テーマ:森山未來

映画「怒り」チラシ

世界を席巻した『悪人』の原作・吉田修一、監督・李相日が再びコンビを組んだ群像ミステリー。 顔を整形し、社会に紛れ込んだ殺人犯らしき人物と出会った、千葉、東京、沖縄の人々の身に起こる出来事を描き。人を「信じる」とは?という問いを投げかける感動のヒューマンミステリーです。 〈ストーリー〉 ある夏の暑い日に八王子で夫婦殺人事件が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「聖☆〈セント〉おにいさん」チラシ

「世紀末」という大きな仕事を終えたイエス・キリストとブッダ。彼らはバカンスを過ごそうと、Tシャツ・ジーンズ姿で東京・立川にやってきた! 『荒川アンダー ザ ブリッジ』で知られる中村光による、累計発行部数1,000万部を突破したギャグ漫画「聖☆おにいさん」の映画化。イエスとブッダが織りなす聖コメディです。 「聖人」コンビのキャストは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「髑髏城の七人 DOKURO - JO」チラシ

ド迫力のアクション、ドラマチックな展開、そして役者の体内から溢れ出るエモーション。観るものを激しく魅了し、年々ファンを増やし続ける「ゲキ×シネ」の記念すべき第10作は、『髑髏城の七人』。 「ゲキ×シネ」とは果たして「ゲキ(演劇)」なのか、「シネマ(映画)」なのか。それはこれまで抱えてきたジレンマでしたが、10作目となる『髑髏城の七人』…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「北のカナリアたち」チラシ3

東京郊外で図書館司書をしている彼女は、ある事件をきっかけに、北の離島の小さな学校で教師をしていた20年前に引き戻される。やがて、かつての教え子たち6人ひとりひとりと再会することになる「先生」。 そこから凍結されていた「真実」が思いもかけないかたちで氷解していく。そのとき、大きなキーとなるのが、子供たちの歌。単なる謎解きではなく、人と人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「北のカナリアたち」チラシ2

20年ぶりの再会。それは衝撃と感動への序曲! 先生が島を追われた日、私たちは歌を捨てた...。 吉永小百合主演最新作は、東映創立60周年記念作品『北のカナリアたち』。『告白』のヒットが記憶に新しい湊かなえ原作の「往復書簡」に収録された「二十年後の宿題」を原案に、かつてない衝撃と感動の物語が紡がれる。日本最後の秘境と言われ今も壮大な大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「苦役列車」チラシ

第144回芥川賞を受賞した西村賢太の「苦役列車」の映画化。19歳の肉体労働者、北町貫多のどうにもひねくれた青春を綴ったこの小説。主演は『モテキ』の超絶的な快演で現代を生きる男子のリアリティをダイナミックに体現した森山未來。孤独と鬱屈にねじり曲がりながら、なぜか憎めない主人公・貫多のひそやかな愛嬌を演じています。貫多と友情らしき何かが芽生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「セイジ 陸の魚」チラシ

僕は、20年前のあの夏へ帰っていく。セイジと出会ったあの夏へ...。 監督第1作目『カクト』から8年ぶりに監督に返り咲いた伊勢谷友介監督待望の第2作目は、ベストセラーとなった辻内智貴の小説「セイジ」の映画化。人が人を癒すことの難しさを描いた原作に感銘を受けた伊勢谷が、5年の月日をかけて挑んだ作品です。 セイジを演じるのは、日本映画界…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「モテキ」チラシ

160万部を超える大人気コミックス「モテキ」が、原作者書き下ろしによる完全オリジナル・ストーリーで映画化。本作では原作から2年後を描いたストーリーになっています。 恋愛偏差値の低いさえない男が、ある日突然訪れた「モテキ」に翻弄されながら、女性たちとの恋愛を通して成長したり(しなかったり)していく様をコメディタッチで描いた痛快ラブストー…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画「その街のこども 劇場版」チラシ

阪神・淡路大震災からちょうど15年目にあたる2010年1月17日、NHKで放送されたドラマ「その街のこども」は、実際に震災を体験している森山未來と佐藤江梨子の切なくリアルな演技に加え、心の傷を抱えたまま生きる若者たちを優しい眼差しで描いた作品が大きな話題を呼び、放送後には視聴者から感動と絶賛の声が多数寄せられた。その後本作は第36回放送…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「百万円と苦虫女」チラシ1

「自分探しなんてしたくない。むしろ逃げてるんです...」 百万円貯めて、誰も知らない場所...海へ、山へ、そして地方の町へ...。 監督は『さくらん』の脚本や、『月とチェリー』などを手がけた、今注目のタナダユキ。自身のオリジナル脚本で等身大の女の子を繊細かつユーモラスに描き、新たな傑作を誕生させました。そしてヒロインには、今最も注目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「フィッシュストーリー」チラシ2

もともとの小説を書いたボクが言うのも何だけど、これはバカバカしくて荒唐無稽で、「おとぎ話」のような話だ。そんなおとぎ話でも何か「届く」ものがあるはずだ、とボクは思って書いた。映画の最後、エンディング直前の数秒、「あそこ」を観るたびに、じんと来る。この人たちに映画にしてもらって良かった、と思っています。 (by. 伊坂幸太郎) 「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more