テーマ:ケイト・ブランシェット

映画「キャロル」チラシ

『太陽がいっぱい』で有名なパトリシア・ハイスミスの知られざるベストセラー小説を初映画化。 『エデンより彼方に』のトッド・ヘインズ監督が、ケイト・ブランシェットとルーニー・マーラを迎えて贈るせつない恋愛ドラマで、ふたりの最後の決断に涙が止まらない愛の名作です。 〈ストーリー〉 1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになるた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「シンデレラ」チラシ

ガラスの靴にカボチャの馬車といったすばらしい魔法の力によって運命の人と結ばれるヒロインを描いた「シンデレラ」の実写による映画化。 ディズニーの不朽の名作を基にしたラブストーリー「シンデレラ」のロマンティックなイメージはそのままに、自らの勇気と優しさで奇跡を巻き起こす新しいシンデレラ像と、絢爛豪華な衣装と美術、超一流のスタッフ・キャスト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ブルージャスミン」チラシ

『ミッドナイト・イン・パリ』『ローマでアモーレ』などのロマンティック・コメディ路線から一転、ウディ・アレン監督がシリアスな作風にギアチェンジした本作は、ひとりの女性の転落人生とその複雑な胸の内をあぶり出す人間ドラマ。 虚栄心とプライドで塗り固められたヒロインの華麗なる「過去」と、痛々しすぎるほど悲惨な「現在」とを対比させながら、セレブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ハンナ」チラシ

16歳の無垢な少女・ハンナ、教えられたのは殺しだけ...。 雪深いフィンランドで父と二人きりで暮らし、殺人マシーンとして育てられたハンナを外の世界で待っていたのは、運命のカギを握る最凶の敵・アンナだった。 『つぐない』でオスカー候補となった天才少女、シアーシャ・ローナンと、同作で彼女を一躍人気女優へ押し上げたジョー・ライト監督が再び…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

映画「ロビン・フッド(2010年版)」チラシ2

何百年にもわたり、世界中の人々から愛されてきた伝説の義賊「ロビン・フッド」。強きをくじき、弱きを助けるヒーローの原点とも言うべき彼の魅力は、数多くの文学や映画で語り継がれてきた。高潔な魂とたくましい肉体を併せ持つ闘いのカリスマ。まさに男の中の男を、壮大なヴィジュアルにのせて描き上げた本作は、映画本来の熱い興奮とエンタテインメントを堪能さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「シッピング・ニュース」チラシ3

妻に逃げられ、娘と故郷のニューファンドランド島に戻ったクオイル。やがて彼は、地元の新聞に船のコラム「シッピング・ニュース」を執筆することになる。しかし、それは過去に横たわる大いなる謎を掘り起こすきっかけとなってしまうのだ...。 原作は、ピュリッツァー賞、全米図書賞ダブル受賞、全世界ベストセラーとなった女性作家、E・アニー・プルーの感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ベンジャミン・バトン/数奇な人生」チラシ2

これは、そうせずには生きていけない、 特別な人生を送った男の物語。 彼の名は、ベンジャミン・バトン。 80歳で生まれ、若返っていった男。 20世紀から21世紀にかけて、変わりゆく世界を旅した男。 どれだけ心を通わせても、どれほど深く愛しても、出逢った人々と、同じ歳月を共にいきることができない、その運命。 ...それでも人生は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「あるスキャンダルの覚え書き」チラシ

アカデミー賞受賞の二大女優、ジョディー・デンチとケイト・ブランシェットの競演が、英国ブッカー賞候補となった女性作家ゾーイ・ヘラーのベストセラー小説「あるスキャンダルの覚え書き」で実現した。 15歳の教え子によって仕掛けられた情事という罠を眼前にして、抵抗しながらもその罠に落ち込み、自らの心の闇、孤独に直面するシーバを、ケイト・ブランシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「バベル」チラシ

本作「バベル」のモチーフとなっているのは、旧約聖書の創世記に記されているバベルの塔の物語。言葉が別れて、世界は本当にバラバラになってしまったのか?言葉が同じであれば、お互いを理解できるのか?「境界を形成するものは、言語、文化、人種、宗教ではなく、私たちの中にある」。三大陸四言語で、この壮大なテーマに挑んだイニャリトゥ監督は「人を隔てる壁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「アイム・ノット・ゼア」チラシ1

昨年、デビュー45周年を迎え、66歳にしていまだ年間100本以上もの「ネバー・エンディング・ツアー」を続ける現役のトップミュージシャンであり、10年間ノーベル文学賞の候補に上がっているという詩人、ボブ・ディラン。 彼は激動の人生を通して、ジョン・レノンをはじめ、ジミ・ヘンドリクス、U2、レッド・ホット・チリ・ペッパーズら今なお多くのア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TV「スマステ!!月イチゴロー ランキング3・4」2月

イナガキ ベスト5(第3位) 映画「エリザベス/ゴールデン・エイジ」 イナガキ ベスト5(第4位) 映画「アニー・リーボウィッツ/レンズの向こうの人生」 彼女は王女として国を愛しひとりの女として男を愛した。裏切られ、傷ついても戦うことをやめなかった。国と結婚した王女は、いかにしてイングランドの「黄金時代」を築いたのか..…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「エリザベス/ゴールデン・エイジ」チラシ

彼女は王女として国を愛しひとりの女として男を愛した。裏切られ、傷ついても戦うことをやめなかった。国と結婚した王女は、いかにしてイングランドの「黄金時代」を築いたのか...。 〈ストーリー〉 数奇な運命を背負いながらも、25歳でイングランド女王に即位。国家と添い遂げ、あらゆる陰謀や策略に抵抗するために、エリザベスは全世界、そして神…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「バベル」チラシ2

2006年度アカデミー賞6部門7ノミネート。ゴールデングローブ賞作品賞受賞、最多6部門7ノミネート。世界の映画賞、17受賞54ノミネートした作品がついに日本公開!。 『旧約聖書 創世記11章』 遠い昔、言葉は一つだった。神に近づこうと人間たちは、天まで届く塔を建てようとした。神は怒り、言われた。「言葉を乱し、世界をバラバラにしよう」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more