テーマ:染谷将太

映画「先生と迷い猫」チラシ

カタブツでヘンクツな校長先生と、亡き妻が可愛がっていた一匹の三毛猫が教えてくれる、町と人と、夫婦の愛の物語。 とある商店街に住みつくも、ある日行方不明になった三毛猫ミーちゃんと街の人々の姿を描いたノンフィクション「迷子のミーちゃん〜地域猫と商店街再生のものがたり」。同作を原案に、イッセー尾形演じる妻を亡くした元校長と地域…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「みんな!エスパーだよ!」チラシ

「デトロイト・メタル・シティ」の若松公徳による同名コミックを、染谷将太主演、園子温監督で実写化した人気ドラマの映画版。 豊川市出身で、豊橋で高校生活を過ごした園子温監督が、地元である豊橋市・豊川市を中心とした東三河地方で凱旋ロケを敢行した青春妄想ノンストップムービーです。 〈ストーリー〉 愛知県東三河に住む鴨川嘉郎は、何の取り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ソレダケ/that’s it」チラシ

『シャニダールの花』の石井岳龍監督が、2013年急逝したロックバンド「ブラッドサースティ・ブッチャーズ」のリーダー、故・吉村秀樹からの熱烈なラブコールのもと生まれた最新ロック映画。 もともとニューアルバムのリリースにあたり、映画とのコラボレーション企画を試行していたブッチャーズ。吉村秀樹は石井岳龍監督に打診、発表前の新譜楽曲を中心とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ストレイヤーズ・クロニクル」チラシ

『デスノート』『GANTZ』の製作チームによる、それぞれの特殊能力を駆使して繰り広げられる次世代アクション超大作。 悲しき宿命を背負った異能力者たちの戦いを描いた本多孝好の同名小説を、岡田将生、染谷将太ら若手実力派を起用し映画化したSFアクションです。 〈ストーリー〉 1990年代初頭、人類進化に関するある実験が極秘裏に行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「寄生獣 完結編」チラシ

豪華キャスト競演で贈る衝撃と感動の二部作の完結編。 空から飛来した謎の生物を右手に宿してしまった少年・泉新一と、同じく謎の生物に寄生され脳を支配された「パラサイト」や彼らを取り巻く人間たちが繰り広げる物語です。 〈ストーリー〉 右手に寄生生物ミギーを宿す高校生・泉新一は、要注意人物として人間からもパラサイトからもマークされ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「さよなら歌舞伎町」チラシ

『ヴァイブレータ』『やわらかい生活』と男女の心のひだを捉え衝撃を与えた監督・廣木隆一と脚本家・荒井晴彦のコンビが三度タッグを組み、歌舞伎町にあるラブホテルを舞台に身も心も剥き出しになる男女を描いた群像劇。 〈ストーリー〉 一流ホテルマンと周囲に偽る歌舞伎町のラブホテルの店長・徹。彼は有名ミュージシャンを目指す沙耶と同棲しているが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「寄生獣」チラシ

斬新な発想で人気を博した岩明均の同名コミックを、『永遠の0』の山崎貴監督が2部作として映像化したSFアクションの第1弾。 人間が食物連鎖の頂点に立つ時代は、突然、終わった。人間に寄生し、人間に擬態し、人間を補食する新種の寄生生物「パラサイト」が出現。空から飛来した謎の生物を右手に宿してしまった少年・泉新一と、彼の右手に寄生した「ミギー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ドライブイン蒲生」チラシ

監督するのは、「75歳の遅咲きの新人監督」たむらまさき。「キャメラマン・田村正毅」として知られ、小川紳介監督「三里塚」シリーズはじめ、柳町光男、相米慎二、石井聰亙監督の諸作品を手がけてきた。2003年からは「たむらまさき」名義で、『サッド ヴァケイション』(青山真治)、『私は猫ストーカー』『ゲゲゲの女房』(鈴木卓爾)など、一貫して日本の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「WOOD JOB! ウッジョブ! 神去〈かむさり〉なあなあ日常」チラシ

『ウォーターボーイズ』では男のシンクロ、『スウィングガールズ』では女子高生のビッグバンドジャズ、『ハッピーフライト』では誰も見たことのない航空業界の裏側を、『ロボジー』ではなんとロボットに入ったおじいちゃんが大活躍。これまでユニークなモチーフに目をつけ、日本中に笑いと感動を届けてきた矢口監督が次に選んだのは、なんと【林業】だった! 原…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「リアル ~完全なる首長竜の日~」チラシ2

昏睡状態から目覚めさせるため、きみの〈頭の中〉へ潜入する。 『このミステリーがすごい!』大賞受賞の傑作、衝撃の映画化! カンヌ国際、ベネチア国際、ベルリン国際など数々の映画祭で賞を受賞、海外から高い評価を受け続ける「世界のクロサワ」こと黒沢清監督が、観る者の感性の扉を開く。人間の本質をおそろしいまでに美しく表現。独特の映画のルールに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「脳男 ノウオトコ」チラシ3

生まれつき並外れた記憶力・知能・肉体を持ちながら、しかし人間としての「感情」を持たない美しき殺人者...彼の名は「脳男」。 「何が悪で、何が正義か?愛とは?心とは?」観る者の感情を大きく揺さぶる戦慄のバイオレンス・ミステリー超大作! 深いトラウマを抱えながら「脳男」の謎に挑む精神科医・鷲谷真梨子、強い正義感を持ち「脳男」を追い続ける…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「悪の教典 -アクノキョウテン-」チラシ

『黒い家』『青の炎』といった数々の話題作を世に送り出し、2012年には「鍵のかかった部屋」「新世界より」が相次いで映像化されるなど、今もっとも注目を集めている作家・貴志祐介。傑作揃いの著書の中でも、発売当初から高い評価を受け、週刊文春「2010年ミステリーベスト10」(国内部門)、宝島社「このミステリーがすごい!2011」(国内編)、で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「生きてるものはいないのか」チラシ

ジャンルを超越した世界観で今なお、世界中で熱狂的な支持を受ける映画監督、石井岳龍。『五条霊戦記 GOJYO』(00)以来、実に約11年ぶりに待望の劇場用長編作品が完成した。彼が題材に選んだのは、32歳という若さでありながら劇作家として岸田戯曲賞を受賞、小説家として芥川賞候補作を持つ新鋭・前田司郎の傑作戯曲「生きてるものはいないのか」。怪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ヒミズ」チラシ

世界が涙した!魂を揺さぶる衝撃の青春感動作! 愛と希望にむせかえる、まさかの「ヒミズ」が実写版で登場。 「行け!稲中卓球部」で時代を確立したカリスマ漫画家・古谷実がギャグ路線を完全に封印した超問題作コミック「ヒミズ」の実写による映画化です。 夢と希望を諦め、深い暗闇を歩く少年と、愛だけを信じる少女の、魂の出会い。絶望だらけの世界の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」チラシ

「みーまー」の略称で愛される累計100万部突破の大ヒット作・入間人間(いるまひとま)原作の大人気ライトノベルの実写版による映画化。 小学生の姉弟の失踪事件と謎の連続殺人事件が同時に起こっている街を舞台に、「みーくん」こと「僕」と、「まーちゃん」こと御園マユのハチャメチャで残酷で、信じられないくらい純粋な青春ラブストーリー。 〈ス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「パンドラの匣」チラシ

2009年、太宰治は生誕100年となります。今なお新しい読者を獲得し続けている「現役」の小説家であり、今年から来年にかけて太宰を原作とした映画が立て続けに公開されます。『パビリオン山椒魚』の若き天才監督・冨永昌敬が選んだのが「パンドラの匣」で、この作品はズバ抜けて異質な作品です。 日本が太平洋戦争に負けた年。結核療養のため山里の健康道…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more