テーマ:志田未来

映画「おかあさんの木」チラシ

小学校・中学校から高学年の国語教科書に採用されてきた大川悦生の児童文学を鈴木京香主演で映画化したヒューマンドラマ。 7人の息子を戦争にとられ、その無事を祈って、7本の木を植えた母親。家で息子たちの帰りを待つ母親の愛や普遍的な親子の愛を描く感動作です。 〈ストーリー〉 現代。土地の整備事業が進むのどかな田園地帯に、凛と佇む7本の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「POV〈ピーオーヴイ〉 ~呪われたフィルム~」チラシ

世界を席巻する「ジャパニーズ・ホラー」の巨匠・鶴田法男監督の最新作! これは、主演キャストの志田未来、川口春奈と番組関係者が実際に体験した映像と、川口春奈が通っていた中学校の「学校の怪談」を撮影した心霊ビデオを元に制作された映画です。 発端となった番組関係者、主演の二人が所属する芸能事務所が、公にされることを頑に拒んできた映像を、ジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「借りぐらしのアリエッティ」チラシ

宮崎駿が、この企画をやろうと言い出したのは、2008年の初夏だったと記憶しています。 一方、ぼくは、別の企画を考えていて、どっちがいいのか、何度も議論を尽くしたのですが、ふたりとも譲らず、これじゃあ、何も決まらないので、結局、ぼくが年上の宮さんを立てることで決定に至りました。 この「床下の小人たち」は、なんでも、その昔、宮さんの若き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「誰も守ってくれない」チラシ2

刑事と少女の2人の姿を通して見えてくるもの。それは、現代社会の理不尽さ、非常さ、人間の危うさ、そして生きていく強さ。誰も守ってくれない状況の中、過去の事件で深い傷を抱えた刑事が、その年齢では受けとめ切れないほどの傷を負った少女を守るということ。反発していた二人が心を通わせた時、それぞれに新たな道を歩き出す...。 本作は二人の姿を通し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「母〈かあ〉べえ」チラシ4

人々から平和な暮らしを奪った激動の時代。しかし、そこには父と母が信じ合い、子供たちを守り抜く家族の愛があり、他人同士でも困った時は助け合う思いやりがあった。そんな今の日本が失いかけている心を描き、困難な時にこそ信じるものは何かを問いかける感動作。それが「母べえ」である。 山田洋次監督の最新作『母べえ』。原作は、黒澤明監督作品のスク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more