テーマ:ドキュメンタリー

映画「ayumi hamasaki ARENA TOUR 2009 ~NEXT LEVEL~」チラシ

2009年、浜崎あゆみが全国12都市、約30万人を動員して行われたアリーナツアー・ライブの様子を独自に3Dで収録。そのド迫力の映像、3Dだから実現した臨場感、すぐ目の前にAYUが感じられる奇跡の時間を映画館で体験できます。 製作/2010年 公開/2010年8月28日 日本映画 出演/浜 崎 あゆみ 映画チラシ・新作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「モダン・ライフ」チラシ

フランス南部の山間にある小さな集落で酪農を営む農民たち。それは必要最小限のモノに囲まれ、太陽や動物たちとともにある暮らし。決して多くを望むことなく、人間そのものの生き方を紡ぎ続ける彼らの姿に、成熟した人生の奥深さが見えてきます。 本作は、ピューリッツァー賞受賞の経歴をもつフランスの巨匠、レイモン・ドゥパルドンが、写真家としての確かな観…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ミツバチの羽音と地球の回転」チラシ

エネルギーのその先に何があるのか?どんな現象が進行しているのか?石油もウランも有限であると知りながら、そこから降りることがなかなかできずに今、世界は混乱し、相変わらず日本は原発を建て続けている。そのつけは瀬戸内海の小さな島「祝島」にも及び、島の人々はもう28年も建設を阻止するために闘ってきたが、巨大な経済が計画を加速させてきた。 誰か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ソウルパワー」チラシ

1974年、ザイール。モハメド・アリ対ジョージ・フォアマンの世紀の一戦「キンシャサの奇跡」にさきがけ「ブラック・ウッドストック」とも呼ばれる世界最強の音楽祭が行われた。誇りを持ってルーツ回帰へと目指したアフリカン系アメリカ人ミュージシャンと、解放運動のために戦い続けてきたアフリカン・ミュージシャンが同じステージに立った、歴史的な転換期。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「eatrip〈イートリップ〉」チラシ

ごはんのじかんです。 人は、食べる。それは生きるためだ。 でも、食べるとは、摂取や補給だけじゃない。 「最近こんなことあって」とか。「このごろどう?」とか。 誰かとつながりたくて。誰かといっしょに、人は食べたいと思う。 食べる。それは、自然とつながることでもある。 肉。野菜。果物。穀物。様々な命とつながっていくこと。 人生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「縄文式 2」チラシ

「縛り」は「Good」、「緊縛」は「Very Good」、そして「縄の痕」は「Excellent」。 緊縛、自縛、刺青、そして「縄の痕」。こだわりを越えて...。 1999年、東京と大坂のミニシアターで公開され、一部で熱狂的なカルト人気を博した『縄文式』から2年、遂に待望の続編が完成した。テーマは前作同様、緊縛による女体に刻まれた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「アルゼンチンタンゴ 伝説のマエストロたち」チラシ

一夜限りの世紀のコンサートが、今、幕を開ける! 2006年ブエノスアイレスの最も古いレコーディングスタジオで、1940年代から50年代に活躍し、アルゼンチンタンゴの黄金時代を築いたスターたちが感動の再会を果たした。彼らはアルバム「CAFE DE LOS MAESTROS」に収録する名曲を歌うためにこの場所にやって来たのだ。60年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「生誕100年記念 マザー・テレサ映画祭」チラシ

マザー・テレサが生まれて100年。愛に満ちた活動の軌跡、そして「今」を映し出す貴重なドキュメンタリー7本を一挙公開。 愛はつづく...。 私たちの働きは、大海の一滴の水にすぎないかもしれません。でも、大きな海も、一滴の水なしには大海にならないと思うのです。 (マザー・テレサの言葉より) 「すばらしいことを神さまのために」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ザ・コーヴ」チラシ

あなたは知っていましたか、この事実を? 美しい海岸線が広がる、日本の小さな漁師町の入り江。しかし、そこは外部からの立ち入りが厳重に禁止されていた。その入り江で行われているイルカ漁の実態をついにカメラが捉えた! 日本人なら絶対に観てほしい必見のドキュメンタリー。あなたはこの問題をどう受け止めますか。 『感想』 私は、それはその…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「マイケル・ジャクソン/キング・オブ・ポップの素顔」チラシ

2009年6月25日。ひとりの偉大なミュージシャンの死に、世界中が悲しみに包まれた。それは、キング・オブ・ポップ「マイケル・ジャクソン」。 社会現象にまでなった映画『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』の世界的大ヒット、ソニーがMJ財団と交わした約225億円の権利契約など、亡くなった後も彼が与える影響は計り知れない。 こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「アニエスの浜辺」チラシ2

アニエス・ヴァルダ、81歳。まだ旅の途中...。 比類なき映画作家・アニエスが、人生を彩った浜辺をめぐります。思いを馳せるのは、亡き夫、家族、友人、そして映画...。 彼女の愛するすべてのものたち。生きる歓びに満ちた、新しい形の私小説的シネエッセイです。 〈ドキュメンタリー〉 アニエス・ヴァルダ、1928年生まれのフランス人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ビルマVJ」チラシ

自宅軟禁中のアウンサンスーチー氏のもとへと集う民衆。 日本人ジャーナリスト、長井健司氏殺害の現場。 その瞬間をとらえたのは、彼らVJ(ビデオ・ジャーナリスト)たち。軍事独裁国家に潜伏した彼らたちの命を賭けて手にした映像には、この国の未来が映っていた...。 あなたの持っている自由を、持たない人のために用いて下さい。 (by. ア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「アニエスの浜辺」チラシ

アニエスの宝石箱をひっくり返したら、こんなステキな映画が出来上がりました。 世界中から愛されるアニエス・ヴァルダ監督、81歳。ヌーヴェル・ヴァーグ誕生秘話、亡き夫との思い出。そして、大好きな家族や、浜辺や、街のこと。彼女の愛するすべてのものが詰まった新しい形の私小説的シネエッセイです。 〈ドキュメンタリー〉 アニエス・ヴァルダ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「牛の鈴音」チラシ

老いた農夫と1頭の牛の暮らしを見つめた本作は、主人公のお爺さんの農業のように、「ない」ものが多い。本作にはドキュメンタリーでは必ずあるナレーションがない。大きな事件も起こらない。政治的メッセージもないのだ。これは韓国の田舎の美しい四季、無愛想で頑固な老人、口やかましいお婆さん。そして、山のように薪を背負った老いた牛...。 〈ドキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ROCK E. YAZAWA」パンフ

不出世のカリスマ、矢沢永吉が、全身でROCKと人生を語る30年間の軌跡。 2008年、矢沢永吉は1年間の音楽活動休止を宣言した。36年間ノン・ストップで走り続けてきた男が、ひとつの節目を前に、自らに休息の時間を与えたのだ。 貧しさが少年に決意をさせた。「絶対に上に行かなきゃダメなんだ」 1972年、日本の音楽シーンは、平和を歌うフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「SOUL RED〈ソウル・レッド〉松田優作」チラシ

40歳の若さでこの世を去った男が遺したものとは...伝説の俳優・松田優作が今蘇る! 生誕60年・没20年を期に、松田優作の最初で最後の公式ドキュメンタリー映画が誕生した。本作では、「ホンモノとはなにか」を自問し「まじめに取り組むことの尊さ」を体現し続けた松田優作を突き動かしていたエネルギー、信念がいまもなお生き続けていることを知ること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ミッシェル・ガン・エレファント THEE MOVIE」チラシ

そのバンドと、そのライブは二度と見ることができない。 だからこそここに、永遠に体感できない狂乱のライブを焼き付けておく。 ミッシェルをスクリーンに永遠に刻みつける...。 公式サイト、http://www.THEE.asia 英題/THEE MOVIE ーLAST HEAVEN 031011ー 製作/2009年 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「アンヴィル! ~夢を諦めきれない男たち~」チラシ

誰もが年を取る。それが現実だ。腹は出て顔の肉は垂れ、髪は抜け時間はなくなる...だから今やる。 今から20年後、30年後、40年後には人生は終わるんだ。 やるしかない。 (by. リップス) 〈ドキュメンタリー〉 カナダのトロントで結成され、1982年にアルバム「メタル・オン・メタル」をリリース、メタリカ、スレイヤー、アン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「泣きながら生きて」チラシ

国境を越えて、 世代を越えて、 時間を越えて、 伝わるものがある。 上海、東京、ニューヨーク...。 運命に翻弄されながらも、決して希望から手を離さなかった、ある家族の愛の記録。 伝説のドキュメンタリーに光を当てたのは、1人の大学生の真っすぐな想いだった...。 〈ドキュメンタリー〉 本作の劇場上映は、1人の大学生の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「沈黙を破る」チラシ

占領地に赴いた経験をもつ元イスラエル将兵たちによって作られたNGO。創設者で代表のユダ・シャウールをはじめ、20代の青年たちが中心になっている。占領地での、虐待、略奪、一般住民の殺戮等の加害行為を告発することにより、今まで語られることのなかった占領の実態にイスラエル社会が向き合うことを願っている。 2004年6月、イスラエル最大の都市…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ピリペンコさんの手づくり潜水艦」チラシ

62歳のピリペンコさんの夢は、「自作の潜水艦で海に潜る」こと。バカバカしいと思いつつも、ついつい応援したくなる可愛らしさ! そんな元気と勇気が詰まった、究極のライフワーク・ドキュメンタリーです。 〈ドキュメンタリー〉 ウクライナの小さな村に住むピリペンコさんは62歳の年金生活者。彼は自作の潜水艦を作って黒海に潜ることを30年も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「キャピタリズム マネーは踊る」チラシ

作品ごとに、世界中から大きな注目を集めるマイケル・ムーア監督。本作は、前作『シッコ』から2年ぶりとなる待望の最新作。今回のテーマは、ずばり「お金」です。 ほぼ1年前の08年9月15日、リーマン・ブラザーズの経営破綻は金融危機の引き金となり、世界経済は「100年に一度」と呼ばれる同時不況に陥った。アメリカでは住宅市場の大暴落と企業や銀行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「オーシャンズ」チラシ2

最新機材を抱え、世界中に散らばった超一級のカメラマンたち。彼らは、奇跡の一瞬に出会うために飽くなき努力を重ね、信じがたい時間を待ち続けた。ザトウクジラの群れによる狩りは船上で18週間、世界の終末かと思うほどの「完璧な嵐」を捉えるのには3年を費やし、さらには前人未到の北極の地で終わりのない長期キャンプも敢行。有人潜水艦の限界に迫る18,0…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「犬と猫と人間と」チラシ

町を歩けばあちこちで目にする光景。散歩中の犬や、路地裏でくつろぐ野良猫たち...。しかし、全ての犬や猫が幸せな一生を送れるわけではありません。空前のペットブームの影で、日本で処分される犬と猫は年間30万頭以上。1日に1,000匹近くが殺されている現実があります。あなたは、犬と猫たちのことを本当に知っていますか? 1人の猫好きのおば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ベジャール、そしてバレエはつづく」チラシ

2007年11月22日、バレエ界のみならず、様々なエンタテインメントに絶大なる影響を与え続けた「20世紀最高の振付家」、モーリス・ベジャールが亡くなった。バレエ・ファンでなくとも、ベジャールの名を知る人は多い。1981年製作の大ヒット映画『愛と哀しみのボレロ』で、ジョルジュ・ドンが踊る「ボレロ」が、観客の心を熱くとらえた。また、ベジャー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「戦場でワルツを」チラシ2

本作は、アリ・フォルマン監督の実体験を描いたノンフィクションです。 抜け落ちた記憶を探す監督の旅は、1982年に起きた「サブラ・シャティーラ大虐殺」と呼ばれる事件に突き当たる。彼は一体そこで何を...。 戦場で体験したあまりの絶望から、自らの心を守るために1度は記憶を封印したアリ。しかし、人間には忘れてはいけない過去がある。今再びそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ファッションが教えてくれること」チラシ

アメリカ女性の約10人に1人、1,300万人が読む米版ヴォーグ編集長アナ・ウィンター。どんな有名デザイナーも彼女の意見を参考にし、ファッション・ショーも彼女が到着するまで始まらないという。今や彼女は、一雑誌の編集長という枠を超え、3,000億ドルのファッション産業で最も重要な人物だ。彼女がここまでのパワーを手に入れたのは、恵まれた感性の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「オーシャンズ」チラシ

本作は、「海」という名の大いなる生命体の知られざる奇跡と、そこに息づく驚異の生物たちに出会うための時空を超えた旅である。 監督は、前作『WATARIDORI』(01)で飛行する鳥に並走して撮影するという斬新なスタイルを確立したジャック・ペラン。そして最高のスタッフと最新の技術を結集し、本作のために開発された世界初の各種テクノロジーに支…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画「戦場でワルツを」チラシ

本作は、アリ・フォルマン監督の実体験を描いた異色ドキュメンタリーです。 19歳のときに従軍したレバノン侵攻...「俺はなぜ覚えていない?」記憶を取り戻す旅に出たアリに蘇る戦争の実態とは...。 アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた本作は、日本の『おくりびと』の対抗馬として大変注目を集めた、涙の感動作です。 (俳優・本木雅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「マラドーナ」チラシ2

栄光と挫折を繰り返す「神の子」ディエゴ・アルマンド・マラドーナ、49歳。 数えきれないゴールを決めた「魂の反逆児」が狙う人生のゴールはどこにあるのか? マラドーナ あなたは何でそんなに素直なんですか? あなたは何でそんなに自分を苦しめるのですか? あなたは何で人生を諦めようとしたのですか? そんな質問を何度もしたくなる人..…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more