テーマ:木村多江

映画「ぐるりのこと。」パンフ

どんな困難に直面しても一緒に生きていく。ふたりが辿る希望と再生の10年を描く珠玉のラブ・ストーリー。 出版社につとめ、週3日は夫との「する日」を決めている、何事にもきとんとしなければ気がすまない妻・翔子。彼女を演じるのは、今作が映画初主演となる木村多江。大きな悲しみから心を病み、やがてそこから力強く再生していく女性の姿を、身を削るよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TV「なぜ君は絶望と闘えたのか/後編」WOWOW

遺族が挑む少年法の壁!WOWOWならではの豪華俳優陣による感動作! ドラマW初登場となる江口洋介が、事件を追い続けるジャーナリストを熱演する。監督は、数々の名作ドラマの演出を手掛けた石橋冠。実力派キャストが顔をそろえた、本格ヒューマンストーリーです。 40年間ドラマの演出をしてきましたが、これほど困難で七転八倒した作品は初めてで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「東京島」チラシ

あなたなら、どうしますか? 助けの来ない無人島。男23人、そしてたった1人の女。 原作は、谷崎潤一郎賞を受賞した桐野夏生のベストセラー小説「東京島」。極限状態の人間のダークな欲望を描き切った原作を、本作では生への希望に満ちたエンタテインメント作品に仕上げられています。 〈ストーリー〉 夫婦二人旅の途中で嵐に遭遇し、清子と隆は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ゼロの焦点」チラシ

松本清張の原作が次々と映像化され、ミステリーブームになっている現在。清張生誕100年を迎える2009年に、「砂の器」「点と線」に並び称される不朽の名作「ゼロの焦点」がついに再映画化される。 物語の舞台は昭和30年代の日本。戦後からの転換期を迎える北陸の金沢で、ある男が失踪する。それから不可解な連続殺人事件が発生するのだ...。 主人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2008年度第32回日本アカデミー賞「主演女優賞」

「2008年度、第32回日本アカデミー賞」 最優秀主演女優賞/木 村 多 江『ぐるりのこと。』 1990年代初頭から21世紀へと、日本社会が大きく変質した10年。実際に起きた社会的事件を背景に盛り込みながら、一組の夫婦の時の流れを、丁寧に心にしみいるように紡ぎだした物語です。 〈ストーリー〉 何事もきちんとしたい妻・翔子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画情報「ぐるりのこと。」

「ぐるりのこと」とは、自分の身の回り、また自分を取り巻く環境のこと。少し性格の異なる翔子とカナオ夫妻。初めての子どもの死、妻のうつなど様々な困難にあいながらも二人は離れることなく、一つずつ一緒に乗り越えていく。90年代初頭から9.11テロに至る10年の世相を背景に、一組の夫婦の10年にわたるときの流れを丁寧に描く珠玉作。 滋賀会館…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ぐるりのこと。」チラシ2

90年代初頭から9.11テロに至るまでの10年のあいだ、実際に起きた社会的事件を背景に、どんなことがあっても決して離れない一組の夫婦の時の流れを、丁寧に心にしみいるように紡ぐ物語。この夫婦の「ぐるり(自分の身の周り。自分をとりまく様々な環境)」を通して、彼ら夫婦の10年、そしていまを生きる私たちの10年が描かれています。 〈ストー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more