テーマ:ホウ・シャオシエン監督

映画「百年恋歌」チラシ

男がいて、女がいる。三つの時代のそれぞれの男と女が、どんな瞬間を持ち、どんな時間を生きたのか。どんな喜びを、どんな悲しみを、どんな昴ぶりを、どんな切なさを抱いて生きたのか。ホウ・シャオシエン監督が感受し、スクリーンに描き出す。十年のように感じる一秒。瞬間のように感じる一年。愛し合う男女の間にだけ流れる時間に身を任せる濃密な映画体験が、百…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「悲情城市」

1989年ヴェネチア映画祭金獅子賞(グランプリ) 1945年の日本敗戦による解放から1949年の国民政府の統治開始に至る台湾の激動の歴史を、林家の人々を中心に描いた叙事詩大作。制作当時にタブーであった〈2.28事件〉をも堂々と描く熱い思いが全編にたぎっている。トニー・レオンとシン・シューフェンの清冽な愛の美しさが感動を呼ぶ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「百年恋歌」チラシ

男がいて、女がいる。三つの時代のそれぞれの男と女が、どんな瞬間を持ち、どんな時間を生きたのか。どんな喜びを、どんな悲しみを、どんな昴ぶりを、どんな切なさを抱いて生きたのか。ホウ・シャオシエン監督が感受し、スクリーンに描き出す。十年のように感じる一秒。瞬間のように感じる一年。愛し合う男女の間にだけ流れる時間に身を任せる濃密な映画体験が、百…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more