テーマ:深作欣二監督

映画「蒲田行進曲」パンフ

第86回直木賞作品「蒲田行進曲」が、原作者・つかこうへい自身のシナリオによって初めて映画化された作品。 撮影所を舞台に、無教養ではあるが役者としての「華」のある銀ちゃん。小さな大部屋役者だが、映画をこよなく愛しているヤス。この二人の奇妙なやりとりの間に揺れ動く女優の小夏。この三人によって繰り広げられる撮影所の舞台裏を描く人情ドラマです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「道頓堀川」パンフ

原作「道頓堀川」は、芥川賞作家・宮本輝の「泥の河」「螢川」に続く「川三部作」の完結で、初めての長編力作です。 ネオンに彩られた道頓堀川、その川に面した小さな喫茶店を主な舞台に、父と子、男と女、そしてさまざまな人間たちの青春が、愛が、憎しみが激しく燃え、ほとばしる哀歓が鮮烈なタッチで描かれています。 出演は、日本アカデミー賞主演女優賞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「必殺4 恨みはらします」パンフ

TVシリーズ第1作「必殺仕掛人」を演出し、シリーズの基礎を作った存在である深作欣二が監督したアクション編。TVシリーズ15周年記念作でもあり、初の悪役を演じた真田広之、一匹狼の殺し屋・千葉真一など、キャストも豪華な作品。 『中村主水〈もんど〉の名前の由来とは?』 珍しく撮影が早く終わった夜、藤田まことが近くの居酒屋で一人呑んでい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「バトル・ロワイアル」パンフ

暴力的な内容で論議を呼んだ高見広春の同名ベストセラー小説の映画化。失業率が15パーセントを超えた近未来の日本を舞台に、法の下で殺し合いを強いられる中学生たちのサバイバルを描いた作品。 子供を恐れるようになった大人が見せしめのために制定した新世紀教育改革法(BR法)。全国の中学3年の中から無作為に選ばれた1クラスの生徒に殺し合いを強要す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more