テーマ:永作博美

映画「夫婦フーフー日記」チラシ

NHKでドキュメンタリードラマにもなった、実在の闘病ブログを書籍化した川崎フーフの「がんフーフー日記」の映画化。 「死んだがずのヨメが、残されたダンナの前に現れる」という大胆な設定を付け加え、悪性腫瘍と必死に闘う妻を支える夫の愛や、ブログには書かれなかった夫婦の思いを描いた泣けるコメディとなっています。 〈ストーリー〉 作家志…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ソロモンの偽証 後篇・裁判」チラシ

転落死した同級生の死の謎を巡って、中学生たちが隠された真実を暴こうとする、宮部みゆき原作の同名小説を2部作として映画化したサスペンス・ミステリーの完結編。 「嘘」に隠された驚愕の真相。すべてが暴かれたとき、その「真実」に涙する...。 〈ストーリー〉 男子中学生・柏木卓也の転落死以降、殺人を告発する目撃者からの手紙、過熱報道、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「さいはてにて やさしい香りと待ちながら」チラシ

能登を舞台に心に傷を抱えた二人の女性の出会いと再生を描く作品で、一杯のコーヒーがつなぐ心温まるドラマ。 メガホンを取ったのは、アジアの名匠エドワード・ヤンの後継者とも目される台湾出身の女性監督・姜秀瓊(チアン・ショウチョン)です。 故郷である奥能登のさいはての海辺に帰り、焙煎珈琲店を開いた岬と、この地に住むシングルマザーの絵里子。生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「四十九日のレシピ」チラシ

母(義母)が遺したレシピに導かれ、母の人生を旅する、49日間の感動の物語。 遺言は、「四十九日の大宴会」でした...。 誰の人生にも必ず訪れる、大切な人との永遠の別れ。けれども、熱田家の母・乙美〈おとみ〉は、あまりにも突然逝ってしまった。夫の良平は何ひとつ感謝を伝えられず、悩める娘・百合子は女として今こそ聞きたいことがあったのに、母…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「八日目の蝉」チラシ2

2005年から読売新聞にて連載され、07年第2回中央公論文芸賞を受賞した角田光代の「八日目の蝉」。各メディアから絶賛と驚愕をもって迎えられたベストセラー小説が、遂に映画化されました。 蝉は、何年も土の中にいて、地上に出て七日間で死ぬという。でももし、八日目まで生きた蝉がいたとしたら、その蝉は幸せなのだろうか?何もかも失い自分は「からっ…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

映画「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」チラシ

僕はささやきながら彼女の手を強く握りしめた。それから二人はずっと手を離すことはなかった。(絶筆)...鴨志田穣「遺稿集」 さいごに、ちゃんと帰ってきました。いい男でした。...西原理恵子 自分の弱さと向き合うことで、やっと見つけた、どん底での希望。それは、信頼の絆で結ばれた家族のもとに、「心の居場所(うち)」に帰ることだった。家族が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Mシネマ「同窓会」

大切なものは一体何だろう? 心温まる自分リセットムービー 映画プロデューサーの南克之(宅間)はとししたの新進女優、大崎めぐみ(佐藤)とお気楽な不倫関係を楽しんでいた。高校時代からの恋を実らせ結婚した妻、雪(永作)との間に子宝は恵まれず、離婚があっさりと成立する。それを聞いた同級生の浪越文太(二階堂)は大激怒。なぜなら「相手が親友のか…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

映画「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」チラシ2

石川県の能登地方を舞台に、様々な広告賞受賞で知られる吉田大八監督が長編映画初のメガホンをとり、エゴ丸出しの姉に佐藤江梨子、その陰に怯えながらもしたたかな妹に佐津川愛美、家族の秘密の重圧に翻弄される兄に永瀬正敏、度を超したお人好しが哀れな兄嫁に永作博美を迎え、一触即発の人間関係を赤裸々かつブラック・ユーモアで描く作品です。 『姉・澄…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

映画「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」チラシ

自身の劇団「劇団、本谷有希子」を率い、三島由紀夫賞・芥川賞ノミネートなど、新進気鋭の女流作家としても注目される本谷有希子の大ヒット戯曲の映画化です。 石川県の能登地方を舞台に、様々な広告賞受賞で知られる吉田大八監督が長編映画初のメガホンをとり、エゴ丸出しの姉に佐藤江梨子、その陰に怯えながらもしたたかな妹に佐津川愛美、家族の秘密の重圧に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「人のセックスを笑うな」チラシ

恋する切なさ、楽しさ、滑稽さを、丁寧に映し出し、観るものすべての胸をしめつける。『犬猫』でその才能が世界的に注目されていた井口奈己の待望の新作。その透明感あふれる類まれな映像センス、役者の本来の魅力を引き出す演出力は、さらに輝きを増し、井口ワールドは大きくスケールアップした青春恋愛映画の傑作です。 〈ストーリー〉 「みるめくんに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画情報「人のセックスを笑うな」

注目の作家・山崎ナオコーラの文藝賞受賞デビュー作を『blue』の脚本家・本調有香と『犬笛』の井口奈己監督で描く女性作家コラボレーション作品。 美術学校に通う19歳の青年みるめと、20歳年上の自由奔放な女性講師ユリの二人を軸に、恋する切なさ、楽しさ、滑稽さを、丁寧に映し出し、観る者すべての胸をしめつける...。 〈ストーリー〉 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「クローズド・ノート」チラシ1

あなたは他人の秘密を覗いてしまったことがありますか? 前の住人が残した一冊のノート。そして読んでしまった「日記」。覗いてしまった他人の心。その「日記」の恋に導かれるように彼女の恋が始まる。そして、女教師の「日記」は彼女の心の親友となり、恋や片思いの痛みも分かり合えるようになった。しかし、それは読んではいけなかったのだ。 〈ストー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」チラシ2

石川県の能登地方を舞台に、様々な広告賞受賞で知られる吉田大八監督が長編映画初のメガホンをとり、エゴ丸出しの姉に佐藤江梨子、その陰に怯えながらもしたたかな妹に佐津川愛美、家族の秘密の重圧に翻弄される兄に永瀬正敏、度を超したお人好しが哀れな兄嫁に永作博美を迎え、一触即発の人間関係を赤裸々かつブラック・ユーモアで描く作品です。 『姉・澄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more