テーマ:クリント・イーストウッド監督

映画「ヒアアフター」パンフ

スティーヴン・スピルバーグの心を動かした、1本の脚本。それは死に直面することによって、生きることの素晴らしさを見出す3人の男女の物語だった。 パリ在住のジャーナリストのマリーは、津波にのまれて呼吸停止した時に見た光景(ビジョン)が、頭から離れない。あの不思議な映像は何だったのか? ロンドン在住の少年マーカスは、双子の兄を亡くした悲し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「グラン・トリノ」パンフ

老人は迷っていた、人生の締めくくり方を...。 少年は迷っていた。人生の始め方を...。 頑固で口が悪く、最も偏見に満ちたキャラクターのウォルト老人。神を信じず、人に心を許さない。ギャングを気取った無礼な若者たちには、白人、黒人、ヒスパニック、アジア系、お構いなしに罵声を浴びせ、必要なら銃で威す。自宅の芝生に一歩でも侵入すれば、問答…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「チェンジリング」パンフ

ある日突然、息子が消えた。5ヶ月後に帰ってきた子供は別人だったのだ...。 1928年のロサンゼルスで起きた、実際にあった物語です。 タイトルの『チェンジリング(CHANGELING)』には、「取り換えられた子供」という意味があります。背景に、「さらった子供の代わりに妖精が置いていく醜い子供」という伝説が宿るこの言葉が、母親にとって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TV「スマステ!!月イチゴローランキング1・2」2月

スマステ!!月イチゴロー ランキング2010.2 イナガキ ベスト5(第2位) 映画「インビクタス 負けざる者たち」 スマステ!!月イチゴロー ランキング2010.2 イナガキ ベスト5(第1位) 映画「ニューヨーク、アイラブユー」 27年間、監獄に囚われ、釈放されて南アフリカ初の黒人大統領になったネルソン・マンデラ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画「ハートブレイクリッジ/勝利の戦場」パンフ

ヒーローの名はトム・ハイウェイ。朝鮮、ベトナムで抜群の戦功を重ねた歴戦の海兵隊軍曹。タフで飲んだくれでガンコ者。平和な世界に生きることに不器用な彼は、男の生きがいを求めて、海兵隊の入隊に再志願する。緩みきった軍紀、戦うことの意味を知らない無責任集団。ハイウェイの華々しき戦功が、そんなおちこぼれ兵士たちにカツを入れる。やがて彼に鍛えられた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ファイヤーフォックス」パンフ

ソ連が音速の6倍、レーダーにも映らなくて核兵器も搭載できる、最先端テクノロジーの戦闘機「MIG31」を開発した。コードネームは「ファイヤーフォックス」と言い、パイロットは操縦桿を握らなくても、操縦や兵器システムは、ヘルメットについた脳波探知機であやつる操縦方式なのだ。 NATO連合下はこれから先何年もこのモンスターに苦しめられることに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ブロンコ・ビリー」パンフ

現代中西部を舞台に、主人公ブロンコ・ビリーと、彼が引きいる「ワイルド・ウエスト・ショー」の団員6人が織りなす人間模様を中心に、拳銃の曲撃ちや荒馬乗り、果ては全米各地をロードする描写などを盛り込みながら、イーストウッド自身が主演・監督した娯楽作品です。 イーストウッドの相手役には、当時彼が付き合っていた ソンドラ・ロックが『ダーティファ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「アウトロー」パンフ

アメリカ南北戦争は、アメリカの歴史上最大の悲劇といわれた。また同時に近代アメリカ形成の上にも、重要な意義を持った戦いでもあった。しかし、そこに幾多の罪もない人々の犠牲と苦しみがあったことは間違いない。主人公ジョージ・ウェールズも妻と息子を惨殺され、悲痛の思いをする戦いでもあった。本作はそんな男の生き様を、凄まじい息もつかぬ連続で描く作品…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「荒野のストレンジャー」パンフ

クリント・イーストウッドのプロダクションである「マルパソ・カンパニー」で、『恐怖のメロディ』についで、自分で監督し、主演した西部劇です。脚本は『フレンチ・コネクション』でアカデミー賞を受賞したアーネスト・タイデマンが、いわゆる善玉と悪玉のウエスタンではなく、新しい型のドラマとして書いたもの。主人公の性格なども時がたつにつれてハッキリして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ダーティハリー4」パンフ

ダーティハリー・シリーズ第4弾。『ダーティハリー3』からじつに7年ぶり、あいかわらず悪がはびこる現在、ファンの熱烈なラブコールのこたえ、ダーティ・ヒーローが愛用のS & W/モデル29の44マグナム銃と新兵器として、44オートマグをひっさげてスクリーンに甦った。今回は、ダーティハリーを演じて世界のスーパー・スターとなったクリント・イース…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ペイルライダー」パンフ

クリント・イーストウッドが扮するのは、もちろん凄腕の流れ者。身にまとった服の、その喉もとの白いえりのためにプリーチャー(牧師)と呼ばれているが、しかし正体は謎につつまれた一匹狼である。その流れ者はいったい何者なのか神なのか、それともただの無法者なのか不思議な作品です。 ゴールドラッシュにわくカリフォルニアを舞台に、鉱山の利権をめぐるボ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TV「スマステ!!月イチゴローランキング2」GWスペシャル

スマステ!!月イチゴロー ランキング2009.4 イナガキ ベスト5(第2位) 映画「グラン・トリノ」 アカデミー賞主要4部門を獲得した『ミリオンダラー・ベイビー』から4年、待望のクリント・イーストウッド主演最新作で、本作が主演最後になると思われる本作『グラン・トリノ』。その長いキャリアの中で、俳優あるいは監督として関わった全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「グラン・トリノ」チラシ

アカデミー賞主要4部門を獲得した『ミリオンダラー・ベイビー』から4年、待望のクリント・イーストウッド主演最新作で、本作が主演最後になると思われる本作『グラン・トリノ』。その長いキャリアの中で、俳優あるいは監督として関わった全作品の最高記録を、78歳にして打ち出したイーストウッド。衝撃的なラストを秘めた感動作です。 〈ストーリー〉 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TV「スマステ!!月イチゴローランキング1」2月

スマステ!!月イチゴロー ランキング2009.2 イナガキ ベスト5(第1位) 映画「チェンジリング」 1928年3月、ロサンゼルス。クリスティン・コリンズの息子・ウォルターが突然姿を消した。5ヶ月後にイリノイ州でウォルターが発見されたが、警察が連れてきた少年は別人だったのだ...。 クリスティンの訴えを聞き入れないロサンゼ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「父親たちの星条旗」パンフ

2006年8月、ひとりの写真家がこの世を去った。ジョー・ローゼンタール、享年94歳。63年前、彼が撮影した1枚の写真が、太平洋戦争の運命を変えた...。 その写真は、1945年2月23日、日本の領土である硫黄島で撮影された。ピュリッツァー賞を獲得し、記念切手の図柄やポスターにもなり、アメリカ中の雑誌の表紙や新聞に一面を飾り、バージニア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ガントレット」パンフ

クリント・イーストウッドの刑事物と言えば、『ダーティハリー』シリーズが有名だが、同時期に製作された破格の22億円という製作費をかけ、イーストウッドの主宰する「マルパソ・プロ」が作り上げた作品です。 イーストウッド扮する刑事が、ある事件の重要証人として手配中の女性を、ラスベガスからフェニックスへ護送していくうちに、事件の黒幕である謎の権…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「アイガー・サンクション」パンフ

『ダーティハリー』『アンダーボルト』などで、豪快なアクションを展開したクリント・イーストウッドが、スイス・アルプスにひときわ威容を誇り「魔の山」と呼ばれるアイガー北壁に撮影機材を運び上げ、決死的撮影を敢行したスパイ・アクションです。イーストウッド自らが監督も兼ね、殺しのプロフェッショナルに扮した彼が、絶壁に繰り広げる殺しのテクニックと、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「バード」チラシ

俳優クリント・イーストウッドを「監督として一つのピークを築いた」と評価される作品となったイーストウッド監督13作目にあたる作品です。 これは、1930年から50年代にかけてジャズの革新「ビ・バップ・ムーブメント」の一大推進者として活躍した伝説のジャズ・サキソフォン奏者チャーリー・「バード」・パーカーと彼に影響を与え続け、尽くした女性チ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ガントレット」チラシ

この映画をは破格の22億円という製作費をかけ、イーストウッドの主宰する「マルパソ・プロ」が作り上げました。 『ガントレット』とは、古代から伝わる刑罰の一種で、二列に並んだ人の間をムチやコン棒で叩かれながら通り抜けなければならないという、厳しい体罰のことだそうです。 〈ストーリー〉 アリゾナ州フェニックスの市警察の警官、ベン・シ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「マディソン郡の橋」チラシ

アイオワ州マディソン郡の片田舎。八月の暑い朝、橋の写真を撮りにやってきた「ナショナル・ジオグラフィック」のカメラマンと、小さな農場の主婦が出会った。 ロバート・キンケイド52歳と、フランチェスカ45歳。二人はごく自然に、運命で出会うべきだった様にして恋に落ちた。そしてたった四日間の恋を心の中に大切にして、二人は二度と会うことなく人生を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ダーティハリー4」チラシ

この「ダーティハリー4」は、クリント・イーストウッドの10本目の監督作品で、初めてイーストウッドが「ダーティハリー」を自ら演出することになった記念すべき作品です。 ハリー・キャラハン警部は、サンパウロに行っても犯人を追いかけ、派手に暴れまくります。 〈ストーリー〉 高級売春婦殺しの容疑者であるマフィアのドンが、孫娘の結婚式を祝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「アウトロー」チラシ

アメリカ南北戦争は、アメリカの歴史上最大の悲劇といわれたが、主人公ジョージ・ウェールズにも妻と息子を惨殺され、悲痛の思いをする戦いでもあった。 〈ストーリー〉 南北戦争も終わろうとしていた、1860年代なかば、ミズリーの丘を越えてやってきたカンサス・レッドレッグ(北軍秘密軍事組織)の一隊が罪もない農夫ジョージ・ウェールズの妻と息…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「硫黄島からの手紙」パンフ

1945年2月19日、アメリカ軍の上陸とともに始った硫黄島をめぐる攻防は、アメリカ軍の圧倒的な戦力からすると、5日もあれば終わるとされていた。しかし、その硫黄島戦を36日間にも及ぶ長期戦へと変貌させ、戦史に残る戦いへと変えた男たちがいた。 指揮官の名は栗林忠道。圧倒的な戦力の差を、知略をもって迎え撃ち、太平洋戦争においてアメリカを最も…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画「ミスティック・リバー」パンフ

クリント・イーストウッドがこの原作を読み、すぐに映画化を決意した作品で、2001年の年間ベスト・ミステリーにランキングされたデニス・ルヘインの同名小説です。 三人の幼なじみが少年の頃に体験した忌まわしい誘拐事件。それから25年経って、大人になった三人は悲惨な殺人事件を通して再会することになる。一人は刑事、一人は殺人容疑者、そしてもう一…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画「許されざる者」パンフ

この「許されざる者」は、62歳のクリント・イーストウッド36作目の出演にして16作目の監督作、そして10作目の西部劇である。この作品は彼の映画人としてのキャリアと、全生涯の思い出を織り込んだ入魂の作品でもあるのだ。 1880年代、ビッグ・ウィスキーの街で、カウボーイに懸けられた1,000ドルの懸賞金を求めて国中から賞金稼ぎがやってくる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「バード」チラシ

俳優クリント・イーストウッドを「監督として一つのピークを築いた」と評価される作品となったイーストウッド監督13作目にあたる作品です。 これは、1930年から50年代にかけてジャズの革新「ビ・バップ・ムーブメント」の一大推進者として活躍した伝説のジャズ・サキソフォン奏者チャーリー・「バード」・パーカーと彼に影響を与え続け、尽くした女性チ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「硫黄島からの手紙」チラシ

監督クリント・イーストウッド、製作スティーブン・スピルバーグで贈る「父親たちの星条旗」に続く「硫黄島」二部作、第二弾は日本から見た硫黄島の戦い。 5日で終わるとされた戦いを、36日間、戦い抜いた男たちがいた。 〈ストーリー〉 1945年2月16日、アメリカ軍は硫黄島を防衛していた22,000人の部隊に、空から海から集中砲火を浴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ファイヤーフォックス」チラシ

ミッチェル・ガントはベトナム戦争で活躍した後、ソ連軍に対抗する優秀なパイロットを育成するために作られた、アメリカ空軍の秘密部隊「アパッチ中隊」で、ミグ25の飛行訓練を受けたエリートだが、今は予備役軍人として有事にそなえる毎日を過ごしていた。 そんな彼にある日、召集がかかった。ベトナム以来の古い友人であり上官でもあるバックホルツの指…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「アウトロー」チラシ

アメリカ南北戦争は、アメリカの歴史上最大の悲劇といわれたが、主人公ジョージ・ウェールズにも妻と息子を惨殺され、悲痛の思いをする戦いでもあった。 〈ストーリー〉 南北戦争も終わろうとしていた、1860年代なかば、ミズリーの丘を越えてやってきたカンサス・レッドレッグ(北軍秘密軍事組織)の一隊が罪もない農夫ジョージ・ウェールズの妻と息…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ルーキー」パンフ

ダーティ・ハリーのイメージのクリント・イースト・ウッドと若手の将来性があるチャーリー・シーンの初共演作品。ベテラン刑事ニックが警官から私服刑事に昇格したばかりの「ルーキー」デーヴィッドに捜査の非情さを教えていく。デーヴィッドは、弟の事故死に責任を感じ、常に何かに脅えて生きていた。しかし、ニックの命を救えるのは自分だけだと感じた時、彼の恐…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more