テーマ:子母沢 寛原作

映画「座頭市」パンフ

闇に光る朱塗りの杖。一瞬の静けさの後、立っているのは、その盲目の男のみ、杖は仕込みになった刀なのだ。 新世紀のたけし座頭市は、とにかく強い。その立ち回りは、時代劇の常識を超えためくるめくスピード感で、観る者も興奮させる。この理不尽な世の中で、たけしの座頭市は痛快に悪を倒してくれる。そしてラストに驚愕な事実が待っているのだ。 〈ス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more