テーマ:ルイ・レテリエ監督

映画「インクレディブル・ハルク」パンフ

科学者ブルース・バナーが実験中の事故で多量のガンマ線を浴びたことにより、「怒り」の感情などによって心拍数が200を超えると超人「ハルク」に変化する。グリーンの肌、隆起する筋肉、そして超人的な体力...。自身が全く望んでいないこの変身は、科学者ブルース・バナーに過酷な運命を背負わせ続けた。ハルクの「力」を恐れ、嫌い、封印し、逃亡者として隠…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「インクレディブル・ハルク」新聞

『スパイダーマン』シリーズを生んだマーベル・コミックから1962年に原作が出版されて以来、常に怒りキャラ、キレキャラとして親しまれていたハルクが、本作で劇的な進化を遂げた。ネガティブからポジティブになったハルクを目撃せよ! 〈ストーリー〉 遠くブラジルで潜伏し、逃亡生活を送るブルースに軍の追跡が迫る。闘いを余儀なくされたブルース…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「トランスポーター2」チラシ2

コートダジュールから引退を決意してマイアミへやってきた彼は、一流の腕前との噂を聞きつけた金持ち一家から6歳の息子の送迎を頼まれる。しかし、たった一度、例外として引き受けた危険度ゼロとも思われたこの「運転手」という依頼が、命をも危険にさらす任務になるのだった。 『子供の乗車の3つのルール』 1、車に敬意を払え。 2、挨拶をしろ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「トランスポーター2」パンフ

トランスポーター・シリーズ第2作。プロの運び屋「トランスポーター」がよりクールに、よりスピーディーにパワーアップして帰ってきた。 1、契約厳守。2、名前は聞かない。3、依頼品は開けない。そのルールを1つでも破れば、死に繋がるからだ。しかし、彼は引退しマイアミへやって来た。彼の一流の腕前を聞きつけた金持ち一家から6歳の息子の送り迎えを頼…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画「トランスポーター」パンフ

フランク・マーティンが運ぶ物は常にハイリスクである。彼はワケありの依頼品を高額の報酬と引き換えに目的地まで運ぶ「トランスポーター」である。 凄腕のドライビング・テクニックの彼は、仕事を引き受ける際、自らの三つのルールを課している。 1.質問はしない。 2.依頼品を開けない。 3.そのルールを破った時は死。 そのルールを一つでも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more