テーマ:窪塚洋介

映画「沈黙 -サイレンス-」チラシ

巨匠マーティン・スコセッシ監督が遠藤周作の小説を映画化した歴史ドラマ。 江戸初期の長崎を舞台に、日本におけるキリシタン弾圧をポルトガル人司祭の目を通して描いたスコセッシ監督の最高傑作です。 〈ストーリー〉 17世紀。江戸初期の日本では、幕府により厳しいキリシタン弾圧が行われていた。日本での布教活動に情熱を注いでいた高名な宣教師…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「風邪〈ふうじゃ〉」チラシ

地球上に存在する200種類にも及ぶ風邪ウィルス。その特効薬が開発されれば、世界を揺るがす大発明と言われる! 本作は、特効薬開発と医療利権をめぐる陰謀をサスペンスフルに描いた衝撃作で、主人公・桜子役を演じるのは『のんちゃんのり弁』で数々の映画賞で主演女優賞を受賞した小西真奈美 がいくつもの顔を持つ謎の女という難役を熱演しています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ピンポン」パンフ

あふれ返る創造力と独自の世界観で、読むものを魅了する天才漫画家・松本大洋の最高傑作との呼び声が高い「ピンポン」の完全映画化。主人公はまるで太陽と月のように対照的な2人の高校生、ペコとスマイル。そして、その前に立ちはだかるライバルたち。これまで見たこともない激しい卓球シーンもさる事ながら、若き日に誰もが感じた憧れや妬み、挑戦と挫折、夢と現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ジ、エクストリーム、スキヤキ」チラシ

演劇・小説・ドラマなど、ジャンルを飛び越えボーダレスに活躍するクリエイター・前田司郎が、自身の同名小説で映画監督に初挑戦。 前田の真骨頂といえば、やはり台詞。一見脱力系に見せながら、人間同士の「わかりあえなさ」と「わかりあいたさ」のせめぎ合いを鋭く描き、笑いだけに留まらず、やがて果てしない宇宙的哲学にまで昇華する前田ワールド。 今回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「東京島」チラシ

あなたなら、どうしますか? 助けの来ない無人島。男23人、そしてたった1人の女。 原作は、谷崎潤一郎賞を受賞した桐野夏生のベストセラー小説「東京島」。極限状態の人間のダークな欲望を描き切った原作を、本作では生への希望に満ちたエンタテインメント作品に仕上げられています。 〈ストーリー〉 夫婦二人旅の途中で嵐に遭遇し、清子と隆は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ピンポン」チラシ

天才漫画家・松本大洋の名作「ピンポン」を、宮藤官九郎が脚本し、『タイタニック』のVFXにも参加したデジタルの第一人者、曽利文彦が監督を務め、原作の持つスピリットと高揚感を実写版で完全映画化した。個性的なキャラクターたちには、窪塚洋介、ARATA、中村獅童、大倉孝二、サム・リーといった映画、ファッション、歌舞伎、舞台の第一線で活躍している…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「パンドラの匣」チラシ

2009年、太宰治は生誕100年となります。今なお新しい読者を獲得し続けている「現役」の小説家であり、今年から来年にかけて太宰を原作とした映画が立て続けに公開されます。『パビリオン山椒魚』の若き天才監督・冨永昌敬が選んだのが「パンドラの匣」で、この作品はズバ抜けて異質な作品です。 日本が太平洋戦争に負けた年。結核療養のため山里の健康道…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「Laundry [ランドリー]」チラシ

窪塚洋介が知的障害を持った純真無垢な青年を演じたヒューマン・ドラマ。 変わりたい...。でも、どうやって...? 毎朝、同じ時間に同じ電車に乗って、いつもの職場へ通う。やりがいのない仕事をこなして、あとはワンルームの部屋へ帰って寝るだけ...。 単調で平凡な毎日。不幸じゃないけど、べつに幸せでもない。 そんなあなたの凝り固まった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「俺は、君のためにこそ死ににいく」パンフ

昭和19年秋、太平洋戦争で圧倒的劣勢を強いられていた日本軍は、戦闘機に250キロ爆弾を搭載して敵艦に体当たりする特別攻撃隊を編成する。それで本来なら未来を担うべき若者たちの尊い命が多数失われていったのだ。特攻隊の基地であった鹿児島県・知覧で軍の指定食堂を営んでいた鳥濱トメさんは、家族と離れて出撃を待つ若者たちに母親のように慕われた人だっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「俺は、君のためにこそ死ににいく」チラシ2

昭和19年秋、太平洋戦争で圧倒的劣勢を強いられていた日本軍は、戦闘機に250キロ爆弾を搭載して敵艦に体当たりする特別攻撃隊を編成する。それで本来なら未来を担うべき若者たちの尊い命が多数失われていったのだ。 特攻隊の基地であった鹿児島県・知覧で軍の指定食堂を営んでいた鳥濱トメさんは、家族と離れて出撃を待つ若者たちに母親のように慕われ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more