の一大推進者として活躍した伝説のジャズ・サキソフォン奏者チャーリー・「バード」・パーカーと彼に影響を与え続け、尽くした女性チ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「パニック・ルーム」チラシ

ジョディ・フォスターは2001年のカンヌ映画祭の審査委員長をオファーされていたが、デビッド・フィンチャー監督の「セブン」を観て以来、必ずフィンチャー監督の映画に出てみたいと思ってったため、急遽、審査委員長を断って本作に出演しました。そしてこの映画の撮影時にはフォスターは、第二子を妊娠中でしたが無事撮り終えました。 〈ストーリー〉 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more