テーマ:パク・チャヌク監督

映画「JSA」パンフ

1999年10月28日、午前2時16分。 11発の銃声、2つの死体。 共同警備区域(JSA)で何が起こったのか...? 分断された国家の威信を賭けた事件が勃発。不明な1発の弾痕が謎を呼ぶ...。 南北分断の象徴である38度線上の共同警備区域(JSA)で起こった射殺事件。生き残った南北の兵士たちは何故か互いに全く異なった陳述を繰り…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画「サイボーグでも大丈夫」

『オールド・ボーイ』など、いわゆる「復讐三部作」で有名になった韓国のパク・チャヌク監督が、ラブコメに挑戦。しかも韓国トップ歌手・Rain(ピ)の初主演作です。 ヒロインのヨングン役は、ドラマ「ごめん、愛してる」で注目を浴びたイム・スジョン。CGを駆使したパステル調の画像が、メルヘン世界を描き出しています。 〈ストーリー〉 舞台…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more