テーマ:濱田 岳

映画「ヒメアノ~ル」チラシ

古谷実原作が持つ独特な要素を含みながら、その過激な内容から物議を醸した問題作にして伝説的なコミックの映画化。 かつての同級生と再会するも、連続殺人鬼となっていた彼から命を狙われる青年が体験する恐怖を描くサスペンスです。 〈ストーリー〉 「なにも起こらない日々」に焦りを感じながら、ビル清掃会社のパートタイマーとして働く岡田。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「偉大なる、しゅららぼん」チラシ

2014年春、日本の中心に位置する謎多き湖「琵琶湖」で起こる摩訶不思議な《パワースポット・アドベンチャー》が今、動き出す! 『鴨川ホリモー』『プリンセス・トヨトミ』等、奇想天外なストーリーと軽快な語り口で次々にベストセラーを生み出し、日本中を虜にしてきた作家・万城目学。その世界観は「マキメワールド」と称され、著書が次々に映画化・ドラマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「永遠の0〈ゼロ〉」チラシ2

主題歌は、この夏ついに復活したサザンオールスターズによる「蛍」。主題歌制作のためにいち早く本編を観た桑田圭祐は、感動で号泣したと語ってます。さらに完成版を見た原作者の百田尚樹も「素晴らしい傑作。原作者なのに号泣してしまった」と大絶賛! 日本最高峰のスタッフ&キャストが贈る今年最期の感動超大作です。 司法試験に落ちて進路に迷う佐伯…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「俺はまだ本気出してないだけ」チラシ3

大黒シズオ、42歳。バツイチで子持ち。「本当の自分を探す」と勢いで会社を辞めるも朝からゲームばかり。父親には毎日怒鳴られ、高校生の娘に借金し、バイト先ではミス連発。そんなある日、突然「俺、マンガ家になるわ」と宣言。根拠のない自信をもとに出版社に持ち込みを続け、編集者に励まされつつ雑誌掲載を目指す日々。描くことがな~いと悩み、父とケンカし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ポテチ」チラシ

『アヒルと鴨のコインロッカー』『ゴールデンスランバー』と、宮城県・仙台を舞台にした映画を次々と世に送り出してきた、伊坂幸太郎(原作)と中村義洋(監督)の強力タッグが贈る新しい家族の物語。 原作は、伊坂13冊目の中短編集『フィッシュストーリー』のなかの中編「ポテチ」。仙台の街で生まれ育った2人の青年の奇妙な運命を独特の切り口で描いた感動…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ロボジー」チラシ

『ウォーターボーイズ』『スイングガールズ』『ハッピーフライト』の矢口史靖監督の待望の最新作! 主演は、シルバー人材センターで働くおじいちゃんを含め200人を超えるオーデションから選ばれた、73歳にして主役の座を射止めた五十嵐信次郎。そして本作のヒロイン、女子大生・佐々木葉子には、現在若手No.1の人気を誇る女優、吉高由里子。木村電器の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「今度は愛妻家」チラシ2

「知らなかったな、私のことそんなに好きだったなんて...」 この冬、あなたは愛されることの究極の「切なさ」を知る...。 愛情を上手く伝えられない不器用な夫・北見俊介は、明るくて気立てのやさしい妻・さくらに世話をやいてもらうのがあたりまえの生活を送っていた。かつては売れっ子カメラマンとして名も実力もあった俊介だが、今は1枚も写真を撮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「アヒルと鴨のコインロッカー」チラシ

仙台在住の人気ミステリー作家・伊坂幸太郎の「アヒルと鴨のコインロッカー」。若者たちの友情と恋をミステリアスに描き、数々の文学賞を受賞した最高傑作との評価も高い小説を、原作舞台の地である仙台・宮城オールロケで映画化した作品です。 原作者本人が「原作者という立場をまったく抜きにして、言いますが、こんなに良質の映画はそうそう、ないと思います…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more