テーマ:松雪泰子

映画「古都」チラシ

川端康成の同名の長編小説を、舞台を現代に置き換え松雪泰子が双子の二役を演じて映画化した感動作。 京都で代々続く呉服店を営む千重子と、北山杉の里で働く苗子。生き別れた双子の姉妹とその娘たちは、時代が大きく移ろう中、受け継いできた伝統の継承に葛藤する...。 〈ストーリー〉 京都室町で先祖代々続く佐田呉服店を営む佐田千重子は、20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「at Home アットホーム」チラシ

数々の著作が映像化されている人気作家・本多孝好の傑作小説を、竹野内豊、松雪泰子らの出演で映画化したユニークなドラマ。 その一家は、どこにでもある普通に幸せそうなファミリーだった。が、父は泥棒、母は結婚詐欺師、長男は偽造職人で、長女とまだ幼い次男も「犯罪で生計を立てていること」を知っていた。なぜ5人は、危ない橋を渡るそんな歪な関係を選ん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「謝罪の王様」チラシ2

前代未聞、映画史上初の「謝罪エンターテインメント」超大作誕生! 物語は、架空の職業である「謝罪師」を生業とする阿部サダヲ扮する黒島譲が、ケンカの仲裁のような小さなトラブルから、政府を巻き込んだ国家存亡の危機まで、ひと癖もふた癖もある依頼人から舞い込む大小さまざまな事件に遭遇します。降り掛かる難問を次から次へと謝罪のテクニックを駆使して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「脳男 ノウオトコ」チラシ2

自らの正義のためには殺人をも厭わない美しき殺人者「脳男」。彼は生まれつき並外れた知能と肉体を持ちながら、しかし人間としての感情を持たない悲しき宿命を持つ男。 深いトラウマを抱えながら「脳男」の謎に挑む精神科医、強い正義感を持ち「脳男」を追い続ける刑事、心に底知れぬ深い闇を持つ連続爆弾魔、そして「脳男」。 様々なキャラクターたちが究極…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ホタルノヒカリ」チラシ2

わけもなく、相変わらず自宅の縁側でゴロゴロと寝転がり「トド新妻」と化していた蛍がなんと、イタリア新婚旅行に! 海外旅行なんてしたことないし、めんどうくさいったらありゃしないけど、意外とノリノリの高野部長のために行っちゃいますかハネヌーン。 ...というわけで、二人が旅先で出会ったイタリア版「干物女」・冴木莉央と、その弟・優がまき起こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「スマグラー/おまえの未来を運べ」チラシ

主人公は25歳のフリーターの青年。彼は役者の夢を挫折した上に、多額の借金まで背負ってしまう。ある日、借金返済のために闇の運送屋「スマグラー」に放り込まれる。それは、とてつもなくやばい依頼物の運搬と処理だった。仕事仲間や依頼主、強烈なキャラクターをもった裏社会のプロたちに囲まれて、真剣に生きることを諦めていた男がいやおうなしに味わう、生死…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「てぃだかんかん/海とサンゴと小さな奇跡」チラシ2

「てぃだ(太陽)」が「かんかん」照りという「幸せの象徴」を意味する沖縄のコトバを題した本作は、養殖サンゴの移植・産卵を世界で初めて成功させ2007年環境大臣賞・内閣総理大臣賞の2つを受賞した海のヒーロー「金城浩二」の「奇跡」までの10年間を徹底取材し、彼とその夢を愛する人たちが歩んできた実話をベースにした感動ストーリー。 沖縄の太陽の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「笑う警官」チラシ2

この映画『笑う警官』は実際に起こった事件を基にしたものである。 原作者の佐々木譲が「笑う警官」を書くきっかけとなったのが、2002年に北海道で起きた通称「稲葉事件」だ。北海道の現職警官が、覚せい剤使用に始まり、密売や拳銃不法所持などの容疑で逮捕されたのだ。元々、稲葉警部は銃器対策課のエース的存在であり、群を抜いた拳銃摘発数をあげていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「クヒオ大佐」チラシ1

『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』でエッジのきいた演出を見せた、吉田大八監督の最新作は、「騙される方が悪い!」と思えるようなデタラメな経歴と分かりやす過ぎる変装で、女たちを騙し推定1億円を奪った、実在の結婚詐欺師の物語。 「男よ、なぜ嘘をつく?」 金が欲しいから?...ホントの自分に自信がないから?... 「女たちよ、なぜ騙される…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「沈まぬ太陽」チラシ

「白い巨塔」「華麗なる一族」「不毛地帯」「大地の子」など、人間の本質を世に問う長編小説を次々に手がける国民的作家・山崎豊子。その原作の中で、未だ映像化されていない最高傑作「沈まぬ太陽」の完全映画化です。 物語は日本が高度経済成長を実現し、世界経済の頂点へと上りつめていく時代。巨大組織の中で翻弄されながらも、不屈の精神を持ち続け、自らの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「余命」チラシ

人気作家、谷村志穂の同名小説の映画化。監督は『手紙』の生野慈朗で、生死の究極な決断に迫られる難しいヒロイン役を演じるのは、ドラマ・映画・舞台と幅広く活躍する実力派女優・松雪泰子が熱演しています。 一人の女性の生きざまを通して、命の大切さと尊さを伝える、感動のヒューマンドラマです。 〈ストーリー〉 38歳の敏腕外科医である百田滴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「デトロイト・メタル・シティ」チラシ2

全世界売上No.1コミック(デスメタルギャグ部門)の待望の実写映画化! オシャレでポップな音楽が大好きなのに、なぜか悪魔系デスメタルバンドに? 夢か悪魔か、理想と現実。もがき苦しむごぼう男。そして、甦る魔王! オシャレなミュージシャンを目指す心優しきゴボウ男・根岸くんは、なぜかインディーズ界デスメタルのカリスマ、クラウザーII…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

映画「容疑者χの献身」チラシ

本作は、ミステリー界の巨匠・東野圭吾の原作「探偵ガリレオ」シリーズの最新作で、2006年の第134回直木賞受賞作品の映画化です。シリーズ累計350万部超という近年まれに見る大ベストセラーとして、「このミステリーがすごい!2006」第1位ほか、熱烈に支持される物語。天才物理学者・湯川学が見せる卓越した推理力と奥深い人間ドラマ、そして献身の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ベクシル 2077 日本鎖国」チラシ

本作で描かれるのは今から70年後、ハイテク技術を駆使して鎖国を強行した、未来の日本の姿である。 2077年、鎖国から10年が経過した日本の光景は?そして未来の日本人は一体どのような生活を営んでいるのか?そんな70年後の日本の姿をヴィジアル化したのは、新たな映像表現を提示した曽利文彦監督。今回は「3Dライブアニメ」という最先端の映像表現…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画「フラガール」チラシ1

ダンス教師と少女達の友情と成長を、歓びと癒しのハワイアンミュージックにのせて贈る、日本発本格ダンスムービー! 〈ストーリー〉 昭和40年、エネルギー革命により各地の炭鉱は次々と閉鎖されていった。福島県いわき市の炭鉱町も閉鎖が迫るなか、北国をハワイに変えようという起死回生のプロジェクトが持ち上がる。 目玉となるのはフラダンスショ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

映画「白鳥麗子でございます!」パンフ

容姿端麗、泣く子も黙る天下無敵の超スーパーお嬢様「白鳥麗子」。腰に手を当て「ホー、ホッホッホッホッ」の高笑いの鼻持ちならない程タカビーなのに、恋する哲也にはひたすらけなげで可愛い所を見せる、海よりも深い一途な愛と、山より高いお嬢様のプライドの板挟みがどんな事件を巻き起こすのか? 〈ストーリー〉 天下無敵のお嬢様・白鳥麗子は、普通…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more