テーマ:寺島しのぶ

映画「千年の愉楽〈せんねんのゆらく〉」チラシ

紀州が生んだ鬼才・中上健次の代表作「千年の愉楽」を、若松監督が映画化。舞台となったのは、眼下に美しい尾鷲湾を見下ろし、背後には紀州の深い緑が連なり、斜面に建つ趣ある家々を縫って小さな路地が巡る、三重県尾鷲市の静かな集落、須賀利。昭和の薫りが色濃く漂うこの集落で若松監督が描き上げたのは、匂い立つような命、不条理ゆえ美しい命の讃歌です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ヘルタースケルター」チラシ

全身整形のトップスター・りりこが巻き起こす事件! 衝撃と愛の極彩色エンターテインメント。 世紀を超えた伝説的熱狂コミック、驚異の映画化! 原作は、第8回手塚治虫文化賞マンガ大賞に輝く岡崎京子による伝説的熱狂コミック。岡崎作品で、初の映画化となる。監督は、世界的フォトグラファーで、初監督作『さくらん』がベルリン国際映画祭に正式出品、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「キャタピラー」チラシ

戦争とは、人間が人間に、犯され、切り刻まれ、焼かれることだ。 人が、人を、犯すことだ。 人が、人を、切り刻むことだ。 人が、人を、焼き殺すことだ。 若松孝二は問う。「正義の戦争が、どこにあるのか!」 戦争の20世紀を経て、今もまだ同じ過ちを繰り返すこの世界に、若松はこぶしを振り上げ、叫び続ける。 血にまみれた大地のにおいを忘…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「人間失格」チラシ

いまなお愛され続ける文豪・太宰治。生誕100年を迎える今年。彼の代表作にして最高傑作と言われる「人間失格」が、日本映画界が誇る最高のスタッフとキャストによってついに映画化されます。 自由奔放であると同時に、孤独を抱えきれず、弱さを露呈して生きる主人公・葉蔵。やるせないほど世間に、そして恋に翻弄される男の心のさまよいを描く本作は、混迷の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「茶々/天涯の貴妃〈おんな〉」チラシ2

「大坂城を落とす。」 1615年大坂の陣、天下二分に終止符を打つ最後の戦い。 それは、戦国の女たちが仕掛けた血脈の戦いの壮絶なる決着となるのか? 豊臣秀吉の側室となり、徳川家康と天下を賭ける決戦を繰り広げ、後に「淀殿」と呼ばれた茶々の激動の生涯を、壮大なスケールで描いた時代劇大作です。 『茶々(淀殿)の出生の秘密』 歴史上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「愛の流刑地」パンフ

ある朝一人の男が逮捕された。情事の果てに女性の首を絞めて殺したのだ。男はかつて恋愛小説のベストセラー作家だったが、今では世間から忘れ去られていた。男はなぜ女を殺したのか?そして女はなぜ死を望んだのか?男は「愛しているから殺した」と言うだけだった。 原作はベストセラー作家・渡辺淳一で、2004年11月から2006年1月まで、日本経済新聞…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

映画「愛の流刑地」チラシ

原作は、ベストセラー作家・渡辺淳一が、男と女の根源的な相違をテーマに、深遠な愛の形を描いた恋愛小説「愛の流刑地」。 2004年11月から2006年1月まで、日本経済新聞で連載され、読者である経営者、サラリーマン、OLの間で朝の話題は「愛ルケ」から始まるとされ、その一方、過激さゆえに賛否両論を巻き起こした話題作です。 〈ストーリー…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

映画「待合室 -Notebook of Life-」チラシ

新聞記事に触発され、実際に小繋(こつなぎ)を訪ね、モデルとなったおばさんにも会い、映画化を志したのは脚本家出身の板倉真琴。主演の富司純子、寺島しのぶの脇を固めるのは、監督デビューも果たし、俳優としても定評のあるダンカン、さらにあき竹城、斉藤洋介、桜井センリ、そして風見章子といったベテラン俳優陣が熱演しています。 〈ストーリー〉 …
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

映画「大停電の夜に」チラシ

イルミネーションに彩られ、東京がいちばん輝く聖なる夜。すべての光が一瞬に消えた。 これは12月24日の夜に始まり、25日の朝までの一夜かぎりの物語。それぞれの胸に灯った「想い」が、真っ暗な東京でそれぞれの光を放ちます。 〈ストーリー〉 かつての恋人を待ち続けるバーのマスター。 妻と恋人の間で揺れる会社員。 「ある迷い」に悩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more