テーマ:橋本 愛

映画「古都」チラシ

川端康成の同名の長編小説を、舞台を現代に置き換え松雪泰子が双子の二役を演じて映画化した感動作。 京都で代々続く呉服店を営む千重子と、北山杉の里で働く苗子。生き別れた双子の姉妹とその娘たちは、時代が大きく移ろう中、受け継いできた伝統の継承に葛藤する...。 〈ストーリー〉 京都室町で先祖代々続く佐田呉服店を営む佐田千重子は、20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「バースデーカード」チラシ

橋本愛と宮崎あおいが母娘役で競演する、世代を超え、すべての女性に贈る「母と娘」の物語。 幼い子供たちを残し、天国に旅立った母の約束。それは未来の娘たちに向けて毎年バースデーカードを贈ることだった...。 亡き母から毎年届くバースデーカードの内容に戸惑いつつも成長していく娘の物語です。 〈ストーリー〉 21世紀のキに、子ど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「残穢〈ざんえ〉-住んではいけない部屋-」チラシ

観る者の常識を覆す衝撃の結末、第26回山本周五郎賞に輝いた小野不由美の傑作小説の映画化。 奇妙な「音」がするという女子大生の住人からの投書を受け、謎を解くためにマンションとその周辺を調査することになった5人。その部屋の「過去」に何が?触れてはいけない驚愕の真実がそこに待っている...。 〈ストーリー〉 小説家である「私」のもと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「リトル・フォレスト 冬・春」チラシ

五十嵐大介の同名コミックを橋本愛主演で実写で映画化した後編となる「冬・春」の完結編。 故郷での自給自足の生活を通して、都会で失った自信や生きる力を取り戻していくヒロインの姿を、旬の食材を使った料理などとともに描くヒューマンドラマです。 〈ストーリー〉 「小森」は東北のとある村の中の小さな集落。いち子は、一度街に出て男の人と暮ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「俺はまだ本気出してないだけ」チラシ2

映画史上、最強にダメダメな主人公を、人気と実力を兼ね備えた日本を代表する俳優の一人である堤真一が演じるという「驚異のキャスティング」ですでに話題沸騰。 「このマンガがすごい!」にランクインした人気原作をもとに、監督・脚本を手掛けるのは「勇者ヨシヒコと悪霊の鍵」「コドモ警察」など、いま最も多忙なクリエイターの一人である福田雄一。パンツ1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「さよならドビュッシー」チラシ

橋本愛主演による珠玉の名曲が彩る極上の音楽ミステリー! 火事で全身大やけどを負いながら、ピアニストの夢を追うヒロインの香月遥に挑戦し、クライマックスではピアノ演奏を堂々と演じきっています。孤独な遥を献身的に支えるピアノ教師の岬洋介役には、「クラシック界の貴公子」と呼ばれるピアニストの清塚信也が起用されました。人気TVドラマ「のだめカン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「アナザー」チラシ2

クラスの中の一人をいないものとして、2年間過ごす。 そのルールを守らないと、死ぬ! そのクラスには誰にも話してはならない「秘密」があった...。 そのクラスには死者が紛れ込んでいる...。 転校先のクラスで起こる謎めいた死の連鎖に巻き込まれる中学生・恒一と、その謎の鍵となる眼帯の美少女・鳴〈めい〉をめぐる、謎が謎を呼ぶ恐怖と複雑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「桐島、部活やめるってよ」チラシ

原作は、早稲田大学在学中に「第22回小説すばる新人賞」を受賞した、朝井リョウのデビュー小説「桐島、部活やめるってよ」。 監督は、『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』で数々の映画賞を受賞し、人間のダークな部分を暴き出しながらも、愛おしいまでにユーモアあるキャラクターを描いた吉田大八監督で、初めて10代の物語を描いています。 キャストは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「HOME/愛しの座敷わらし」チラシ2

第139回直木賞候補・荻原浩の「愛しの座敷わらし」を、人気シリーズ「相棒」の主演&スタッフが真心を込めて映画化! 東北の大自然を舞台に、家族の絆の回復を優しくユーモラスに描いた作品です。 お父さんの転勤で、東京から岩手の田舎町へと引っ越してきた高橋一家。お父さんが選んだ新しい住まいは、なんと築200年の古民家だった! 突然の田舎暮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「管制塔」チラシ

Galileo Galileiが初めて作ったオリジナル曲「管制塔」が、映画として新たに生まれ変わった。監督は、2010年に映画『ソラニン』で鮮烈なデビューを飾った三木孝浩。Galileo Galileiの楽曲からインスピレーションを受けた三木監督は、彼らの故郷である稚内で真冬のロケを敢行し、透明感溢れる映像で淡く切ない青春物語を紡ぎ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more