テーマ:瑛 太

映画「土竜〈モグラ〉の唄 香港狂騒曲」チラシ

交番勤務のダメ警官から潜入捜査官に転身した男・菊川玲二のハチャメチャな活躍を描いた生田斗真主演のアクション刑事ドラマの続編。今回は原作でも絶大な人気を誇る、超シゲキ的な「チャイニーズマフィア篇」です。 〈ストーリー〉 ある日突然、「モグラ」と呼ばれる潜入捜査官になることを命じられた交番勤務のダメ巡査・菊川玲二は、日本一凶悪な犯罪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「殿、利息でござる!」チラシ

江戸時代実在した人々の奇跡と感動の歴史秘話を、中村義洋監督がユーモアたっぷりに映画化した時代ドラマ。 千両もの大金を藩に貸し付け、その利子を配分し、寂れた宿場町の復活を成功させたという、江戸時代の実話を映画化したユーモア時代劇です。 〈ストーリー〉 江戸中期。仙台藩は財政が厳しく、重税にあえぐ百姓や町人たちの破産と夜逃げが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「まほろ駅前狂騒曲〈きょうそうきょく〉」チラシ

日本映画賞を総なめにした『舟を編む』の製作陣が贈る、感動の便利屋エンターテインメント。バツイチ二人が巻き起こす怒涛のドラマで、TVドラマに続く第3弾。 東京郊外のとある町の駅前に居を構える便利屋「多田便利軒」を営む青年・啓介と彼の元に転がり込んできた春彦が、笑いと涙に振り回される大騒動です。 〈ストーリー〉 東京の郊外にあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「WILD 7 SEVEN〈ワイルドセブン〉」パンフ

「眼には眼を、歯には歯を、悪には悪を...」。 凶悪犯に対して極秘裏に発動される抹殺命令。そして任務を遂行するのは、選び抜かれた7人の元凶悪犯罪者たち...通称「ワイルド7」。彼らは国家の最高機密にして、警察最凶の切り札。決して表に出ることはない超法規的武装集団...。 望月三起也原作の伝説のコミック「ワイルド7」。死刑と引き換えに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「僕達急行/A列車で行こう」チラシ2

大企業で働くマイペースな青年と、下町の鉄工所の跡取り息子という対照的なふたりが、大好きな鉄道を通して友情を育み、恋に仕事に悪戦苦闘する姿を、のびやかなユーモアときらきらするような空気感で綴った、心温まるコメディー。 東京・九州各地の長期ロケをあわせて、劇中に登場する電車の数は、合計20路線80モデルにおよび、主人公の小町(こまち)と小…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

TV「スマステ!!月イチゴローランキング3」冬休み

スマステ!!月イチゴロー ランキング2011.12.10 イナガキ ベスト5(第3位) 映画「ワイルド7」 凶悪犯はその場で消去!そんな極秘ミッションを遂行する警察組織があった! 1970年代にTVドラマで放送された「ワイルド7」を、映画で復活させたスーパーアクション・エンターテインメント作品。 監督は、「迫力の映像」と「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「WILD 7 SEVEN〈ワイルド7〉」チラシ

凶悪犯はその場で消去!そんな極秘ミッションを遂行する警察組織があった! 1970年代にTVドラマで放送された「ワイルド7」を、映画で復活させたスーパーアクション・エンターテインメント作品。 監督は、「迫力の映像」と「感動ドラマ」の名手『海猿』シリーズの羽住英一郎です。 「法律で裁けない犯罪者は、いっそその場で抹殺してしまうべき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「一命〈いちめい〉」チラシ2

企画・プロデューサーに『おくりびと』『十三人の刺客』の中沢敏明、『戦場のメリークリスマス』『ラストエンペラー』のジェレミー・トーマス。そして、音楽は世界を舞台に活躍する坂本龍一が手掛け、鬼才・三池崇史監督が、時代劇初の3D作品として「一命」を懸けた究極の人間ドラマとして描いています。 貧しくも、愛する人と共に生きることを願い、武家社会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「まほろ駅前 多田便利軒」パンフ

東京郊外のまほろ市で便利屋を営む青年・多田啓介のもとに、ある日、宿無しの同級生・行天春彦が転がり込んで来る。共にバツイチの30男。しっかり者とかわり者。水と油のような二人の便利屋が出会うのは、どこかきな臭いワケありの依頼人たち。なんだかんだと放っとけない性格の多田と行天は、やがてある事件に巻き込まれ、自らが抱えていた忘れられない過去と向…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「まほろ駅前 多田便利軒」チラシ

2006年に刊行され、第135回直木賞を受賞した三浦しをん著の「まほろ駅前多田便利軒」を映画化。まほろ市に住むくせ者たちのワケあり依頼を「彼らなりに」解決する主人公の多田と行天の物語は、外伝「まほろ駅前番外地」、続編「まほろ駅前狂騒曲」と続く人気シリーズ。ぶっきらぼうだけど土壇場で優しい便利屋2人は今日も走り続ける。合言葉は「誰かに必要…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「なくもんか」チラシ2

脚本の宮藤官九郎いわく「本作『なくもんか』は初めてのホームドラマというジャンルに挑戦した映画」という。親子・兄弟・夫婦といった、誰もが経験する普遍的なテーマである「家族」の物語を真正面から描いた作品となっている。 しかし、宮藤の描く「家族」はやっぱりチョッと変わっている。その全く予測不可能な展開を見せる物語を、「笑える悲劇」とも「泣け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ディア・ドクター」チラシ

この村に医者はいない。 ひとつの「嘘」。 ずっと言えずにいた、もう一つの「嘘」。 人はだれもが、何かになりすまして生きている。 その嘘は、罪ですか...。 山あいの小さな村。その村の人々から「神さま、仏さま」と慕われていた医師が、突然謎の失踪を遂げた。やがて事件は思わぬ方向へ進んでいく...。 原作・脚本・監督は、前作『ゆれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ガマの油」チラシ2

はちゃめちゃ親父がついたやさしい小さな嘘で不思議なことが巻き起こる。涙も笑いもあって予測できない不思議なことが起こるみんなの人生を、元気に笑顔で見つめられる、そんな物語。 役所広司自身の幼少時代の記憶などがエッセンスとして盛り込まれ、かけがえのない大切な人を亡くす悲しみと戸惑い、それでも人生は人と人が繋がっているのだということの喜びを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「余命1ヶ月の花嫁」チラシ

2007年4月5日、1組のカップルが都内で結婚式を挙げた。どこにでもある幸せな結婚式。しかし、24歳の花嫁は末期のガンに侵され、親族や恋人には「余命1ヶ月」と宣告されていた...。 同年7月にテレビで放送され、全国に波紋を呼んだドキュメンタリー番組「余命1ヶ月の花嫁」。そして同名のノンフェクション書籍は50万部を突破し、同世代の女性を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「アヒルと鴨のコインロッカー」チラシ

仙台在住の人気ミステリー作家・伊坂幸太郎の「アヒルと鴨のコインロッカー」。若者たちの友情と恋をミステリアスに描き、数々の文学賞を受賞した最高傑作との評価も高い小説を、原作舞台の地である仙台・宮城オールロケで映画化した作品です。 原作者本人が「原作者という立場をまったく抜きにして、言いますが、こんなに良質の映画はそうそう、ないと思います…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「銀色のシーズン」チラシ

長野県白馬村の全面協力を得て、雪山で3ヶ月にも及ぶ長期オールロケを敢行。さらに、想像を超えた究極のエンターテインメントを創り上げるため、ユニークなスタッフたちが雪山に集結した。10tトラック7,000台分の雪を用意し、撮影用モーグルコースを設営したのは、長野オリンピックで公式モーグルコースを設営したスタッフたちだった。 〈ストーリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「嫌われ松子の一生」チラシ

女の子なら誰だって、お姫様みたいな人生に憧れる。 昭和22年、福岡県大野島生まれの川尻松子もそのひとりだった。教師からソープ嬢、果ては殺人まで犯してしまう松子の壮絶な転落人生を描いて大ベストセラーとなった原作を中島哲也監督が、まるでディズニー映画のような究極のファンタジーとして映像化した作品です。 〈ストーリー〉 昭和22年に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「東京フレンズ The Movie」チラシ

2005年、異例の大ヒットとなった大塚愛主演のオリジナルDVDドラマ「東京フレンズ」がスクリーンに登場した。 自分の本当にやりたい夢を探して迷ったり、恋と夢の間で気持ちが揺れたりと、誰もが一度は体験する、青春の1ページが、さわやかな感動と共感を呼ぶ物語として描かれています。 〈ストーリー〉 高知の小さな町から東京に憧れて上京し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「嫌われ松子の一生」チラシ

女の子なら誰だって、お姫様みたいな人生に憧れる。 昭和22年、福岡県大野島生まれの川尻松子もそのひとりだった。教師からソープ嬢、果ては殺人まで犯してしまう松子の壮絶な転落人生を描いて大ベストセラーとなった原作を中島哲也監督が、まるでディズニー映画のような究極のファンタジーとして映像化した作品です。 〈ストーリー〉 昭和22年に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more