テーマ:デンゼル・ワシントン

映画「マグニフィセント・セブン」チラシ

名作『荒野の七人』をアントワーン・フークア監督がリメイクした西部劇。 金目当てに集められた7人のアウトローたちだったが、圧倒的な人数と武器を誇る敵を前に、一歩もひるむことなく命がけの戦いに挑んで何かに目覚めていくアクション超大作です。 〈ストーリー〉 冷酷非道な悪漢バーソロミュー・ボーグに支配された町で、彼に家族を殺された…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「イコライザー」チラシ

80年代に人気を博したTVドラマをデンゼル・ワシントン主演でリメイクしたサスペンス・アクション。 元CIAの諜報員が偶然出会った娼婦の少女・テリー(クロエ・グレース・モレッツ)を救うべく、身近な武器を手にロシアンマフィアに戦いを挑んでいく...。 クロエ・グレース・モレッツがこれまでのイメージとは異なる、物語のカギを握る娼婦に扮して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ザ・ハリケーン」パンフ

1冊の本が少年の人生を変え、彼の送った1通の手紙が、絶望のどん底にあった男の心の希望の光をともした。男の名は、ルービン・「ハリケーン」・カーター。ボブ・ディランのヒット曲「ハリケーン」を通じて生ける伝説となった彼は、キャリアの絶頂期に殺人罪に問われ、人種偏見の入り交じった裁判によって終身刑を宣告された不世出のボクサーである。その彼が獄中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「2ガンズ」チラシ

潜入捜査で転がり込んだ40億円、誰のモノ? 信じられるのは、汚れた「金」か? 汚れた「組織」か? 汚れた「相棒」か? 麻薬捜査官ボビー・トレンチに『トレーニング・デイ』でアカデミー賞主演男優賞受賞のデンゼル・ワシントン。相棒の海軍将校マイケル・スティグマンには『TED』で今年大ブレイクのマーク・ウォールバーグ。ボビーを振り回す愛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「フライト」チラシ

本年度アカデミー賞最有力候補!(主演男優賞、脚本賞にノミネート) アカデミー賞受賞監督、『フォレスト・ガンプ/一期一会』のロバート・ゼメキスと、『トレーニングデイ』『グローリー』で2度アカデミー賞を受賞したデンゼル・ワシントンが贈る、壮大なスケールと奥深いヒューマンドラマに、サスペンスが加わった超大作。 多くの命を救った高度3万フィ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「デンジャラス・ラン」チラシ

彼はCIA史上最高のエージェントだった。悪に染まるまでは...。 「トビン・フロスト」。世界36カ国指名手配、14の国籍を使い分ける、人の心を操る天才、最高機密情報を売り歩く、アメリカ国家の裏切り者! 悪に染まった伝説のCIAエージェントと逃げ続ける、危険すぎる32時間の物語。 〈ストーリー〉 最果ての地、南アフリカにあるC…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「アンストッパブル」チラシ

2001年5月15日にアメリカ北東部で大事件が起こった。危険物質を大量に積んだ無人の列車が、突如暴走を始めたのだ。時速100キロ以上で突っ走る「恐怖の巨大ミサイル」と化したその列車は、もはや鉄道会社や警察にも止められない。しかも行く手には多くの民家が立ち並ぶ街があり、誰もが甚大な被害を免れないと思ったのだ。この実際にあった未曾有の鉄道事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TV「スマステ!!月イチゴローランキング5」6月

スマステ!!月イチゴロー ランキング2010.6.26 イナガキ ベスト5(第5位) 映画「ザ・ウォーカー」 全てを失った世界。焼き尽くされたアメリカ大陸。崩壊した大都市の廃墟に、わずかに生き残った人々に未来の希望はなかった...。 そんな荒れ果てた大地をただ一人歩き続ける男がいた。誰が名づけたかその男は「ウォーカー」と呼ば…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画「ザ・ウォーカー」チラシ

全てを失った世界。焼き尽くされたアメリカ大陸。崩壊した大都市の廃墟に、わずかに生き残った人々に未来の希望はなかった...。 そんな荒れ果てた大地をただ一人歩き続ける男がいた。誰が名づけたかその男は「ウォーカー」と呼ばれ、30年の長きに渡り、世界に1冊しかない「ある本」をたずさえ、西へと向かって旅を続けていたのだ...。 〈ストー…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画「デジャヴ」パンフ

人類にとっての最大のミステリーとは、恐らく「自分自身」ではないだろうか。例えば、「デジャヴ(既視感)」。初めて体験することなのに、以前にどこかで体験したような、あの奇妙な感覚...。時に記憶の奥底を撹拌するかのような不気味な恐怖をもたらし、時に母の胎内で守られているような優しいノスタルジーで包み込む、説明不可能なこの現象は、果たして何を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「サブウェイ 123」チラシ

本作は、1974年に製作された『サブウェイ・パニック』のリメイクです。 ニューヨーク市営地下鉄の配車係、ウォルター・ガーバーの平凡な一日は、無謀な犯罪により大混乱に陥る。武装ギャングのリーダーであるライダーと名乗る男から、巨額の身代金が1時間以内に支払わなければ乗客を処刑すると脅迫してきたのだ...。 地下鉄のことなら、全てを熟知し…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画「アメリカン・ギャングスター」パンフ

まるでウォール街の証券マンのように、ピンストライプのスーツを優雅に着こなすフランクのスマートなキレ者ぶりを、凄みとセクシーさをたたえて演じるデンゼル・ワシントン。仕事は誠実にこなすがプライベートではだらしないリッチーの人間味あふれる性格描写に、バツグンの上手さを見せるラッセル・クロウ。ゴージャスな演技対決を見せる二大スターが、巨匠リドリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TV「スマステ!!月イチゴロー ランキング5」2月

イナガキ ベスト5(第5位) 映画「アメリカン・ギャングスター」 マフィアが100年かかっても出来なかったことをたった一人で成し遂げた黒いカリスマvs警察組織が100年がかりで築いた悪しき慣習をぶち壊した変革者の刑事。激動する時代の荒波を泳ぎながら、それぞれが属する世界でエポック・メイキングを達成した二人の男たち。彼らの容赦ない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「アメリカン・ギャングスター」チラシ2

デンゼル・ワシントンとラッセル・クロウの二大演技スターが、巨匠リドリー・スコットのメガフォンのもと、男と男の競い合う、最高にグラマラスな実録クライム・アクションが誕生した。 マフィアが100年かかっても出来なかったことをたった一人で成し遂げた黒いカリスマvs警察組織が100年がかりで築いた悪しき慣習をぶち壊した変革者の刑事。激動す…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画「ジョンQ -最後の決断-」パンフ

ある日突然、最愛の息子が心臓病を患い、昏睡状態に陥る。適用されるはずの保険が利かない。会社が社員に内緒で保険ランクを下げていたのだ。オプションで付けていた高額医療保険も受けられない。仕事もリストラされ、パートタイマーに格下げされていた。国の補助も受けられない。その間にも、子供はどんどん衰弱していく。父親のジョンQは拳銃を手に、大病院の救…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「インサイド・マン」チラシ

犯人/私は銀行を襲う完全犯罪を計画し、実行した。目的は...。 交渉人・女性弁護士/私はある目的のため、犯人の要求をのむことにした。内容については何も話せない。クライアントと私の問題だから...。 捜査官/奴らの要求は口先だけで、明らかに時間稼ぎをしている。「内にいる者(インサイド・マン)」だけが知っている本当の目的は何だ...。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ボーン・コレクター」パンフ

誘拐、監禁、残忍な手口の殺し。それは想像を絶する猟奇殺人事件。恐怖に震えるニューヨークで次々と発見される異形の屍(しかばね)。現場に残されたのは、人間の形を成さない肉のかたまりと複雑な謎を秘めたメッセージだけだった。年代物のボルト、80年前の拳銃、有毒公害物質アスベスト、光沢のある砂、毛髪の付着した木片、子牛の骨、骨の中に隠された紙切れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「デジャヴ」チラシ

初めて会った人なのに、なぜか見覚えがある。初めて行った場所なのに、どこか懐かしさを感じる。私たちの日常の中で、不意に現れる数々の「デジャヴ」。それらは単なる「錯覚」ではなく、ときにはあなたの運命を大きく変えてしまうものかもしれません...。 〈ストーリー〉 543名もの犠牲者を出した、凄惨なフェリー爆破事件。政府特別捜査官ダグ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「インサイド・マン」チラシ

犯人/私は銀行を襲う完全犯罪を計画し、実行した。目的は...。 交渉人・女性弁護士/私はある目的のため、犯人の要求をのむことにした。内容については何も話せない。クライアントと私の問題だから...。 捜査官/奴らの要求は口先だけで、明らかに時間稼ぎをしている。「内にいる者(インサイド・マン)」だけが知っている本当の目的は何だ...。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more