テーマ:リーアム・ニーソン

映画「誘拐の掟」チラシ

『羊たちの沈黙』『ドラゴン・タトゥーの女』『プリズナーズ』を超える心理サスペンスの傑作。アメリカ探偵作家クラブ(MWA)のグランドマスター賞など数々の受賞歴を誇る巨匠、ローレンス・ブロックの代表作「マット・スカダー」シリーズの一編「獣たちの墓」を映画化。 『96時間』シリーズではアクション俳優として名声を確立したリーアム・ニーソンが次…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ラン・オールナイト」チラシ

窮地に追い込まれれば追い込まれるほど、圧巻の強さを発揮するリーアム・ニーソン。『96時間』シリーズの元CIA工作員、『フライト・ゲーム』の航空保安官...。これまで、どんな絶望的な状況におかれても、戦い、守り、自身も生き抜いてきた最強の男が、今回は、全ニューヨークから狙われる! リーアム・ニーソンが『アンノウン』のジャウム・コレット=…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「96時間 レクイエム」チラシ

あらゆる観客を熱狂させた「無敵の父親」のシリーズ最新作にして最終話となるアクション映画。 家族のために単独で悪に挑んでいく元CIA捜査官の最強の父親の活躍を描く、リーアム・ニーソン主演の第3弾。何者かに元妻を殺され、残された娘を守るために巨悪に挑んでいく。 〈ストーリー〉 ヨーロッパの犯罪組織を壊滅させた元CIA捜査官ブライア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「フライト・ゲーム」チラシ

大西洋上空の機内で航空保安官ビルに届いた脅迫メール、予告通りに始まった、姿なき犯人による連続殺人。乗客乗員全員が容疑者、そして彼さえも...。 「1億5千万ドル送金しなければ、20分ごとに1人殺す」。NY発ロンドン行きの機内で、航空保安官ビル・マークスの携帯に届いた匿名の脅迫メール。その瞬間、乗客146人が容疑者に!この完全なる密室で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「サード・パーソン」チラシ

パリのホテルにこもって最新作を執筆中の小説家と、作家志望の若き愛人。ローマの、娘を奪われた人を信用できない女と、イタリア嫌いのアメリカ人の男。ニューヨークのホテルで客室係として働きながら、現代アーティストの元夫から息子を取り戻そうとする元女優。一見、何の接点もないようなエピソードが、クライマックスに向けて衝撃的な形で交差していく。 3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「96時間 リベンジ」チラシ

2008年全米初登場1位、9週連続トップテン入りを果たし世界中で大ヒットした『96時間』。普段は穏やかな男がパリで誘拐された最愛の娘を救うと誓った瞬間、何の躊躇もなく冷酷非情なタフガイに豹変し、驚愕の「特殊技能」によって悪党どもをなぎ倒していく。そんな元CIA秘密工作員の主人公ブライアン・ミルズの魅力的なキャラクターとノンストップのスト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「THE GREY 凍える大陽」チラシ

石油採掘現場で働く屈強な男たちを乗せた飛行機が、アラスカの荒野に墜落。生き残った7人の男たちは、極寒の大雪原に放り出される。すべてが寒さで凍りつき、満足な武器も食糧もなく南へと移動を始めた彼らを待ち受けていたのは、荒れ狂う大自然の猛威と、縄張りを侵されたオオカミたちの容赦ない攻撃だった。一団のリーダーとなった射撃の名手・オットウェイを中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「バトルシップ」チラシ2

100周年を記念して放つアニバーサリー超大作! ハワイの海上にアメリカを始めとする世界各国の自衛艦が集結し、大規模な軍事演習が行われていた時、沖合に正体不明の巨大な物体が出現、兵士たちは目を疑う。なんとそれは、エイリアンの母船だったのだ。彼らは次々と未知の武器を繰り出し、激しい攻撃を仕掛けてくる。最前線に立たされたのは、ライバル心を燃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス 3D」チラシ

『スター・ウォーズ』シリーズ第一章『エピソード1/ファントム・メナス』が、ついに3D化で、劇場初公開の追加シーンも含んでの新バージョンでスクリーンに登場! ジェダイの騎士クワイ=ガン・ジン、オビ=ワン・ケノービとアナキン・スカイウォーカー少年の運命的な出会い、そしてめくるめく大冒険を描き上げた『エピソード1』は、まさに3Dこそふさわし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「特攻野郎 Aチーム THE MOVIE」チラシ

TVドラマ「スパイ大作戦」の映画化『ミッション:インポッシブル』など、人気TVシリーズの映画化を成功させてきたハリウッドで、これぞ本命たつプロジェクトが実現した。どこからともなく駆けつけ、「弱きを助け、悪をくじく」の心意気を貫く4人組の特殊部隊の男たち、その名も「特攻野郎Aチーム」。1980年代に全米のみならず、日本でも多くの熱狂的ファ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「タイタンの戦い」チラシ

個性豊かな神々と、多彩な英雄たちの物語が展開するギリシャ神話。神と人間の戦いを描いた『タイタンの戦い』は、壮大な神話の世界をベースに綴った一大エンタテインメントです。「タイタン」とは、大地の女神ガイアが生み出した巨人族の神のこと。本作では、オリンポスに君臨するゼウスや冥界を支配するハデスをはじめとする神々を指しています。主人公ペルセウス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「96時間」チラシ

リュック・ベッソンが放つアクション・スリラー。「誘拐」をモチーフにした犯罪劇だが、かつて誰も見たことがないストーリー展開。 誘拐被害者の父親が警察などの助けを借りずに、たった独りで異国の敵の縄張りに丸腰で潜入し、最愛の娘の奪還を試みるという追跡劇。しかも闘う相手はヨーロッパの裏社会にネットワークを張り巡らせる人身売買マフィアで、彼に与…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ダーティハリー5」パンフ

ダーティハリー・シリーズ第5弾。第1作から17年、4作目から4年がたち、いままたサンフランシスコ市警殺人課所属のハリー・キャラハンこと「ダーティハリー」が帰って来た。 「ゴー・アヘッド・メイク・マイ・デイ(一発、頭にぶち込んでやろうか!)」の名セリフと共に、凶悪犯たちを震え上がらせたハリー。しかし、今度はハリーは今までにない敵を迎え、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「バッドマン ビギンズ」パンフ

バットマンの原作コミックスの第1号が発刊されたのは、1940年春。バットマンのアルティメット・ガイド・ブックや、アメコミに登場した「有名悪役」を紹介する「悪役辞典」などによると、ジャック・ニコルソンが演じた「ジョーカー」が原作に登場したのは、40年の春の号。ダニー・デヴィートが扮した「ペンギン」が、41年の12月号。ジム・キャリーによる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「バットマン ビギンズ」パンフ

ブルース・ウェインは富豪の家に生まれ、愛情深い両親に囲まれて何不自由ない生活を送っていた。彼が8歳のとき、幼なじみのレイチェル・ドーズと追いかけっこをするうち、あやまって古井戸に落ちてしまう。すぐに父親が助け出してくれたが、暗闇の中でコウモリの群れに襲われた経験は、彼の心に一生忘れられない怖い体験だったのだ...。 バットマンの原作コ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TV「スマステ!!大人が選ぶ泣ける洋画ベスト30」第10位

378P 映画『シンドラーのリスト』 全国2,000人(20代~60代)に、 泣ける洋画ベスト3を調査  1位=5P(ポイント)  2位=3P(ポイント)  3位=1P(ポイント) 1980年、オーストラリアの作家トーマス・キニーリーは、アメリカ旅行の途中でビバリー・ヒルズの、あるかばん屋を訪れた。そこの主人レオポル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ダーティハリー5」チラシ

今回は、強引かつ手荒な捜査方法ゆえに「ダーティハリー」は、凶悪犯の標的にされる。 有名になったハリー・キャラハン警部は、予想してそれが当たると賞金がもらえる、死亡予想の賭けの対象になるのだ。それで凶悪犯人から命を狙われることになるのだった。 『S&W(スミス&ウェッソン)MODEL 29』 口 径/.44マグナム 装弾数/6…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「シンドラーのリスト」パンフ

1980年、オーストラリアの作家トーマス・キニーリーは、アメリカ旅行の途中でビバリー・ヒルズの、あるかばん屋を訪れた。そこの主人レオポルド・ペファーベルクから、オスカー・シンドラーの話を聞かされる。彼はその時80歳で元ポーランドの陸軍中隊長であり、アウシュビッツから奇跡の生還を遂げた「シンドラーの生き残り組」の一人だったのだ。 〈…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「K-19」チラシ2

ソ連が極秘に開発した原子力潜水艦K-19。アメリカとの核戦争に備えた北極圏での過酷なミッションの最中に、艦の原子炉に生じた小さなひび割れ。これが一瞬のうちに128名の乗組員、そして全世界を恐怖とパニックのどん底に突き落とすことになる。「ウィドーメーカー」という不吉な異名をもつこの艦の処女航海から全ての悪夢は始まっていた。潜水艦の限界深度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「シンドラーのリスト」パンフ

1980年、オーストラリアの作家トーマス・キニーリーは、アメリカ旅行の途中でビバリー・ヒルズの、あるかばん屋を訪れた。そこの主人レオポルド・ペファーベルクから、オスカー・シンドラーの話を聞かされる。彼はその時80歳で元ポーランドの陸軍中隊長であり、アウシュビッツから奇跡の生還を遂げた「シンドラーの生き残り組」の一人だったのだ。 〈…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more