テーマ:エドワード・ノートン

映画「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」チラシ

かつてスーパーヒーロー映画でスターになった男が、家族の愛と人生を取り戻すためブロードウェイの舞台に挑む姿を描くブラック・コメディ。 本年度(2014年)アカデミー賞を作品賞ほか最多4冠に輝く今年最高の作品で、主演は『バットマン』のマイケル・キートンが人生をやり直そうとする男を演じます。 〈ストーリー〉 映画シリーズ終了から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ムーンライズ・キングダム」チラシ

『ダージリン急行』『ファンタスティック Mr. FOX』など、そのユニークなセンスでファンを刺激し続けてきたウェス・アンダーソン監督の最新作。第65回カンヌ国際映画祭でオープニング作品とコンペティション部門に同時に選ばれるという極めて稀な事態を引き起こした話題作です。 1965年、ニューイングランド沖にある小さな島で、12歳のサムとス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ボーン・レガシー」チラシ2

CIA極秘計画が暴かれた時、国家はすべてを「遺産〈レガシー〉」にする..。 記憶を失い、愛する者を奪われた最強の元暗殺者「ジェイソン・ボーン」とCIAとの死闘を描いたこのシリーズは、第3作『ボーン・アルティメイタム』によって完結。暗殺者養成のCIA極秘プログラム「トレッドストーン計画」は白日の下に晒され、国家の陰謀は崩壊したはずだった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「インクレディブル・ハルク」パンフ

科学者ブルース・バナーが実験中の事故で多量のガンマ線を浴びたことにより、「怒り」の感情などによって心拍数が200を超えると超人「ハルク」に変化する。グリーンの肌、隆起する筋肉、そして超人的な体力...。自身が全く望んでいないこの変身は、科学者ブルース・バナーに過酷な運命を背負わせ続けた。ハルクの「力」を恐れ、嫌い、封印し、逃亡者として隠…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「レッド・ドラゴン」パンフ2

類まれなる知性を誇り、何ものも見透かす洞察力と天才的頭脳をもち、人間の闇の部分に分け入ることを自ら選んだ殺人鬼、ハンニバル・レクターと、赤き竜(レッド・ドラゴン)こと「噛み付き魔」との頭脳戦。 本作は絶対悪の化身となったレクター博士の根源を探りつつ、人間の心に潜む「悪魔」との相克を深く描いたサイコ・スリラーです。 〈ストーリー〉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「スコア」パンフ

主演のロバート・デ・ニーロが演じるのは、25年間一度もミスを犯したことのない盗みのプロフェッショナル、ニック・ウェルズ。金庫破りを専門とし、彼に開けられない金庫は存在しない。あらゆるテクニックを駆使して、短時間で的確に仕事を成し遂げる男。本作で出演約50作品を数えるデ・ニーロは、その卓越した演技と表情で、緊迫した「盗み」の瞬間を見事に表…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「インクレディブル・ハルク」新聞

『スパイダーマン』シリーズを生んだマーベル・コミックから1962年に原作が出版されて以来、常に怒りキャラ、キレキャラとして親しまれていたハルクが、本作で劇的な進化を遂げた。ネガティブからポジティブになったハルクを目撃せよ! 〈ストーリー〉 遠くブラジルで潜伏し、逃亡生活を送るブルースに軍の追跡が迫る。闘いを余儀なくされたブルース…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画情報「幻影師アイゼンハイム」

19世紀末、芸術と文化の都ウィーンを舞台に、当時の人気職業だった「幻影師」と公爵令嬢との格差愛を、ハプスブルク王室末期の人間模様と世紀末の世相を絡めて描く。全米では小規模公開ながら口コミ異例のロングラン大ヒットを記録してその面白さを証明した快作。 滋賀会館シネマホール 製作/2006年 公開/2008年7月23日  アメリカ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「インクレディブル・ハルク」チラシ

これまでに何度も映画化されてきた人気ヒーロー、超人ハルク。怒りで緑の姿に豹変し、悪を倒すことでおなじみの彼が、今作では怒りを抑え、力に悩み、そして愛に目覚めるストーリー。実験事故に遭い、全身緑色の超人ハルクに変身する肉体になった科学者バナー。彼はそのパワーを軍事利用しようと企むロス将軍から逃れ、孤独な逃亡生活を続けながら元の体に戻る方法…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「幻影師アイゼンハイム」チラシ

ミステリー作家スティーブン・キングが「繰り返し何度も観たくなる!特別な1本!!」と絶賛し、全米わずか51館の小規模ながら、その出来栄えの良さが次々と口コミを呼び、異例のロングラン大ヒットを記録した作品。 〈ストーリー〉 19世紀末ウィーン。ハプスブルク帝国末期の文芸文化の都では、大掛かりな奇術=イリュージョンが一世を風靡していた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「レッド・ドラゴン」チラシ

ハンニバル・レクター。類まれなる知性を誇り、何ものも見透かす洞察力と天才的頭脳をもった殺人鬼。レクターのカリスマ性を完全なものとする謎を解きながら、もう一人の殺人鬼レッド・ドラゴンの存在をクローズアップする。この連続殺人は、卓越したプロファイラーでありながらレクター事件の衝撃で精神的に傷付き、引退した元FBI捜査官ウィル・グレアムが捜査…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「レッド・ドラゴン」チラシ

ハンニバル・レクター。類まれなる知性を誇り、何ものも見透かす洞察力と天才的頭脳をもった殺人鬼。レクターのカリスマ性を完全なものとする謎を解きながら、もう一人の殺人鬼レッド・ドラゴンの存在をクローズアップする。この連続殺人は、卓越したプロファイラーでありながらレクター事件の衝撃で精神的に傷付き、引退した元FBI捜査官ウィル・グレアムが捜査…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more