テーマ:ユル・ブリンナー

☆ユル・ブリンナー略歴

★YUL BRYNNER 『王様と私』のシャム王や、『十戒』のエジプト王といったエキゾチックな役柄が多かったユル・ブリンナーは、ハリウッド・スターの中でも特異な風貌(スキンヘッド)を生かしたカリスマ的大スターとして世界中に愛されました。 本名「Taidje Khan」は、1915年7月11日(1920年説もある)、シベリアのサハ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「荒野の七人」パンフ

黒澤明監督の「七人の侍」を見て、すっかりほれ込んだユル・ブリンナーが映画化権を買い取り、この西部劇版の「荒野の七人」を作ったのです。 本作の製作段階ではほとんど新人並みだったスティーヴ・マックィーン、チャールズ・ブロンソン、ジェームズ・コバーン、ロバート・ボーンが、この作品の人気によって一躍スターとしてのし上がりました。またユル・ブリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ウエストワールド」パンフ

レジャーランド「デロス」では人間型ロボットが従業員として働いていて、ここに遊びに来るお客は、西部のガンマンや、中世の騎士などの体験をして、人間型ロボットと楽しむのだ。しかし、レジャーランドの人間型ロボットが、始めは人間に従順だったが、だんだんいう事を効かなくなり人間を殺しはじめたのだった。 〈ストーリー〉 弁護士のピーターと友人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「荒野の七人」パンフ2

メキシコのとある寒村は、毎年野盗に襲われ続けていた。そこで村の長老は助っ人を雇うことにした。そして7人のガンマンたちが集まり、彼えらは村人たちに射撃の練習をさせ、隠し棚を作り、道には溝を掘らせて野盗一味の襲撃に備えた。やがて野盗は40人の手下を率いて現れるが思わぬ農民たちの反撃にあい、部下の半数を失い退却して行った。その後何度かの攻防が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ウエスト・ワールド」

人間型ロボットが、始めは人間に従順だったが、だんだんいう事を効かなくなり、人間を殺し始めたのだ。 〈ストーリー〉 レジャーランド「デロス」では人間型ロボットが従業員として働いていて、ここに遊びに来たお客は、西部のガンマンや、中世の騎士などの体験をして、人間型ロボットと楽しむのだった。でもそのロボット達が人間のいう事を効かなくなっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more