テーマ:田中麗奈

映画「王妃の館」チラシ

直木賞作家・浅田次郎が自身「映画化は不可能」と語っていた小説の奇跡の映画化。 パリを旅する個性派揃いのツアー客たちによる、ウィットに富んだ豊かな人間模様が錯綜するコメディです。 22日間におよぶ豪華パリロケを敢行し、ルーヴル美術館をはじめとした人気スポットが多数登場します。 〈ストーリー〉 シャトー・ドゥ・ラ・レーヌ。日本語…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「夢売るふたり」チラシ

『蛇イチゴ』(03)『ゆれる』(06)『ディア・ドクター』(09)で国内外の映画賞を総なめにし、著書「きのうの神様」が直木賞候補に選ばれるなど、いま最も注目を集める西川美和。彼女の新境地となる最新作では、自らの原案を基にしたオリジナル脚本を執筆。人々が日々すれ違いながら生きる東京で、ある夫婦が始めた結婚詐欺が、男と女たちのさまざまな「愛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「源氏物語/千年の謎」チラシ2

光源氏と紫式部の哀しくも美しい二つの愛の物語が交錯し、その誕生秘話に迫る全く新しい「源氏物語」! 「源氏物語」が誕生してから千年。これまで作者・紫式部について言及した文献は極めて少ない。紫式部を「源氏物語」執筆へと駆り立てたものは何だったのか?今回、「源氏物語」誕生秘話をベースに、「光源氏のラブストーリー」と「紫式部のラブストーリー」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「犬と私の10の約束」パンフ

世界中が涙した短編詩「犬の10戒」から生まれた、犬のソックスと少女の愛の絆を描く感動作! インターネットで広まった作者不明の短編詩「犬の10戒」。犬の気持ちから書かれた飼い主への10のお願いは深い共感と感動を呼び、世界中の犬を愛する人から支持されています。原文は英語で、サイトによってその内容も若干違っています。どんどん広がっていくうち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「山桜」パンフ

江戸時代後期、北の小国、庄内の海坂藩で、野江は不幸な結婚生活を耐えていた。最初の結婚が夫の急死により幕を閉じ、1年前に磯村の家に再嫁した、23歳の野江。娘が婚家で辛い思いをしていることに心を痛めながらも、耐え抜けばいつか事態は好転すると励ます母。母の心にも野江の心にも、若くして亡くなった野江の叔母の孤独な一生がかすめるからこそ、離縁の考…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「よなよなペンギン」チラシ2

世界一あたたかい「奇跡」のクリスマスプレゼント! ある夜、天使の羽根が舞い降りた。それは、ペンギン少女・ココに届いた不思議な世界からの招待状...。 声優陣には、森迫永依や田中麗奈、爆笑問題の太田光と田中裕二、そしてベテランの藤村俊二や柄本明も加わり、「よなよなペンギン」の世界の住人たちに新たな命を吹き込んでいます。 〈ストー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「山桜」チラシ

『蝉しぐれ』に続き、藤沢文学の名作が新たに映像化。厳しい状況を耐えて過ごす人々を描いて今なお絶大な人気を集める、藤沢周平の時代小説。その作品はこれまで何度もドラマや映画に映像化されてきたが、名作として名高い「山桜」は、主人公を野江という女性に据えている点で藤沢文学の中でひときわ精彩を放っています。 野江には主演映画の公開が相次ぐ田中麗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ゲゲゲの鬼太郎/千年呪い歌」チラシ

その誕生から約40年を経て、2007年実写映画化され、大ヒットを記録した『ゲゲゲの鬼太郎』。そして2008年、「ゲゲゲの鬼太郎」(第5シリーズ)と「ゲゲゲ」の原点「墓場鬼太郎」の二つのアニメが高視聴率をマークし、鬼太郎ブームの中の待望の第二弾。 「かごめ歌」を聞いた若い女性が失踪、現場には必ず「銀の鱗」が残されている、という怪事件が続…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「築地魚河岸〈うおがし〉三代目」チラシ2

小学館「ビッグコミック」にて大好評連載中のロングランセラーコミックの待望の映画化。日本の台所と称される、活気あふれる築地市場を舞台に、嘘もごまかしも利かない真剣勝負の中で成長していく主人公と、彼を見守る真っすぐでどこか懐かしい人々の温かな心の交流を描く、やさしさと笑いにあふれたハートフルな物語。 〈ストーリー〉 赤木旬太郎は都内…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「犬と私の10の約束」チラシ

楽しい時も、淋しい時も、犬は黙ってそばにいてくれる。もし、犬たちが人間の言葉を話せたら、いったい私たちに何を望むのだろう?そんな疑問に答えてくれる作者不詳の短編詩「犬の10戒」が今、世界中で静かなブームを呼んでいます。この詩では、犬から飼い主へのメッセージという形で、犬が私たちにして欲しい10の約束事が語られています。この詩から出来た、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「魍魎の匣〈もうりょうのはこ〉」チラシ8

ベストセラー「京極(百鬼夜行)シリーズ」。なかでも日本推理作家協会賞に輝き最高傑作の呼び声高い「魍魎の匣」が、原作者本人も「びっくりした」と言う大胆なアプローチで映画化されました。 監督・脚本は『ラスト・サムライ』で俳優としても活躍する原田眞人。原作の緻密な面白さに加え、1952年を完璧に再現するため上海ロケを敢行、さらに巨大なハコ型…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「魍魎の匣〈もうりょうのはこ〉」チラシ3

匣館〈はこやかた〉と箱屋...調査する価値はあると思うわ、兄さん by.不幸をハコに封じる教団の謎を探る記者・中禅寺敦子 監督・脚本は『ラスト・サムライ』で俳優としても活躍する原田眞人。原作の緻密な面白さに加え、1952年を完璧に再現するため上海ロケを敢行、さらに巨大なハコ型建物、アクションや爆破シーン、VFXを駆使した映像と、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「夕凪〈なぎ〉の街 桜の国」チラシ2

この作品で描かれるのは、時代の違う二人の女性の人生。ひとつは原爆投下から13年後の広島で暮らす平野皆実の物語。母親と平穏な生活や、想いを寄せる男性の存在に幸せを感じる一方で、被爆した心の傷や生き残った罪悪感に苦しむ。 もうひとつは現代の東京に暮らす石川七波の物語。家族に内緒で出かける父親の後をつけて広島へと行き着き、伯母・皆実の残した…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画「ゲゲゲの鬼太郎」チラシ2

妖怪世界と人間界を行き来する鬼太郎が、強力な魔力を持つ妖怪石をめぐって最大のピンチに陥るというオリジナルのストーリーとなっています。 1965年より、コミック誌各誌に連載され、日本に一大妖怪ブームを巻き起こした奇才・水木しげる原作の超人気漫画「ゲゲゲの鬼太郎」が待望の映画化。海外のクリエイターにも多大な影響を与えた原作コミックの魅力を…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

映画「暗いところで待ち合わせ」チラシ

17歳で作家デビューして、それ以来新作発表の度にファンの心を魅了する人気作家、乙一。作家生活10周年を迎える2006年を記念すべく「暗いところで待ち合わせ」が遂に映画化されました。 乙一の最高傑作を故・今村昌平監督の長男であり、脚本家の天願大介が監督し、視力をなくし光のない世界で孤独に暮らすミチル役を田中麗奈が演じています。 〈…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「容疑者 室井慎次」チラシ

「踊る大走査線」シリーズから生まれた「踊る」レジェンッド・ムービー第一弾「交渉人 真下正義」に引き続き、第二弾となる作品です。 現場(所轄)と本店(警視庁)の風通しをよくするために、あえて封建的な警察機構のなかでトップを目指し、一人戦い続けてきた室井慎次。その姿は理想の上司であり、憧れであり、さらに共感を呼んできた。その室井の捜査に対…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more