テーマ:吉岡秀隆

映画「海賊とよばれた男」チラシ

実話を基にした百田尚樹の同名のベストセラー小説を岡田准一主演で映画化した人間ドラマ。 明治・大正・昭和の激動の時代を舞台に、名もなき一青年から身を興し、やがて戦後の日本に大きな勇気と希望を与える大事業を成し遂げていく主人公・国岡鐵造の姿を描いた壮大な大河エンターテインメントです。 〈ストーリー〉 主要燃料が石炭だった時代か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「小さいおうち」チラシ

数々の名作を世に送り出してきた山田洋次が、監督作82本目にして全く新しい世界へと踏み出した...。 ことの始まりは、山田監督が偶然手にした一冊のベストセラー小説だった。2010年に第143回直木賞を受賞した、中島京子の『小さいおうち』。読了した直後、「自分の手で映画化したい」と熱望した山田監督は、すぐに作者に思いのたけを込めた手紙を書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ALWAYS 三丁目の夕日 '64」チラシ

2005年11月に公開され、大ヒットロングラン記録を果たし、日本アカデミー賞を受賞した『ALWAYS 三丁目の夕日』。その2年後には、続編を望む多くの声に応え、『ALWAYS 続・三丁目の夕日』が公開されました。あれから5年、三丁目の住民たちがスクリーンに帰ってきました。 世界一の東京タワーが完成した「昭和33年」。 日本橋の空…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「手塚治虫の ブッダ 赤い砂漠よ!美しく」チラシ

手塚治虫の最高傑作と称され、コミック界のアカデミー賞と呼ばれるアイズナー賞最優秀国際作品部門を2度にわたって受賞した「ブッダ」。長編作品としてはキャリアで最長となる10年もの歳月を連載に費やし、まさに人生を賭けて挑んだこの作品は、ブッダの生涯を説話に基づいてなぞったものではなく、独自のドラマを構築し、圧倒的なエンターテインメントとして、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「博士の愛した数式」パンフ

「この物語の主人公、博士の記憶は80分しかもちません。80分の記憶に、人はどんな希望がもてるのでしょう。原作者・小川さんの『書き言葉』は、今スクリーンに『話し言葉』として、映像、音楽と共に甦ります。博士を取り巻く、家政婦とその息子、未亡人。先生と生徒たちとの出会い。お互いの話し言葉に、温かい春の萌しを、感じとっていただけたらと思います。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」パンフ

2005年11月に公開され、大ヒットを記録した前作『ALWAYS 三丁目の夕日』は、日本アカデミー賞をはじめ、数多くの賞を獲得した。その続編を望む多くの声に応え本作が製作されました。 物語は、前作のラストから4ヶ月後の昭和34年春から始まります。東京オリンピックの開催決定と同時に、高度経済成長時代へ足を踏み入れる日本。しかし、時代が変…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「隠し剣 鬼の爪」チラシ2

山田洋次監督の「たそがれ清兵衛」に続く、藤沢周平原作の第二弾です。 原作は「隠し剣」シリーズの中の「隠し剣鬼ノ爪」と、男女の密かな愛を描いた「雪明かり」の短編を合わせて出来た作品となっています。 時は幕末。東北の小藩である海坂藩の平侍・片桐宗蔵は、母の生前に奉公に来ていた百姓の娘きえと、三年ぶりに町で偶然再会する。宗蔵は、伊勢屋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「隠し剣 鬼の爪」チラシ

山田洋次監督の「たそがれ清兵衛」に続く、藤沢周平原作の第二弾で、原作は「隠し剣」シリーズの中の「隠し剣鬼ノ爪」と、男女の密かな愛を描いた「雪明かり」の短編を合わせて出来た作品となっています。 時は幕末。東北の小藩である海坂藩の平侍・片桐宗蔵は、母の生前に奉公に来ていた百姓の娘きえと、三年ぶりに町で偶然再会する。宗蔵は、伊勢屋という大き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画情報「第31回日本アカデミー最優秀主演男優賞」

『第31回日本アカデミー最優秀主演男優賞』 ☆吉 岡 秀 隆 「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 2005年11月に公開された「ALWAYS 三丁目の夕日」は、大ヒットもさることながら、日本アカデミー賞など各映画賞を獲得し、さらには再び日本に「昭和ブーム」を巻き起こすなど「映画」という枠を超えた「社会現象」にまでなりました。あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TV「スマステ!!月イチゴロー ランキング2」11月

イナガキ ベスト5(第2位) 映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 2005年11月に公開された「ALWAYS 三丁目の夕日」は、大ヒットもさることながら、日本アカデミー賞など各映画賞を獲得し、さらには再び日本に「昭和ブーム」を巻き起こすなど「映画」という枠を超えた「社会現象」にまでなりました。あれから2年、続編を望む数多くの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ALWAYS 三丁目の夕日」

昭和33年、日本はけっして裕福ではなかったけれど、人々は一生懸命にそれぞれの希望を持って生きていた時代の映画です。 原作は、西岸良平による「三丁目の夕日」で、連載開始から30年以上にわたって読者に愛され続け、シリーズ発行部数1,400万部を誇る人気作品です。 2007年11月3日に、本作の続編となる『ALWAYS 続・三丁目の夕日』…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ALWAYS 三丁目の夕日」チラシ

昭和33年。日本は決して裕福ではなかったけれど、人々は明るく輝いて「未来」に向って懸命に生きていた。 この年、東京タワーが着工され、まるで人々が希望を託すかのように着々と天に伸びていたのだ。そんな下町に暮らす人々の感動と希望の作品です。 2007年11月に『続・三丁目の夕日』が公開されます。 〈ストーリー〉 昭和33年、東京…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」チラシ

2005年11月に公開された「ALWAYS 三丁目の夕日」は、大ヒットもさることながら、日本アカデミー賞など各映画賞を獲得し、さらには再び日本に「昭和ブーム」を巻き起こすなど「映画」という枠を超えた「社会現象」にまでなりました。あれから2年、続編を望む数多くの声に応えて続編が作られることになった作品です。 東京タワーが完成し、年が明け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「隠し剣 鬼の爪」チラシ1

時は幕末。東北の小藩である海坂藩の平侍・片桐宗蔵は、母の生前に奉公に来ていた百姓の娘きえと、三年ぶりに町で偶然再会する。宗蔵は、伊勢屋という大きな油問屋に嫁いで幸せに暮らしているとばかり思っていたきえの、痩せて寂しげな姿に胸を痛めるのだ。それから数ヶ月後、きえが病で伏せっていると聞いた宗蔵は伊勢屋に乗り込み、強引にきえを連れ帰るのだった…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

映画「ALWAYS 三丁目の夕日」チラシ

昭和33年。日本は決して裕福ではなかったけれど、人々は明るく輝いて「未来」に向って懸命に生きていた。 この年、東京タワーが着工され、まるで人々が希望を託すかのように着々と天に伸びていたのだ。そんな下町に暮らす人々の感動と希望の作品です。 〈ストーリー〉 昭和33年、東京タワーが完成するこの年、東京下町の夕日町三丁目には、人情味…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more