テーマ:スティーヴン・スピルバーグ監督

映画「太陽の帝国」

スティーブン・スピルバーグ監督のシリアスな歴史ドラマで、少年ジムの目を通して戦争を描き、戦争が成長過程にある少年の感受性にどんな影響を与えるかを、映像詩として描いています。スピルバーグは原作の本を読んで「これはすべての戦争に向けられた、反戦のお話だ」と言っています。 〈ストーリー〉 1941年、クリスマスを迎えた上海で、イギリス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「1941」

ステーブン・スピルバーグ監督は「ジョーズ」「未知との遭遇」の二作品のヒットで、次回作はコメディでいこうと思った作品です。 1941年12月7日に真珠湾攻撃を受けた日から、六日後の13日の朝方から翌日までの24時間の出来事を描いた映画です。 〈ストーリー〉 1941年12月13日朝7時、カリフォルニアの海岸で、ある女の子が車でや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「カラーパープル」

ピューリッツァー賞を受賞した、黒人女性アリス・ウォーカー原作の「カラーパープル」を、スピルバーグが何気なく読み始め、そのまま一気に読み通したそうです。スピルバーグは「僕は怒った。笑った。その内に泣いていた。これはここ何年か読んだ中で最高の傑作だ」と言っています。 ある黒人姉妹の強い絆と不滅の愛で彩られた40年の歴史を、一大叙事詩として…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「オールウェイズ」

森林火災消火隊のビートは恋人のドリンダに、愛の告白をしないままに友を救うため事故死してしまう。しかし、ビートはもう一度ドリンダのもとに帰って来た。ビートは霊となって「愛している」と言いに会いにくるのだった。 この映画はスピルバーグ監督のファンタジー・ドラマで、オードリー・ヘップバーンの最後の出演作品です。 〈ストーリー〉 森林…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」

今作第三弾は、第一弾の「失われたアーク」の続編で、1938年を背景にイギリス、スペイン、ヨルダン、ベニス、コロラド、ニューメキシコと世界中をかけめぐり、ドイツの誇る飛行船や空の狼と呼ばれたハインケルほか、フランスのソムア戦争などが登場します。 〈ストーリー〉 1938年、インディはニューヨークの大学で講義をしていた。すると突然現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説」

アクションとエンターテインメントが一杯つめ込まれたシリーズ第二弾。今回は三つの大陸でロケが進められ、ハリソン・フォードの主人公インディは、ナイトクラブの女性エンターティナー、ウィリー・スコットと中国人少年ショート・ラウンドの二人と共に上海からインド、マハラジャの宮殿まで、危機また危機の大冒険をします。 〈ストーリー〉 1936年…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画「レイダース/失われたアーク《聖櫃》」

インディすなわちインディアナ・ジョーンズは考古学者であり、オカルトの専門家だった。彼は学者というより探検家と言った方がよい人物で、いつもツバの広い帽子をかぶり、ムチを持って冒険をしていた。 〈ストーリー〉 1936年、世界征服の野望を抱くアドルフ・ヒトラーは、その所有者に無敵の力を持たらすという伝説的なアーク(聖櫃)を入手する事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「フック」

原作はイギリスのJ・M・バリが1911年に発表した戯曲からの小説化で、舞台やアニメにと数々のバージョンが創られている。 スピルバーグは'90年代版の「ピーターパン物語」を趣向をこらして創った作品です。 〈ストーリー〉 主人公は40歳になるアメリカ人の財務分析担当の企業付弁護士ピーター・バニングで、猛烈仕事人間だった。家族は妻の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「シンドラーのリスト」パンフ

1980年、オーストラリアの作家トーマス・キニーリーは、アメリカ旅行の途中でビバリー・ヒルズの、あるかばん屋を訪れた。そこの主人レオポルド・ペファーベルクから、オスカー・シンドラーの話を聞かされる。彼はその時80歳で元ポーランドの陸軍中隊長であり、アウシュビッツから奇跡の生還を遂げた「シンドラーの生き残り組」の一人だったのだ。 〈…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ジュラシック・パークIII」

前作「ロスト・ワールド」から四年、今回の舞台もイスラ・ソルナ島で、その後も進化した新しい恐竜たちが生息しています。 今回の新種の恐竜はスピノサウルスで、肉食恐竜で最大と言われたティラノサウルスよりも巨大なうえに凶暴です。また、空には翼竜プテラノドンが飛んでいます。 〈ストーリー〉 コスタリカ沖で、高速艇から水上パラシュートを楽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク」

スティーブン・スピルバーグ監督の「ジュラシック・パーク」の続編です。 インジェン社が巨費を投じて創ったテーマパークの崩壊から四年が経っていた。生き残った関係者以外に誰も知る事なく隠蔽されていたが、ジュラシック・パークにはもう一つの秘密があったのだった。 〈ストーリー〉 コスタリカの沖にあるロス・シンコ・ムエルタス(五つの死)諸…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画「ジュラシック・パーク」

科学の進歩が過去の生物を現代に生き返らせる事に成功した。恐竜の血を吸っていた蚊が入った琥珀から恐竜のDNAを摘出し、絶滅した恐竜をスーパー・コンピュータと遺伝子工学のハイテクノロジーにより再生する事ができ、人類と恐竜が共存するテーマパーク「ジュラシック・パーク」が出来たのだった。 この映画はスティーブン・スピルバーグ監督が万全の準備と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ジョーズ」パンフ

スティーブン・スピルバーグ監督の本格的な映画では三作目で、この作品で有名になりました。そしてパニック映画といわれる元祖ともいえる作品です。 ジョーズとはあご(上あご、下あご両方)のことです。 〈ストーリー〉 6月のある夜、小さな海水浴場アミティの浜辺に、若者グループが焚き火を囲んで騒いでいた。その内の一人の女性が裸になって海に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

●スティーヴン・スピルバーグ監督作品

★STEVEN SPIELBERG  1947年12月18日、オハイオ州シンシナティーで生まれ、アリゾナ州フェニックスで育つ。子供の頃から映画製作に興味を持ちはじめ、12歳で脚本を執筆し、8ミリで短編映画も製作した。  13歳の時、8ミリで40分の戦争映画「Escape to Nowhere」を作りコンテストで入賞する。その後も…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more