テーマ:映画パンフ/カ行

映画「刑事物語/くろしおの詩」パンフ

刑事物語シリーズの第4作目、今回は武田鉄矢が心酔している坂本龍馬の故郷、高知が舞台で笑いと涙とアクションで見せる娯楽作品。 話は護送中の犯人に逃げられ責任をとってクビになった片山刑事。キャバレーの呼び込みをやっているところへ喧嘩騒ぎが勃発。片山はハンガーヌンチャクで大立ち回り、コワイお兄さんを撃退してしまった腕を買われ、ヤクザにスカウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「刑事物語3/潮騒の詩」パンフ

刑事物語シリーズの第3作目、今回は長崎県五島列島、福江市が舞台で、東京で起きた暴力団組長射殺事件の犯人は福江市の出身だったという物語。犯人を追って福江に乗り込んで来る警視庁の刑事たち。その案内役を命じられたのが武田鉄矢演じる片山刑事だった。その島で民宿を経営する母娘との心のふれ合い、射殺事件から展開していく様々な人間模様を片山刑事を通し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「刑事物語2/りんごの詩」パンフ

刑事物語シリーズの第2作目、静岡県南沼津警察署から転勤になった片山刑事は、今度は青森県へ飛ばされる。舞台は弘前市、みちのくの四季を背景に、片山刑事をめぐる様々な人間模様、りんご試験場に勤める少女との悲恋、悲しい過去を背負った女との出逢い、そしてその子供との心の交流などを通して男の本当の強さを描く作品。 胴長・短足、ボサボサ頭にヨレヨレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「刑事物語」パンフ

武田鉄矢の『刑事物語』シリーズの第1作目、気弱で冴えない刑事、片山元が転勤で飛ばされる物語。長髪に膝の抜けたズボン、どう見ても刑事には見えない、それでいて女がからむ事件しか興味がない男が、ガサ入れの現場で不幸な境遇の女と出会う。人を愛することも、愛されることも知らない女。やがて女への同情が愛に変わり、男は愛する女を守るために、素手で敢然…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「影武者」パンフ

黒澤明監督の代表作の時代劇作品といえば、『七人の侍』をはじめとして、『蜘蛛巣城』『隠し砦の三悪人』『椿三十郎』『用心棒』などが挙げられるが、本作『影武者』はその頂点に立つ作品といえる。 時は戦国、武田信玄は自らの死に臨み、3年間その死を秘密にせよと遺言した。本作は偉大な武将の影武者として生きた1人の男の悲劇と、主君の遺言を守りながらも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「キッズ・リターン」パンフ

北野武の求めるキャスティング。ブレイクする前の「無色」の俳優たちを起用し、彼らの「素」を最大限に引き出していく。今回「ふたり並べると絵になる」という監督の動物的感覚でチョイスされた金子と安藤がいかにブレイクしていくか。物語の時間軸に沿って順撮りしていく北野演出の中で、変貌していく彼らの「素」を楽しんで欲しい。 勝手気ままに生きていくふ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「キッチン ~3人のレシピ~」パンフ

天真爛漫で純粋なモレ。 幼なじみで優しい夫・サンイン。 そして、パリからやって来た自由奔放な天才シェフ・ドゥレ。 3人の愛おしくて奇妙な共同生活が始まった...。 監督は、『アンティーク ~西洋骨董洋菓子店~』で脚色を担当した、新鋭女流作家のホン・ジヨン。自然に溶け込んだように緑と光に溢れるナチュラルなインテリア、見ても美味しそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「GONIN」パンフ

バブル経済が崩壊し、社会から弾き出された5人の男がいた。多額の借金を背負いこんだ者、リストラで突然会社から解雇された者。人生の崖っぷちに立たされた彼らは、生き残りをかけて一発逆転の賭けに出る。それは、暴力団の事務所を襲い、金庫にねむっているアブク銭を強奪することだった。 計画はまんまと成功し、奪った金を山分けして5人は新たな人生を踏み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「狂気の愛」パンフ

1981年『ポゼション』ではイザベル・アジャーニ、1984年『私生活のない女』ではヴァレリー・カプリスキー、そして本作『狂気の愛』ではソフィー・マルソー、と絶えずその時代の最も最先端な女優を使い、ズラウスキー的文法(アンチテーゼ=動き回るカメラ主役の演技よりアクション優先)の中で使い切る監督が、アンジェイ・ズラウスキー。彼が描くラブ・サ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「氷の微笑〈びしょう〉」パンフ

ロック・シンガーの残虐な殺人死体が発見された。凶器はアイス・ピック。捜査を開始したサンフランシスコ市警の刑事・ニックは、容疑者にあげられたバイ・セクシャルの美人小説家・キャサリンの調査を開始する。しかしニックの隠された過去を知りつくすキャサリンは、挑発的な眼差しでニックを誘惑する。危険な罠だと知りながらも深みにはまっていくニックの前に、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「氷の微笑〈びしょう〉2」パンフ

「キャサリン・トラメル」。自らの軌跡をミステリーのかたちで表現する女性作家。明晰な頭脳と類まれなる美貌と肢体を持ち合わせる、危険に溺れる女性。セックスのあらゆるエクスタシーを求め続け、快楽のためにはどんなインモラルな行為もいとわない女豹。そんな彼女に惹き付けられる男、そして女には常に破滅が待っている...。 『氷の微笑』から14年。強…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「木更津キャッツアイ/ワールドシリーズ」パンフ

本作でついに完結。ぶっさんの死後3年。キャッツたちはぶっさんに、そして大人になりきれない自分自身に、最初で最後の「ばいばい」を言えるのか?余命半年と宣告されたぶっさんを中心とした、木更津の元高校野球部の仲間5人。昼は野球とバンド、夜はなぜか謎の怪盗団「木更津キャッツアイ」を結成した。地元木更津で巻き起したドタバタ騒ぎの日々、そしてついに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「木更津キャッツアイ/日本シリーズ」パンフ1

独特のユーモアで人気を博した宮津官九郎によるテレビ・ドラマ「木更津キャッツアイ」の劇場版です。 余命半年と医者から宣告された「ぶっさん」を中心に、木更津の元高校野球部の仲間たち、バンビ、アニ、マスター、うっちーの5人組が昼は野球とバンド、夜はなぜか謎の怪盗団「木更津キャッツアイ」を結成し、ドタバタ騒動が巻き起こる。目の前に「ひとりの仲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ゴッドファーザーPART III」パンフ

半世紀にも及ぶマフィア・ファミリーの一大年代記を詩情豊かな映像と哀切きわまりない旋律で綴った大河ロマンの第3部で最終章。フランシス・フォード・コッポラ監督入魂のこのシリーズは、1972年『ゴッドファーザー』、74年『ゴッドファーザーPART II』ともにその年のアカデミー賞最優秀作品賞に輝く栄誉を成し遂げ、トータルで21部門のノミネーシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ゴッドファーザー PART II」パンフ

前作の続編です。亡き父のあとを継いで、コルレオーネ・ファミリーのドンになったアル・パチーノのマイケルの苦悩と復讐を、亡き父が少年時代から、ロバート・デ・ニーロの青年時代にかけてゴッドファーザーの地位を築き上げたエピソードをはさみながら描いた作品です。 人間描写に力点をおいたコッポラ監督の、淡々とそしてドラマチックに創り上げた映画で、ア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ゴッドファーザー」パンフ

フランシス・フォード・コッポラ監督による、イタリアのシチリア島からアメリカへと移民したマフィアの、ドン・コルレオーネ一家三代の物語で、マフィア同士の抗争と父子、兄弟関係の家族愛を絡ませた人間ドラマです。 本作でマーロン・ブランドが、アカデミー賞主演男優賞を受賞しましたが、これを拒否しています。 〈ストーリー〉 ビトーはイタリア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「クローズド・ノート」パンフ

『世界の中心で、愛をさけぶ』の行定勲監督が、今話題の沢尻エリカ、伊勢谷友介、竹内結子という、日本映画界最高のキャストで贈る全く新しい愛の物語。 引越し先の部屋で、1冊の日記を偶然発見した女子大生・香恵。その日記には新任教師・伊吹の学校生活と恋の苦悩が書かれていた。一方、香恵もまた画家兼イラストレーターの石飛に出会って想いを寄せていく。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「交渉人」パンフ

シカゴ警察でトップの手腕を誇る人質交渉人、ダニー・ローマン。しかし、彼はある日、何者かにはめられて殺人罪と横領罪の濡れ衣を着せられてしまう。このままでは自分は破滅するしかない。だが、彼が最後に取った手段は、警察ビルに人質をとって立てこもること。そして、その間に少しでも時間を稼ぎ、真犯人を突き止めることだった。 仲間は誰も信用できない。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「クレイマー、クレイマー」パンフ

マンハッタンに住むエリート・ビジネスマンの妻が突然、7歳の子供をおいて出て行ってしまった。結婚して8年、なに不自由ないはずの妻が、自分を取り戻したいからという、男には何とも分からない理由だった。それからの夫の生活は一変した。フル回転の仕事に加えて家事と育児というなれない妻の仕事が夫に襲いかかった。とりわけ厄介なのは、母親を恋しがり、反抗…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画「キングコング2」パンフ

1976年に「キングコング」が43年ぶりにリメイクされ、今回は10年後にジョン・ギラーミン監督がまたその続編を製作しました。10年前、貿易センタービルから墜落して死んだキングコングだったが、人工心臓を移植され再び蘇る。そしてレディコングも登場して、恋をしベビーコングも誕生します。 〈ストーリー〉 10年前、ニューヨークの地上41…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「キング・コング」パンフ

オリジナルの「キング・コング」は1933年に製作され、またまた映画化されました。地図にも海図にもない伝説でのみ語られる幻の島「髑髏島(スカル・アイランド)」で捕らえられたキングコングが、文明社会「ニューヨーク」に連れて来られ悲劇的な運命をたどるという、古典的なストーリーをピーター・ジャクソンは最新のコンピューター技術で現代に蘇らせました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「空気人形」パンフ

私は、「心」を持ってしまいました。持ってはいけない「心」を持ってしまいました。 私は、「嘘」をつきました。心を持ったので「嘘」をつきました...。 古びたアパートで、持ち主である秀雄と暮らす空気人形。空っぽな誰かの「代用品」。ある朝、本来持ってはいけない「心」を持ってしまう。秀雄が仕事に出かけると、洋服を着て靴を履いて、街へと歩き出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「疑惑」パンフ

今年は、松本清張生誕100年を迎えます。悪を描いては他に並ぶものがない清張の世界を、巨匠・野村芳太郎監督がダイナミックに描いたサスペンス・ミステリー。 本作『疑惑』のストーリーは「九州一の悪」と称された「別府・3億円保険金殺人事件」をヒントにした作品で、原作「疑惑」は、発表当時、大変話題になりました。本作では舞台を九州から北陸に、そし…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画「奇跡のシンフォニー」パンフ

11年と16日。施設で育った孤独な少年・エヴァン。でも彼は信じていた。この世界のどこかで、まだ見ぬ両親が待っていることを...。 本作を製作するにあたり、最も重要な課題は、主人公の少年・エヴァンのキャスティングだった。企画当初から関わってきたプロデューサーのリチャード・バートン・ルイスは、『ネバーランド』のフレディ・ハイモアの演技を観…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「華麗な関係」パンフ

時代は1826年の春。歴史的にはルイ18世が没後、シャルル10世がフランス王位について2年目だった。 1789年のフランス革命いらい過去30年間、フランスは3つの変成をへて、共和制、王制、そして産業革命の波に揺れていた。知性も教養もあり、個人的な魅力に恵まれた、裕福な貴族でもある主人公・シャルルのような人物が、公職を離れ34歳の若さで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「グッド・バッド・ウィアード」パンフ

1930年代の満州。宝物を掘りあてようと、GOOD(チョン・ウソン)とBAD(イ・ビョンホン)とWEIRD(ソン・ガンホ)の韓国大スター3人が繰り広げる破天荒な物語。 「GOODのパク・ドウォン」は、猛獣や懸賞金付き指名手配犯など、とにかく金になるモノなら何でも捕まえる賞金ハンター。狩人らしく、射程距離が長い19世紀製造の名品「ウィン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」パンフ

「機動戦士ガンダム」「機動戦士Zガンダム」「機動戦士ガンダムZZ」という各TVシリーズが製作され、3本の劇場用映画(1980~81年)は、総観客動員数800万人という「ガンダムフィーバー」を巻き起し、社会現象にまで発展した。そして88年春、今までの「ガンダム」の魅力の総てを結集し、初の劇場用オリジナルが製作されたシリーズ第4作。 ネオ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「コンスタンティン」パンフ

地上に潜む悪魔と天使を見分ける能力を持った、キアヌ・リーヴスのコンスタンティンは、その力に苦悩して自殺未遂を起こしてしまう。宗教上では自殺者は地獄に行く事が確定したコンスタンティンは、人間の姿に化けた悪魔を退治する、天国と地獄のエージェントになるのだった。 『七大天使』 神の前に立つ事を許された7人の偉大な天使。 最後の審判の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「GOTH〈ゴス〉」パンフ

「GOTH」それは「GOTHIC(ゴシック)」の略。人間の暗黒部分に惹かれるものたちが、「GOTH」と呼ばれる。僕とクラスメートの森野がそうだ...。 カリスマ的人気作家、乙一の最大の衝撃作にして代表作の映画化。第3回本格ミステリ大賞受賞作で出世作として名高い「GOTH」は、現在、累計発行部数100万部を記録し、多くのファンに支持され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「鑑識・米沢守の事件簿(相棒シリーズ)」パンフ

TVドラマ「相棒」は、ミステリードラマとしてだけでなく、脇役にいたるまですべての登場人物にファンがつくほどの高いキャラクター性にも定評があります。その中でも、ユニークな風貌と個性的なキャラクターで人気の高い本作の主人公、警視庁鑑識課員「米沢守」。特命係の杉下右京をサポートし、難事件の真相究明に一役かっている彼が主演のサスペンス・ドラマで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more