テーマ:榮倉奈々

映画「64 ロクヨン 後編」チラシ

横山秀夫のベストセラーを前後編の2部作として映画化したミステリーの後編。 わずか7日間しかなかった昭和64年に発生し、未解決となっている少女誘拐殺人事件の解明に挑む刑事と、彼を取り巻く人々のドラマが描かれます。 〈ストーリー〉 昭和最後の年、昭和64年に起きた少女誘拐殺人事件は刑事部で「ロクヨン」と呼ばれ、被害者が死亡し未解決…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「図書館戦争 THE LAST MISSION」チラシ

武力による検閲から本を守る防衛組織・図書隊の活躍を描く、人気作家・有川浩のベストセラー小説の実写による映画化第2弾。 ヒロインの郁を榮倉奈々、上官の堂上を岡田准一が演じるなど、前作のキャストが再登板。松坂桃李が演じる図書隊壊滅を目論む男の陰謀に立ち向かう。 〈ストーリー〉 近未来の日本。国家による思想検閲やメディア規制が広…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「娚〈おとこ〉の一生」チラシ

西炯子の同名ベストセラーコミックを、榮倉奈々&豊川悦司主演で映画化した大人のためのラブストーリー。 自分は幸せになれないと決め込んでいた女性と、恋愛を拒み、落ち着く家庭を得ることはないと信じ込んでいた50代の大学教授。二人のちぐはぐな生活と、ゆっくりと「人を愛する」ということに向き合ってゆく姿を描いた大人のラブストーリーです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「MIRACLE〈ミラクル〉デビクロくんの恋と魔法」チラシ

クリスマスソングの定番として知られる山下達郎の名曲「クリスマス・イブ」をモチーフにした中村航の原作小説「デビクロくんの恋と魔法」を映画化したミラクル・ラブストーリー。 漫画家を夢見る書店員、オブジェ作家の卵、照明アーティスト、売れっ子漫画家という片想い中の4人に、聖なる夜「奇跡」が舞い降りる。 〈ストーリー〉 優しすぎて気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「わたしのハワイの歩きかた」チラシ

仕事でのストレスを抱えたOLが初めてやってきた常夏の島、ハワイで個性的な人々と出会い、大切なものを見つけていく姿を描く、榮倉奈々主演のラブ・コメディ。 仕事に疲れちゃったあなた、恋愛に疲れてるあなた、ときには現事逃避もいいんじゃない?窮屈な人生をちょこっとだけ休憩したいと思ったら、楽園の風があなたを包むハワイへ行こう! 1、仕事を頑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「図書館戦争[実写版]」チラシ2

国家によるメディアの検閲が正当化されている時代・正化〈せいか〉。そんな時代に、検閲に対抗するために図書館側から生まれた自衛組織「図書隊」。銃器を手にした検閲組織・メディア良化隊と日々激しい戦いを繰り広げながら、時に笑い、時に泣き、時には恋にも落ちる。それが『図書館戦争』の物語。 「フリーター、家を買う。」「阪急電車」「空飛ぶ広報室」な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「のぼうの城」チラシ2

「この城、敵に回したが間違いか...」 天下統一目前の秀吉が唯一、落とせなかった城があった。 驚天動地の戦いが今、始まる! その圧倒的なスケールゆえ、映画化実現まで8年の時間を要した史上最大級の戦国エンタテインメント超大作。この戦乱に埋もれた驚きの実話が遂に映画公開。 日本映画の歴史を塗り替える壮大なスケールで描かれる大規模な合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「アントキノイノチ」チラシ2

2009年に発売され、幅広い年齢層の感動を呼んださだまさし著の「アントキノイノチ」。人間関係が希薄になった現代社会の中で生まれた「遺品整理業」という仕事を通して、もがき苦しみながらも成長していく若者の姿を描き、発売当時大きな話題を集めた。人は死ぬときは独りだ。死はひとりで迎えるしかないのだけど、生きているときは誰かと繋がっていたい...…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「余命1ヶ月の花嫁」パンフ

最後まで人を愛し、人に愛され、人を支え、人に支えられ、24年の人生を生き抜いた長島千恵さん。そんな彼女を深い愛で支えた恋人・赤須太郎さん、そして心優しき父や叔母、親友たちが描いた感動の実話の映画化です。 2007年4月5日、1組のカップルが都内で結婚式を挙げた。どこにでもある幸せな結婚式。しかし、24歳の花嫁は末期のガンに侵され、親族…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「東京公園」チラシ

三島賞作家で監督でもある青山真治の『サッドヴァケイション』以来4年ぶりとなる長編最新作『東京公演』。原作は、『東京バンドワゴン』で多くのファンを生んだ小路幸也の同名小説。恋愛、結婚、家族のなかに息づく、純度の高い愛の物語。そばにいるからこそ、気づくことのできなかった思い。なくしてしまった存在と向き合う勇気。自分自身の心の奥底を見つめ、相…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「コララインとボタンの魔女」チラシ

少女コララインが見つけた不思議なドアのむこうには、猫が人間の言葉を話し、ボタンの瞳の人々が秘密を隠し、なぜか願いごとが何でも叶う、奇妙な世界が広がっていた...。 1993年に公開された『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』。このファンタジーの金字塔を打ち建てた監督ヘンリー・セリックが、待望の最新作を完成させた。原作は、NYタイムズの…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画「余命1ヶ月の花嫁」チラシ

2007年4月5日、1組のカップルが都内で結婚式を挙げた。どこにでもある幸せな結婚式。しかし、24歳の花嫁は末期のガンに侵され、親族や恋人には「余命1ヶ月」と宣告されていた...。 同年7月にテレビで放送され、全国に波紋を呼んだドキュメンタリー番組「余命1ヶ月の花嫁」。そして同名のノンフェクション書籍は50万部を突破し、同世代の女性を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「檸檬〈れもん〉のころ」パンフ

初めての通学電車...。 初めての片思い...。 初めての告白...。 初めての仲間...。 そして初めての恋...。 大人になったら味わえない、味わわずには大人になれない青春時代の心の想い。田んぼと山に囲まれた町の、普通の高校生たちのキラキラした瞬間の青春の1ページの物語です。 〈ストーリー〉 吹奏楽部の指揮者である…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「阿波DANCE アワダンス」チラシ

茜を演じるのは榮倉奈々で、主演映画が次々と公開されている期待の若手女優です。本作ではパワフルでキュートなダンスシーンを披露するほか、心の奥に寂しさを持った女子高生の、繊細で感情豊かな成長過程を鮮やかに表現しています。 一方、阿波踊りに情熱を注ぎ込むコージには「亡国のイージス」で若き兵士を熱演した若手演技派の勝地涼。意地っ張りで不器用だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「僕は妹に恋をする」チラシ2

2005年まで少女コミックに連載されていた、青木琴美の同名コミックは現在もなお、その衝撃的な内容が話題を呼んでいる。その映画化で、松本潤の初の単独主演作です。 〈ストーリー〉 双子の兄妹、頼と郁。「郁は僕のお嫁さんだよ!」 幼い頃にシロツメクサの草原で交わした、たわいもない約束。郁にとっては大切な思い出となっていたが、最近では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「檸檬〈れもん〉のころ」チラシ1

原作は、24歳の豊島ミホの「檸檬のころ」で、読む人それぞれの昔のころのを呼び覚まし、静かなロングセラーとなっています。脚本・監督は、本作が長編映画第一作となる新鋭の岩田ユキ。主人公の秋元加代子役には、同世代から圧倒的な支持を集めている榮倉奈々。初めての恋、そして上京、揺れ動く繊細な感情を瑞々しく演じています。 〈ストーリー〉 吹…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more