テーマ:釣崎清隆監督

映画「死化粧師オロスコ」

世界一治安が悪い国のひとつであるコロンビアでも特に危険な地域に潜入し、エンバーマー(死化粧師)オロスコを3年間にわたり記録。この国の血まみれの現代史を生き抜き、暴力の犠牲になって死んでいった人々を数知れず弔ってきたオロスコ。 これは人間の生と死の映像叙事詩である。2001年、モントリオール世界映画祭選出作品。 カナザワ映画祭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ジャンクフィルム 釣崎清隆残酷短編集」

「死」をテーマにタイ、コロンビア、ロシア、パレスチナ、インド、そして日本で撮影された映像で構成する13のオムニバス。 観る者に生と死の核心を問い、突付ける21世紀の『残酷物語』です。2008年、ロッテルダム国際映画祭、バルセロナアジア映画祭出品作品。 カナザワ映画祭2008「フィルマゲドン」 9月12日(金)~19日(金)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more